りょう店長の競馬予想ブログ

【フェブラリーステークス2020】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2020/02/18

【フェブラリーステークス2020】予想考察|過去の傾向とデータ分析

本記事は【フェブラリーステークス2020】予想考察|過去の傾向とデータ分析に関する内容です。

東京競馬場・ダート1600mで行われるフェブラリーステークスは今年のダート界を占う今年最初のGⅠレースであり、古豪の古馬勢とフレッシュな4歳勢がぶつかり合う熾烈な争い。

そして、近年のダート路線はかつてのホッコータルマエトランセンドという圧倒的に実力の抜けた王者が不在でレースの度に勝ち馬がコロコロと替わる様な状況。さらに昨年の秋のチャンピオンズカップを完勝した新鋭のクリソベリルが不在の今回はこれまでと同様に大混戦が濃厚となりそうだ。

ちなみに近2年のフェブラリーステークスは偶然の諸事情が重なり東京競馬場の現地で観戦をしていた経緯がありますが、今年は東京ではなく京都競馬場からレースを見届ける予定。

当日は久々に競馬仲間とワイワイ楽しみながら競馬が出来ますし、終了後の新年会も含めて楽しい1日になりそう。ぜひ、そこにひと花を咲かせるためにもフェブラリーSをバシッと当てて良い気分で夜を迎えたいですね!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【フェブラリーステークス2020】予想考察(過去の傾向・データ分析)

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2019】
1着:⑥インティ(東海S:1着)
2着:③ゴールドドリーム(東京大賞典:2着)
3着:②ユラノト(根岸S:2着)

【2018】
1着:⑫ノンコノユメ(根岸S:1着)
2着:⑭ゴールドドリーム(チャンピオンズC:1着)
3着:⑥インカンテーション(東京大賞典:7着)

【2017】
1着:③ゴールドドリーム(チャンピオンズC:12着)
2着:⑨ベストウォーリア(根岸S:2着)
3着:⑩カフジテイク(根岸S:1着)

【2016】
1着:⑭モーニン(根岸S:1着)
2着:⑦ノンコノユメ(チャンピオンズC:2着)
3着:④アスカノロマン(東海S:1着)

【2015】
1着:④コパノリッキー(東海S:1着)
2着:⑭インカンテーション(東海S:2着)
3着:⑩ベストウォーリア(チャンピオンズC:11着)

 

前走の好走馬は期待大!

基本的にリズムが重要となるダート競争はセオリー通りなら〝前走で好走をしている馬〟ということ。特に前走で馬券圏内に来ている馬の成績が優秀でボロ負けからの巻き返しを狙うよりはリズムの良い好走馬を狙うのが定石であり、実際の前走別の成績を2つに分類すると下記の通り。

3着以内:(8-9-9-54)
4着以下:(2-1-2-73)

過去10年で馬券圏内に入選をした30頭のうち25頭が前走で3着以内の実績を誇る馬である一方で4着以下の馬にフォーカスを向けると僅かの5頭のみ。さらに率で表すと6.4%と極めて低い数で大不振の傾向と考えてOK。

今回のフェブラリーステークスもベタにセオリー通りに前走で好好走をしている馬から狙うのが得策ですね!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

前走の距離に注目!

東京ダート1600mは距離延長より距離短縮の臨戦で来る馬にアドバンテージのある舞台設定であり、実際に今回のフェブラリーステークスも例に漏れずその傾向が顕著に表れており過去10年の前走の距離別の成績は下記の通り。

1800m未満:(3-2-2-74)
1800m以上:(7-8-8-53)

決して距離延長組が全くダメということではなくチラホラと馬券圏内に来る馬がいる状況とはいえ、大半の馬が距離短縮組であることは事実。

ちなみに距離延長組の大半は根岸ステークスのイメージだが、事実として根岸ステークスから来る馬とそうでない馬を分けると下記の通り。

根岸S:(3-2-2-50)
根岸S以外:(0-0-0-24)

上記の極端なデータが示す通り、根岸ステークス以外の距離延長組で3着以内に来た馬はゼロ頭で壊滅的な数字。

つまり、まとめるとフェブラリーステークスで狙うべき馬は〝距離短縮組もしくは根岸ステークスから参戦する馬〟と判断してOK。ごちゃごちゃと考え過ぎずにシンプルな考え方で良さそうですね!(^^ゞ

 

【フェブラリーステークス2020】プレ予想

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

近2走の敗因は明確でコノ鞍上が引き続き継続で騎乗をする点は不気味な材料であり、後方待機策からの差し込みには注意をすべき存在だ。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われるフェブラリーステークスの予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに最近の主な的中は下記の通り。

【小倉7R(日曜日)】
1着:◎カーブドシール(2番人気)
2着:◯キタサンチャンドラ(3番人気)

単勝(◎):410円
馬連(◎◯):820円
ワイド(◎◯):390円

 

【シルクロードステークス】
1着:◎アウィルアウェイ(3番人気)
2着:◯エイティーンガール(6番人気)
3着:☆ナランフレグ(8番人気)

馬連(◎◯):2960円
ワイド(◎◯)1170円
ワイド(◎☆)2580円
ワイド(◯☆)2230円

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 

--【PR】----------

<第36回 フェブラリーS>

ルヴァンスレーヴ離脱で大波乱!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

19年最初のGⅠ・フェブラリーS。JRAのダートGⅠはこのレースとチャンピオンズCの2つのみであるため例年好メンバーが揃うが、今年は大本命に目されていたルヴァンスレーヴが脚部不安のため回避。一転して主役不在の混戦模様となった。押し出されるような格好で1番人気濃厚なのが6連勝で東海Sを制したインティ。逃げて後続を突き離す内容は圧巻も、今回は初GⅠで初マイル戦、芝スタートと課題も多く、人気ほどの信頼は置けないか。根岸Sを勝ったコパノキッキングも距離延長と藤田菜騎手の初GⅠ、と危険な要素も多い。

17年の覇者ゴールドドリームはこのコース【3.2.0.0】と抜群の相性を誇り、現在6連続連対中。安定感の高さが光るが近2走は3歳馬の後塵を拝しており、勝ち切れないシーンも一考。昨年このレースを制したノンコノユメも丸1年勝ち星から遠ざかっているように、どの有力馬も一長一短。同様に混戦模様だった13年のフェブラリーSも、③→⑨→⑦番人気で決着し、3連単11万と高配当になった。難解である一方で、配当面では大きく期待できるレースであることは間違いない。

混戦が予想される中で「各馬の力量」を把握しておくことがフェブラリーSを的中させるための近道といえるが、競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界内でも随一。昨年の当レースも◯-◎の大本線で仕留めており、今年も既に「確勝級」の情報を入手している。競馬セブンが無料公開する3点勝負買い目は馬券購入前に必ずご確認頂きたい。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フェブラリーS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約