りょう店長の競馬予想ブログ

【フェブラリーステークス2019】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

time 2019/02/14

今回は【フェブラリーステークス2019】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)についての記事です。

東京競馬場・ダート1600mで行われるフェブラリーステークスですが、今年は非常に豪華な面々が集結した印象であり、

以前の様にムラが無くなり良い意味でも悪い意味でも安定感が出てきたゴールドドリームを含め、

前走の東海ステークスで一躍主役に名乗り出たインティや東京大賞典を制覇して勢いのあるオメガパフュームなど昨年とは違う顔ぶれ。

そして、注目と言う点ではコパノキッキングに騎乗する藤田菜七子騎手。

これが初のGⅠ騎乗ですが、それが前哨戦の根岸ステークスを制覇した有力馬であり、底を見せていない点を考えても可能性は十分にありそう?

ちなみに初GⅠ初勝利を達成すれば熊沢騎手・江田照男騎手(まさかの二人)に続く快挙になる訳ですが、果たして…?(苦笑)

それではレース展望と出走馬分析から狙える馬を探して行きましょう!(^o^)/

 

(PR)高配当必至の3連複で100倍以上も!?

では、本題の前に余談から…

先週の日曜日は関西の競馬メンバーと少し遅めの新年会。場所は「PIZZA SALVATORE CUOMO & GRILL 京都

アクセスは三条駅から徒歩2~3分でアクセスも良好。そして、名前からオシャレが伝わる店ですが、雰囲気も良く料理のボリュームを含めたコスパは最高です!

さらに高瀬川を横目に見れるテラス席もあり冬以外は外での食事も楽しめそう。今度は昼間に訪れたい…と思えるナイスなお店でしたね!

何かの機会で三条周辺にお越しの際はぜひ!\(^o^)/

sponsored link

【フェブラリーステークス2019】予想考察

レース展望

基本的に強いダート馬と言うのは「先行馬である」と個人的には考えているのですが、

実際に少し前を振り返ればトランセンド・エスポワールシチー・スマートファルコン・ホッコータルマエ・コパノリッキーと全て逃げ~先行の位置から競馬をしている馬。

特に前でレースを支配して後続の追撃を振り切る姿は王者そのものであり、正に強いダート馬と言う認識ですが、

近年は意外とそれらのダート馬が不在であり、どちらかと言えば「後方から競馬をする馬」が多い状況。

そして、これに関しては血統的にそうなるのか…?その他に要因があるのか?はイマイチ不透明とは言え、差せるダート馬が増えていることは事実であり、

今回の出走メンバーでもオメガパフューム・クインズサターン・ゴールドドリーム・サンライズノヴァ・ノンコノユメ・モーニンと上位人気の大半が後方脚質の馬ですが、

今年に関しては魅惑の存在であるインティが出走を予定!前回の東海ステークスで披露した圧巻のパフォーマンスを含め、これは本物である可能性は大。

ここは舞台が東京のマイル戦に替わるとは言え、恐らく自分のスタイルを貫くだけ。スピードの違いでどこまで粘れるか注目ですね!\(^o^)/

 

ちなみに今回のフェブラリーステークスに関しては同馬の出方が展開を大きく左右する訳ですが、

鞍上が武豊騎手である点を含め、コノ馬が主導権を握れば昨年のような殺人的なハイペースにはならないはず。

ただ、前に対する意識が強いミナリク騎手が騎乗するノボバカラや逃げてこそのサクセスエナジーなどが絡めば昨年のデジャブのなる可能性は無きにしも非ず。

そして、前回の考察記事の「フェブラリーステークスのクセとは?」で書いた通り、近年の同レースはHペースからの差し追い込み決着が目立つ状況であり、

今年も短距離路線から参戦してくる馬がオーバーペースを演出する可能性は十分ありそうですが、

果たして、昨年と同じ差し追い込み馬が上位を独占するのか?それともインティ×武豊騎手が作り出した変幻自在のペースで前残りとなるのか?

この点に関しては枠番が出た後にジックリと考えてどちらの展開になるのかを改めて吟味したいですね!\(^o^)/

 

出走馬分析

インティ

前走の東海ステークスは準オープンからの格上げ挑戦である点を懸念するも結果的には杞憂に終わり大楽勝。

さらに勝ち時計の1分49秒8の時計は仰天のタイムであり、あの時の馬場レベルを考えれば単純に能力の高さ故に叩き出した時計と考えてOK。

そして、今回は6連勝の実績を引き下げて満を持してのGⅠ参戦だが、初のマイル戦+スタートと近走で結果を残している中距離とは違うカテゴリーであり、

実績&適性が重要となる東京・ダート1600mの条件を考慮すれば舞台実績が無い点には一抹の不安がある状況。

ちなみ内枠で揉まれた時に危うさがある馬でもあり、テンからガンガン飛ばす馬がいる状況でオーバーペースに巻き込まれる可能性もありそう。

今回は高い能力は重々承知とは言え、舞台の適性&展開面を考えると昨年のテイエムジンソクの二の舞になるシーンが絵に浮かぶ…。

能力:☆☆☆☆
適性:☆☆
臨戦:☆☆☆
期待値:C

 

オメガパフューム

前走の東京大賞典はチャンピオンズカップをミス騎乗で凡走した後のノーストレス・ノー疲労の臨戦過程で鮮やかな勝利を収めているが、

鞍上のミルコが出遅れ後のリカバー、道中の位置取り、仕掛けのポイントと全てを完璧に騎乗したファインプレーによる部分は大きいとは言え、

近走は例のミス騎乗(チャンピオンズC)を除くと全戦で馬券圏内に来ている堅実な馬であり、最後は持ち前の脚力で最後までシッカリと伸びて来るタイプ。

そして、コノ馬のイメージは世間と同じく切れ味<持久力で今回の東京・ダート1600mで求められる適性からはややズレる点は否めないが、

充実度の著しい4歳馬で近走の内容を見ればここでも形になる競馬はして来るはず。後は展開や枠番次第。

内目の枠を引いて案がペースが落ち着いた時には怪しさを見せそうだが、外枠×ハイペースになれば自慢の脚力で差し込んで来る可能性は十分にある。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆
期待値:Ⅾ

 

クインズサターン

前走の根岸ステークスは苦手の内枠から馬群を捌き差し込んだ内容は評価できるモノだが、5番人気で3着+厳しいレース内容を含め、今回はストレス疲労の懸念。

実際に近走は3戦連続で人気<着順の激走を続けている状態であり、このタイミングで1400m⇒1600mの距離延長。

体力面のストックにも疑問が残る状況で今回は苦戦必至。狙い目としてはフェブラリーステークスを凡走した後のオープン特別になりそう。

能力:☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆
期待値:E

 

コパノキッキング

ここまで逃げるか?追い込むか?の極端な競馬で結果を残して来たが、前走の根岸ステークスは中段からのまともな競馬で完勝。

実際に気性面を含め、乗り難しいクセ馬をテン乗りでスッと勝たせる辺りは流石のマーフィー騎手だが、コノ馬に関してはスムーズにレースを運べるか?これが最大のポイント。

つまり、今回も上記の点が好走する為には重要な要素になりそうだが、鞍上を考えれば内枠だと揉まれて何も出来ずに終了…の可能性は大。

仮にも外枠を引いて流れに乗るだけのシチュエーションになれば大仕事を成し遂げる可能性も?

ちなみにコパノキッキングに関してはS系のタイプで今は勢い付いた連チャン期。今回はスムーズなエスコートが出来れば馬券圏内のチャンスは十分にあるはず。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆
期待値:D

 

サクセスエナジー

前走のすばるステークスでは0秒6差の圧勝劇を披露しているとは言え、さすがに今回のメンバーに入るとポテンシャル不足は否めず。

ただ、コノ馬に関しては今年のフェブラリーステークスの展開を左右する1頭と言える存在であり、

飛ばして逃げるのか?インティに気を使い中途半端に控える競馬をするのか?で大きくレースが変わりそう。枠番には注目したい所です。

能力:☆
適性:☆
臨戦:☆☆
期待値:F

 

【フェブラリーステークス2019予想考察】のまとめ

最後にフェブラリーステークス現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

近走は良い意味でも悪い意味も安定感が増している故の破壊力が薄れているイメージ。つまりは勝ち切れないタイプの馬に変化している。

そして、今回は舞台がコノ馬のベスト条件である東京・ダート1600mに戻る点は大きなプラスだが、ここも2・3着の可能性は相当に高そう。

馬券的にはベタに軸で行くのか?相手の筆頭とするのか?は枠の並びを来た上で決める予定。ここは信頼度は高いと見ています。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第36回 フェブラリーS(GⅠ)>

-先着100名様限定-

好配当を狙い撃つ【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

3歳にしてチャンピオンズCを勝ち、名実ともにダート路線の頂点へと躍り出たルヴァンスレーヴが戦線離脱。ダート界は再び確たる主役を失うことになったが、一昨年の覇者ゴールドドリーム、昨年の覇者ノンコノユメを筆頭に、粒ぞろいの4歳世代からは東京大賞典を制したオメガパフューム、そしてコパノキッキングにインティと、勢いのある新興勢力も参戦予定。混戦ながら豪華メンバーが揃うこととなり、今年初のJRA・GⅠは、馬券的にもレースとしても注目の1戦となりそうだ。

それだけでなく、今年はマスコミや世間が食い付く話題も事欠かない。4連勝中のコパノキッキングには、JRA所属の女性騎手としては史上初めて藤田菜七子騎手がGⅠに騎乗。5連勝中のインティの鞍上は“レジェンド”武豊騎手と、今の競馬界では一般的な知名度も抜群なこの2人が有力馬に騎乗するのだから、スポーツ紙を筆頭としたマスコミも『金になるネタ』を放っておくはずはなく、自ずと取材も集中することになる。

しかし、その『金になるネタ』は、あくまでマスコミが注目を集めるための材料であり、馬券的中には全く関わりのないこと。無論、我々シンクタンクの『金になるネタ』はそういった類とは全く別物で

「マスコミには言えませんけど、実は……」
「記者連中は全然取材に来んけど、今回はホンマに絶好調なんやで」

などなど、表に出ることがない関係者の生の声、すなわち“本音”の部分だ。こうしたネタを入手できるのも、元JRA騎手・元JRA調教師を筆頭とした競馬界の大物OBや、何十年にも渡って築き上げた圧倒的な人脈を持つ大物現役関係者が、当社シンクタンクには在籍しているからだ。

8番人気ウェスタールンドが激走した昨年のチャンピオンズカップ、1番人気サンライズノヴァが敗れ去った前哨戦の根岸Sといった、主要となるステップレースでもキッチリと的中を掴んできた当社の下には、既にマスコミが報じることのない内部情報が入っている。今年のフェブラリーSで、高配当馬券の使者となり得る【激走穴馬】の存在も既にマーク済みだ。

本来であればこういった情報を無料で公開することは容易ではないのだが、多くの方に

「本物の情報を知って頂きたい」

との思いがあるだけに、今回は特別にフェブラリーS【◎-穴・1点馬券】を、当社を初めてご利用される方に限り無料公開することが決定。また、その他にも当社ホームページ内では、馬券的中に直結する内部情報の数々を無料公開させて頂く。この機会に、是非とも”本物の情報”に触れてみて欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約