りょう店長の競馬予想ブログ

【マイルチャンピオンシップ2018 予想】本命:ペルシアンナイト

time 2018/11/17

本記事ではマイルチャンピオンシップ2018の予想を公開します。

京都競馬場・芝1600mで行われるマイルチャンピオンシップですが、今年はマイル路線&中距離路線から有力馬が集まり豪華でハイレベルなメンバー構成で争われる1戦。

そして、実際に週中の予想考察の時からレベルの高いメンバーゆえに〝混戦のオッズになりそう〟と書いていましたが、現段階の上位人気の単勝オッズ見ると…

1番人気のモズアスコットから5番人気のステルヴィオまでが10倍を切るオッズであり、場合によっては6番人気のロジクライまでがその圏内に入りそうな勢い。

ちなみに今年は近年の中では最もハイレベルなメンバー構成と見ている1戦ですが、果たしてこの大混戦を制覇するのはどの馬か?

それでは11月の運命を左右する勝負の懸かったマイルチャンピオンシップ2018の予想に行きましょう!\(^o^)/

sponsored link

【マイルチャンピオンシップ2018】予想

本題であるの予想の前に…

レース展望・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

【マイルチャンピオンシップ2018】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

【マイルチャンピオンシップ2018】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

 

予想と見解

今年は何度も書いている通り、ハイレベルなメンバー構成で争われるマイルチャンピオンシップですが、1点だけ気になるポイントがあります。

それは「どの馬が逃げるのか問題」です。

実際に前回で逃げているアエロリットがいるとは言え、鞍上のムーア騎手のキャラを考えても出来れば逃げの手は打ちたくないはず。

そして、仮に逃げたとしてもドスローでの逃げが濃厚で2年前のミッキーアイルが逃げ切り勝ちを収めた時のデジャブになる可能性も…?

ただ、基本的には先行馬が手薄の時ほど淡々と流れて思わぬハイペースになる事が多々あるのが競馬。

今回はスローペースが見え見えの状況とは言え、そこに決め打ちをしない方向で予想を組み立てていきます!

 

本命は◎ペルシアンナイト

前回の富士ステークスを見た瞬間からマイルCSでは本命で買うと決めていた1頭であり、調教の不安や鞍上の不振などには目を瞑りコノ馬から勝負したい。

実際にその前走は苦手の休み明けのローテーションで59キロのハンデを背負い直線ではスムーズ差を欠くチグハグな競馬。

個人的にはボロ負けもあると見ていた1戦だが、ポテンシャルだけで5着に入選したイメージであり、改めて高い能力を証明した内容だろう。

そして、今回は叩き2戦目の臨戦過程で相手アップのGⅠとC要素が強いコノ馬には絶好の条件替わり。

さらに馬場を考えればもう少し外目がベターとは言え、集中力を活かせる内目の枠は望むところ。

つまり、ここは前回から大幅にパフォーマンスを上げるタイミングであり、アクシデントや不利などが無い限り無様なレースにはならないはず。

後は道中の位置取り、直線の捌きなどを含めて鞍上のエスコートのゆだねるだけ。とにかく内から直線バラけたスペースを上手く活用して豪快な差し切りを期待したい。

 

対抗は◯モズアスコット

前走のスワンステークスは敗れた相手を考えれば決して褒められた内容ではないが、休み明けで58キロの斤量を考えれば悲観することもない。

そして、今回は前哨戦を1番人気で2着に敗れた後でノーストレス・ノー疲労の状況であり、タイミングとしては巻き返せるパターン。

絶好調の鞍上を背に外々からスムーズに追い込む競馬が出来れば末脚が不発に終わる事はないはずだ。

 

3番手は▲エアスピネル

前走の富士ステークスは1番人気を裏切る4着だが、休み明けによる叩き台のローテーションである点を考えると悲観する内容ではない。

逆にこのマイルチャンピオンシップに向けてはストレス疲労を残さない絶好の臨戦過程であり、布石を打てない傾向にある福永騎手にしては珍しく良い形での負け方。

そして、ここまで9戦連続で2番人気以内の支持を集めて来た馬が今回は豪華メンバーの陰に隠れるタイミング。

元々はワンパンチ足りない〝まとまり系〟である点を含め、今回の人気急落は足りない何かを補う重要なピースとなるはず。

馬券的にはここで買わずにどこで買うの?と言うシチュエーションであり、外からの差し込みで上位進出を期待する。

 

4番手は人気ブログランキング

連勝中の好リズム+初GⅠで格上挑戦とディープインパクト産駒が最も高いパフォーマンスを発揮する局面。

鞍上がまともであれば本命まで考えた1頭だが、さすがにリーディング上位騎手とは言え京都のGⅠで差し馬の条件では買い辛さがあるのも事実。

ただ、ここはタイミングとしては狙い時であり、鞍上には目を瞑り4番手の上位評価で抑えたい。

 

△アルアインは近走の内容は良い意味でも悪い意味でもまとまりを見せているレース内容であり、3歳時に見せていた破壊力は徐々に薄れているイメージ。

ただ、上記の点を考えるなら起爆剤の意味を込めても距離短縮でマイルに矛先を変えることは大の歓迎材料。

さらに近2走は先行の競馬をしている点から控えて差しに回れば位置取りショックが掛かる絶好タイミングであり、狙いとしては悪くないはず。

 

今回は混戦メンバーで手を広げたくなる1戦とは言え、シンプルに買いたいと判断した上記の5頭の印で勝負します。

上位人気勢もバッサリと切った予想ですが、運命は如何に…?

 

印のまとめ

◎ペルシアンナイト
◯モズアスコット
▲エアスピネル
人気ブログランキング
△アルアイン

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第35回 マイルCS(GI)>

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春の安田記念は◎モズアスコットからズバリ的中をお伝えした当社だが、レースでは同馬が9番人気だったことからもわかる通り、マイル路線は確たる主役が不在の状況。しかも、秋のマイル王決定戦となるこの舞台は、3歳馬の参戦、天皇賞(秋)など中距離路線から転戦してくる実力馬、夏の上がり馬が一堂に会し、マスコミは“混戦”と報じることになる。一般ファンにとっても、大いに頭を悩ますレースとなることだろう。

しかし、世間が“混戦”を煽れば煽るほど、確かな情報力がある我々シンクタンクにとっては、オイシイ馬券を掴む絶好の状況となる。関係者の本音を知っていれば、人気馬でもバッサリと切ることが可能であり、逆にマスコミノーマークの勝負馬からオイシイ馬券を狙い撃つこともできる。

事実、冒頭で述べたように安田記念は本命に抜擢した◎モズアスコット(9番人気)が勝利し、宝塚記念では◎ワーザー(10番人気)、この秋も菊花賞の◎ユーキャンスマイル(10番人気)、天皇賞・秋では◎キセキ(6番人気)と、人気の盲点になっている馬達をズバリと本命に抜擢して馬券的中を掴んでいる。

今年のマイルCSでも、人気の盲点となりそうな馬券妙味タップリの”激走穴馬”の存在をマーク済み。万馬券はもちろん、5万、10万を超える特大万馬券決着もあり得ると見ている。そこで、今週は特別も特別、マイルCSの【3連単勝負馬券】を含めた、シンクタンクの関係者情報を特別に無料公開させて頂く。是非ともこの機会にシンクタンクの“本物の情報力”を体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約