りょう店長の競馬予想ブログ

【マーメイドステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2018/06/05

今回は【マーメイドステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

阪神競馬場・芝2000mで行われるマーメイドステークスですが、

牝馬限定のハンデキャップ重賞と荒れる要素が満載の1戦。

近年はディアデラマドレ・マリアライト・マキシマムドパリなど、

秋の大舞台・エリザベス女王杯に向けて参戦してくる有力馬の好走も目立ちますが、

軽ハンデで人気薄の馬が時より馬券圏内に飛び込んで来るケースもチラホラ…。

今年は重賞実績のあるキンショーユキヒメ・トーセンビクトリーが上位人気に支持されそうですが、

果たして人気薄の伏兵馬の割り込みはあるのか?

個人的にこのメンバー構成を見る限り中波乱~波乱の可能性が高いと見ていますが、結果は如何に…。

 

では、本題の前に余談から…

先日の日曜日はTwitterでもアップしていた様に琵琶湖でBBQをしました!(^o^)/

気候も暑過ぎず、絶好のバーベキュー日和でした!

今の時代はどこにいても馬券が買えて、

グリーンチャンネルwebで競馬が見れる便利な世の中ですから、

琵琶湖を眺めながら、肉を食べながら、競馬を見る!最高のひと時でした!(^^♪

これまでBBQは汚いイメージ・めんどくさいイメージで敬遠してきましたが、

手際の良い人や慣れている人がいると意外にもスムーズに簡単にできるモノですね。

まだまだ初心者の自分ですが、今年の夏は「BBQ系男子」を目指そうと決意した1日になりました!(笑)

ぜひ、皆さんも暑い夏はバーベキューで盛り上がりましょう~!(^o^)/

それでは本題のマーメイドステークス2018の予想考察の方へ…

sponsored link

【マーメイドステークス2018】予想考察

<過去の傾向とデータ分析>

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2017】
1着:⑩マキシマムドパリ(大阪城S:13着)
2着:④クインズミラーグロ(福島牝馬S:3着)
3着:①アースライズ(賢島特別:1着)

【2016】
1着:⑫リラヴァティ(パールS:1着)
2着:⑦ヒルノマテーラ(パールS:4着)
3着:①ココロノアイ(阪神牝馬S:5着)

【2015】
1着:②シャトーブランシュ(パールS:4着)
2着:⑫マリアライト(緑風S:1着)
3着:⑬パワースポット(モンゴル大統領賞:7着)

【2014】
1着:⑬ディアデラマドレ(エリザベス女王杯:3着)
2着:⑭コスモバルバラ(野崎島特別:1着)
3着:⑨フーラブライト(ヴィクトリアマイル:13着)

【2013】
1着:⑭マルセリーナ(メイS:6着)
2着:⑫アグネスワルツ(都大路S:8着)
3着:⑦アロマティコ(ヴィクトリアマイル:10着)

 

<レース展望>

基本的に春の牝馬の目標はヴィクトリアマイルであり、

その3週間後に行われる当レースは普通に考えて手薄な出走馬になりがち。

今年開催された牝馬限定重賞の愛知杯・中山牝馬ステークス・福島牝馬ステークスと比べても

今回のマーメイドステークスが最も低調なメンバー構成。

上位人気に支持される予定のキンショーユキヒメ・トーセンビクトリーは近走の成績を含めても牝馬限定なら能力上位ですが、

2頭ともアテにし辛い面があるのは事実であり、どちらかと言えば人気薄で狙いたいタイプ。

そんな2頭が1・2番人気が予想される2018年のマーメイドステークス。

双方が飛べば高配当が一気に望める1戦だけにシッカリと狙える馬を見つけて行きたいですね!(^o^)/

 

ちなみに競馬を始めて10年以上が経ちますが、

マーメイドステークスを当てた記憶がございません!

偶然なのか?必然なのか?は自分にも分かりませんが、

明確なレースのポイントが掴めていない事は事実。(苦笑)

確かに毎年、予想をしても全く当たる気がしないレースですが、

今年にしては明確に狙いたい馬を1頭発見!

これが馬券圏内に来れば初のマーメイドステークス的中となるのですが、

結果は如何に…。

 

<狙える斤量(ハンデ)とは?>

個人的にハンデ戦と聞けばマーメイドステークスが出てくるのですが、

上記で書いた通り開催時期が微妙な点を含めて、

1000万クラスの勝利実績しか無い馬でも出走は可能。

つまり、格下の馬が多く出揃う1戦でハンデが極端に軽い馬が誕生します。

今年は現段階で48キロが3頭、50キロが2頭、51キロが2頭が出走を予定していますが、

トップハンデのトーセンビクトリーと比べると6キロ~8キロの斤量差がある状況。

果たして、ハンデの恩恵を受けて好走する事が出来るのか…?

過去10年の斤量別データを含めて傾向を見て行きましょう!(^o^)/

基本的に近年のハンデ戦の傾向はトップハンデに近い馬が好相性ですが、

マーメイドステークスは中間のハンデ(51.5~53キロ)の馬が好成績。

ただ、このレースに関してはどの斤量も満遍なく来ている印象であり、

ハンデにこだわり過ぎる事なく馬の個体評価で検討した方が迷いが少なくなりそうですね!(^^;)

 

【マーメイドステークス2018予想考察】のまとめ

<現段階の注目馬>

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走は3番人気を裏切る5着に敗れているが、

連続激走のストレス疲労がある中で斤量アップと苦しい臨戦。

さすがにボロ負けすると見ていた1戦だが、想像以上の健闘と負けて強しの内容。

今回は凡走した後でノーストレスの状況と走れるタイミングであり、

2・3走前の実績を考えればハンデの52キロもかなり恵まれた印象。

ここは高い確率で馬券圏内に絡むと見ていますが、果たして…。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を全て無料公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <第23回 マーメイドS(G3)>

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『マーメイドS(G3)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約