りょう店長の競馬予想ブログ

【フェブラリーステークス2020】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

time 2020/02/21

【フェブラリーステークス2020】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

本記事は【フェブラリステークス2020】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)に関する内容です。

東京競馬場・ダート1600mで行われるフェブラリーステークスは2020年のGⅠ競争のオープニングレースで春のダートの王者を決める熾烈だが、今年は昨年のチャンピオンズカップを制覇したクリソベリルが不在である上にフレッシュで勢いのある馬も見当たらない状況。

そして、主な出走馬は昨年の勝ち馬であるインティ(6歳)と初ダートながら根岸ステークスを完勝したモズアスコット(6歳)の2頭が中心となるメンバー構成でその他の馬を見てもサンライズノヴァ(6歳)ヴェンジェンス(7歳)とお世辞にもフレッシュな馬がいるとは言い難いメンバー構成。

つまり、全幅の信頼を置ける人気馬を断定出来ないイメージでメンバーの大半以上に馬券圏内に来るチャンスがあると考えても大袈裟ではないはず。今回は意外にも荒れる結末を迎える可能性が高いことを頭に入れて置きたいですね。

それでは前回の記事に引き続き各馬をシッカリと分析して狙える馬を探して行きましょう!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【フェブラリステークス2020】予想考察(オッズ・出走馬分析)

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 インティ 2.8倍
2 モズアスコット 4.9倍
3 アルクトス 6.4倍
4 サンライズノヴァ 8.6倍
5 ノンコノユメ 13.2倍

 

1番人気は昨年の覇者であるインティ

勢いは去年と比較するとやや劣るイメージも臨戦過程としては上々で力を出せる状態にはあるはず。後は相手関係の問題だが、今回のメンバーなら…?

 

2番人気は新星ダート馬の誕生を予感させるモズアスコット

初めてダートに挑戦をした根岸ステークスの勝ち方が豪快で高いダート適性を示した内容であり、このメンバー構成なら引き続きチャンスは大…?

 

3番人気はGⅠ制覇を狙うアルクトス

昨年はプロキオンステークスを制覇した後にマイルSC南部杯で3着に入選をするなど勢いのある5歳馬。今回は強豪を相手にどこまで通用するのか…?

 

後は近走でやや復調気配を見せるサンライズノヴァに地方に移籍をして安定感を増したノンコノユメなどに続く。

 

出走馬分析(後編)

・ノンコノユメ(真島)

昨年の夏頃に南関東に移籍をするとその後は単純なポテンシャルの高さを含め安定感のある成績を披露。そして、前走の東京大賞典では前が崩れる展開の中で後方でジックリ待機すると最後の直線は内から追い込む2着とJRA勢を相手にした時でもハマれば通用することは証明済み。

さらに内容もVラインの位置取りと好内容であり、そこからの休み明けのローテーションはまずまずの形。後は地方では許される尾持ちが禁止となる中央で出遅れ過ぎなければチャンスは十分にあるはずだ。

 

・ブルドッグボス(和田)

昨年は地元の浦和で行われたJBCスプリントを勝利して悲願のGⅠ制覇を達成。そして、近走では地方交流の重賞レースでもチラホラと馬券圏内に絡む成績から中央馬を相手にしても遜色なく戦えるポテンシャルは保有済み。

そして、今回は再び中央に籍を移してのフェブラリーステークス参戦だが、ベスト距離とは言い難いマイルに加えて一気の相手強化ではやや苦戦必至。馬券的には軽視で問題はないはず。

 

・ミッキーワイルド(北村友)

前回の根岸ステークスは今回に向けた叩き台のレースとはいえ、得意の東京コースで勝ち馬から1秒3差を付けられた11着は不可解な内容でリズムを大きく崩したと言う点では大きなマイナス材料。

さらに近走で対戦して来たメンバー構成からもポテンシャルの証明は薄く巻き返しに期待をするのはややリスキー。今回は抑え程度の評価でお茶を濁したい。

 

・ミューチャリ―(御神本)

前走の川崎記念は強気に勝ちに行く競馬が災いとなり最後に脚が上がる4着と酌量の余地がある内容であり、乗り方ひとつで馬券圏内に来ることは可能と取れる結果。

そして、今回は久々のマイル戦となるも元々は末脚を秘めた馬で前半をマイペースで運べば最後は良い脚を使うはず。ココは距離短縮で差しに回る位置取りショックなら侮れない。

 

・モジアナフレイバー(繁田)

昨年は帝王賞&東京大賞典の内容からメキメキと力を付けているイメージで初となる東京コースのマイル戦に対応が出来れば馬券圏内に来るチャンスは大いにあるはず。フレッシュな休み明けでスムーズな競馬ならアッと驚くシーンが見れても驚けない。

 

・モズアスコット(ルメール)

かつては安田記念を勝利経験のある芝のGⅠホースが前回の根岸ステークスでは初ダートをものともせずの大楽勝で一躍主役の候補に名乗りを挙げた。そして、その前回は出遅れから道中は砂を被るレースで決して楽とは言えない状況から最後の直線は豪快な末脚とダートの適性&高い能力を改めて証明。一気に相手が強化される今回もチャンスは引き続きあるはず。

後は激走後のローテーションと本質的には向かない相手アップのローテーションが気掛かりな材料だが、勢いのある臨戦過程ならある程度の誤魔化しは効くだろう。改めて警戒が必要だ。

 

・ワンダーリーデル(横山典)

前走の根岸ステークスはあくまで叩き台の意味合いのあるレースでほぼほぼヤラズのレースで終了。実際にVラインのチグハグな位置取りで最後は外に出して少し追い込むだけと今回に向けてはストレス疲労を残さない最適な負け方。

そして、3走前の武蔵野ステークスの内容を含めベスト条件は今回の東京マイルであり、スムーズに噛み合えば大穴を明ける可能性は大いにあるはず。ココは距離延長の適鞍で改めて期待をする。

 

【フェブラリステークス2020予想考察】のまとめ

最後に現段階の穴馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

地方勢の中で最も上位の評価をするとすればコノ馬。まさに今が充実期で昨年1年間の内容から今回のメンバーを相手にしても遜色なく戦えるはずだ。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われるフェブラリーステークスの予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに最近の主な的中は下記の通り。

【小倉7R(日曜日)】
1着:◎カーブドシール(2番人気)
2着:◯キタサンチャンドラ(3番人気)

単勝(◎):410円
馬連(◎◯):820円
ワイド(◎◯):390円

 

【シルクロードステークス】
1着:◎アウィルアウェイ(3番人気)
2着:◯エイティーンガール(6番人気)
3着:☆ナランフレグ(8番人気)

馬連(◎◯):2960円
ワイド(◎◯)1170円
ワイド(◎☆)2580円
ワイド(◯☆)2230円

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 

--【PR】----------

<第36回 フェブラリーS>

ルヴァンスレーヴ離脱で大波乱!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

19年最初のGⅠ・フェブラリーS。JRAのダートGⅠはこのレースとチャンピオンズCの2つのみであるため例年好メンバーが揃うが、今年は大本命に目されていたルヴァンスレーヴが脚部不安のため回避。一転して主役不在の混戦模様となった。押し出されるような格好で1番人気濃厚なのが6連勝で東海Sを制したインティ。逃げて後続を突き離す内容は圧巻も、今回は初GⅠで初マイル戦、芝スタートと課題も多く、人気ほどの信頼は置けないか。根岸Sを勝ったコパノキッキングも距離延長と藤田菜騎手の初GⅠ、と危険な要素も多い。

17年の覇者ゴールドドリームはこのコース【3.2.0.0】と抜群の相性を誇り、現在6連続連対中。安定感の高さが光るが近2走は3歳馬の後塵を拝しており、勝ち切れないシーンも一考。昨年このレースを制したノンコノユメも丸1年勝ち星から遠ざかっているように、どの有力馬も一長一短。同様に混戦模様だった13年のフェブラリーSも、③→⑨→⑦番人気で決着し、3連単11万と高配当になった。難解である一方で、配当面では大きく期待できるレースであることは間違いない。

混戦が予想される中で「各馬の力量」を把握しておくことがフェブラリーSを的中させるための近道といえるが、競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界内でも随一。昨年の当レースも◯-◎の大本線で仕留めており、今年も既に「確勝級」の情報を入手している。競馬セブンが無料公開する3点勝負買い目は馬券購入前に必ずご確認頂きたい。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フェブラリーS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約