りょう店長の競馬予想ブログ

【チャンピオンズカップ2019】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2019/11/29

今回は【チャンピオンズカップ2019】予想考察|オッズと出走馬分析についての記事です。

中京競馬場・ダート1800mで行われるチャンピオンズカップはジャパンカップダートから名前を変えて6年目を迎えるGⅠであり、今年のダートチャンピオンを決める熾烈な1戦。

そして、近年のダート路線は圧倒的に抜けた王者が不在でGⅠがある度に勝ち馬や着順がコロコロと入れ替わる日替わりヒーローの状況であり、今回も例に漏れず大混戦で出走馬の大半に勝つチャンスがある様なメンバー構成で〝どの馬が売れるの?〟というレベル。

ちなみに大方の予想ではフレッシュな3歳馬で勢いのあるクリソベリルを中心としてダートGⅠではお馴染みのゴールドドリームにデットーリ騎手に鞍上を強化したオメガパフュームを含め、インティ・チュウワウィザードが売れるはずですが、決して人気通りに決まる一筋縄では収まらないイメージで伏兵の台頭には要警戒が必要ですね。

それでは今年のダート王者を決めるチャンピオンズカップ。前回の記事で記載したクセの強いコースである事を頭に入れた上で各馬を分析して狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

 

ではでは、本題の前にひと口馬主ネタから…

今週は日曜日の東西の新馬戦(芝2000m)に出資馬のブラックシャウトバルンストックの2頭が出走を予定。

この2頭に関しては早期申込で最初に申し込みをした経緯があり、その2頭が同日にしかも芝の中距離でデビューをする点に不思議な縁を感じますね。そして、後は結果を出してくれるのみです!^^

ちなみにこの日曜日は東京でノルマンディー懇親会が開催。今年も仕事のスケジュールが読めず泣く泣くの不参加でしたが、存在するのか分からないパーティーヤリに些かの期待をして見守りたい所です。皆様もぜひご声援をよろしくお願い致します!

sponsored link

【チャンピオンズカップ2019】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 クリソベリル 2.9倍
2 オメガパフューム 4.1倍
3 ゴールドドリーム 4.8倍
4 インティ 5.4倍
5 チュウワウィザード 7.2倍

 

1番人気は無傷で5戦5勝の実績を誇るクリソベリル

ジャパンダートダービーで世代のチャンピオンに輝くと日本テレビ盃では古馬を相手に大楽勝をする破格のパフォーマンスを披露。

そして、今回は満を持してのGⅠ挑戦だが、勢いと鮮度で並みいる古豪を撃退することが出来るのか?注目です。

 

2番人気はデットーリ騎手に乗り替わり昨年のリベンジを狙うオメガパフューム

今年は距離不足のフェブラリーステークスを除くと全て馬券圏内に来る安定した成績であり、前回のJBCクラシックも浦和コースを考慮すればまずまずの内容。

つまり、今回は脚質のセオリーとは反する中京コースながらスムーズな競馬ができれば通用の余地はあり。改めて期待をする。

 

3番人気は2年前の覇者であるゴールドドリーム

長きに渡りダート路線で一線級の活躍をしている同馬で年を重ねて破壊力と言う点が薄れていることは事実だが、単純なポテンシャルはトップクラスで侮れない存在。

今回もメンバーの中では上位のレベルでスムーズな競馬なら馬券圏内のチャンスは大いにあるはずだ。

 

後は鞍上を主戦の武豊騎手に戻して巻き返しを狙うインティと福永騎手とコンビを組むチュウワウィザードなどに続く。

 

出走馬分析

・インティ(武豊)

今年は破竹の7連勝で東海ステークスからフェブラリーステークスを制覇して一躍ダート界の頂点に輝いた1頭だが、その後は勝ち運から見放されて前走のみやこステークスに関してはハイペースに巻き込まれた挙句に4角では大きな不利で15着と不運なレース内容。

つまり、ダートのGⅠでは重要となるリズムの点では大きく歯車が狂っていることは事実だが、前走で逃げれず苦を経験した後だけに今回は武豊騎手に戻りスムーズな逃げを打てば位置取りショックが絶好のタイミング。

さらに地方の力を要するダートよりも軽い中央のダートに替わる点も歓迎のクチ。ココはスムーズな先行策なら一変する可能性も頭に入れてきたい所だ。

 

・ウェスタールンド(スミヨン)

昨年のチャンピオンズカップはインベタで後方から追い込む藤岡佑介騎手のファインプレー騎乗が功を奏しての2着だが、噛み合えばGⅠでも通用する力を秘めた1頭で乗り方次第というイメージ。

そして、前走のみやこステークスは得意の休み明けとスミヨン騎手の好騎乗のお陰の3着であり、今回に関してはローテーションやタイミングを考えると前回より好転することはないはず。

つまり、ココは叩き2戦目で引き続きスミヨン騎手の騎乗で人気を集めそうな局面とはいえ、決して狙い目ではないだろう。印的には割り引く予定です。

 

・オメガパフューム(デットーリ)

昨年のチャンピオンズカップは中京競馬場の特徴を知らない様な大外ブン回しからの差し損ないとテン乗りのC.デム―ロ騎手がチグハグな騎乗をしていたイメージだが、馬のキャラを考えると致し方ない点は否めず。

ただ、鞍上がデットーリ騎手に乗り替わる点は大きなプラスであり、この枠番ならインベタのイン差しをされた時にハマる可能性もありそう。さらに前走のJBCクラシックは得意とは言い難い左回りコースで物理的に不利な外からの追い込みで0秒0差の2着は好内容で充実の4歳秋と考えてOK。ココは不気味な存在で警戒は必要だ。

 

・キングズガード(秋山)

前走のみやこステークスはハイペースの恩恵を受けて秋山騎手の無欲の追い込みがハマったパターンだが、10番人気で2着後のローテーションはストレス疲労が気になるタイミングで中京のコース形態を考慮すれば厳しいシチュエーション。ココは軽視でOKだ。

 

・ゴールドドリーム(ルメール)

今年で6歳を迎えて往年のS質は徐々に薄れているイメージだが、逆にまとまり系となり様々な条件でコンスタントに力を出せることは大きなアドバンテージ。

そして、今回は前哨戦のマイルチャンピオンシップ南部杯を1番人気3着後とストレス疲労レベルの少ない良いローテーションで距離延長の中枠は絶好の条件。勝ち切るかは微妙とはいえ、スムーズに力さえ出し切れば馬券の軸としては信頼できる存在だ。

 

・サトノティターン(ムーア)

今年はマーチステークスを制覇して重賞ウィナーの仲間入りを果たした1頭だが、GⅠで一線級のメンバーに入ると能力不足は否めず現状では厳しい戦いが濃厚。

今回は鞍上がムーア騎手と言うことでやや不気味な存在であることは事実ながら、冷静に考えれば軽視が濃厚。ココを負けた後の東京ダート2100mで巻き返しを期待したい所だ。

 

・タイムフライヤー(マーフィー)

3走前のエルムステークスからダートに矛先を向けると前走の武蔵野ステークスでは初めて馬券圏内に入選する好走。これは鞍上の藤岡騎手がメリハリのある溜める騎乗をした点が大きな好走要因であり、変に先行するよりは後ろから行く競馬の方が向いているはず。

つまり、今回は中京コースが初めてとなるレーン騎手で積極的に位置を取りに行く騎乗をして来そうな雰囲気…。仮にもそうなれば中途半端となりコノ馬の持ち味を活かせない可能性は大。ココは激走後のローテーションと合わせて苦戦必至。

 

・チュウワウィザード(福永)

デビュー戦から13戦して全て馬券圏内という安定感を誇る存在であり、砂を被る競馬が問題なく器用で立ち回りが上手く競馬センスが非常に高いイメージ。そして、近2走は帝王賞2着にJBCクラシックを優勝とメキメキと力を付けており充実の4歳秋。

さらに鞍上が川田騎手から福永騎手に乗り替わる点も大きなマイナス要素では無くスタートに定評のあるジョッキーでポッとゲートを出てインの3・4番手を確保できればチャンスは大いにあるはず。今回は東海ステークスで完敗をしたインティを逆転するケースも頭に入れておきたい。

 

【チャンピオンズカップ2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

近2走の内容から充実度はメンバー屈指で競馬センスの高い内枠巧者なら今回の枠番と鞍上は大歓迎。後はスタートを決めてインの3・4番手に収まることが出来れば無様な競馬にはならないはず。ココは一気の中央GⅠ制覇まで期待をしてみたい。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

今週は日曜日にチャンピオンズカップ2019の予想を公開予定!\(^o^)/

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録をしてりょう店長の予想をお楽しみ下さい!

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <第20回 チャンピオンズC(G1)>

無敗馬クリソベリルは
無傷のGI馬になれる?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

阪神・中京に移行してからの過去10年、人気馬の成績では、1人気[4.2.1.3]、2人気[1.0.1.8]、3人気[1.2.2.5]と1人気は4勝(6連対)とまずまずの成績だが、2.3人気はともに1勝のみと苦戦。平均配当では馬連4220円、3連複1万7020円、3連単10万8370円と波乱傾向。また、16年アスカノロマン(10人気3着)、15年サンビスタ(12人気1着)、10年アドマイヤスバル(11人気3着)、09年ゴールデンチケット(12人気3着)など二桁人気の伏兵馬が馬券圏に絡んで波乱の立役者となっている。

昨年の覇者ルヴァンスレーヴは骨折のため休養中。注目は5戦無敗のクリソベリル。地方交流GI(大井)ジャパンダートダービーでGI制覇。只今重賞3連勝中で未だ無傷。昨年のルヴァンスレーヴに続き古馬を一掃し3歳馬でのチャンピオンになれるか注目だ。

その他では一昨年の覇者ゴールドドリーム、京王賞連対馬オメガパフーム、チュウワウィザード、今年のフェブラリーSの覇者インティ、南部杯連対馬サンライズノヴァ、アルクトス、17年ホープフルSの覇者、芝でGIを勝っているタイムフライヤーなどが参戦。大混戦模様のダート王決定戦だが、実は競馬セブンでは人気薄濃厚の穴馬の激走情報を極秘入手!「過去最高の仕上げ」で送り出される人気薄激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし。週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『チャンピオンズC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約