りょう店長の競馬予想ブログ

【チャンピオンズカップ2018 予想】本命:サンライズソア

time 2018/12/02

本記事ではチャンピオンズカップ2018の予想を公開します。

中京競馬場・ダート1800mで行われるチャンピオンズカップですが、今年は直前に人気の一角であるゴールドリームが出走を取り消し他の馬にも勝つチャンスが出て来た状況。

そして、人気を見ると戦前の予想通り繰り上がりでルヴァンスレーヴが抜け気味の支持を集めて居るが、それ以下は想像以上にオッズに開きがあるイメージ。

個人的にはノンコノユメサンライズノヴァがここまで売れているのは想定外であり、脚質面を含めた馬のキャラを考えれば〝ここではない感〟が漂う2頭。(苦笑)

ちなみに今回のは狙いたい馬が極端に少なく印は絞りに絞った2頭で勝負します。仮も3頭で決着すればウハウハになる可能性も…?

それではチャンピオンズカップ2018の予想に行きましょう!(^o^)/

sponsored link

【チャンピオンズカップ2018】予想

本題であるの予想の前に…

過去の傾向・データ分析・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

【チャンピオンズカップ2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【チャンピオンズカップ2018】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

【チャンピオンズカップ2018】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

 

予想と見解

今回のチャンピオンズカップが開催される中京・ダート1800mは予想考察の時から再三と書いている通り、クセの強い舞台。

特に内目を追走する先行馬が圧倒的に有利な傾向であり、外々を回り大外をブン回す差し追い込み馬は致命的な状況。

つまり、セオリーとしては前に付ける馬を狙うことで今年のチャンピオンズカップを攻略する上でも重要なポイントになるだろう。と言う訳で…

 

本命は◎サンライズソア

近2走は共に先行して3着が2回続いているが、どちらも展開が不向きの状況を考えると負けて強しの内容であり、悲観する内容ではない。

実際に前走のJBCクラシックは途中から折り合いを欠いたテイエムジンソクの影響を受けて途中から明らかにペースアップ。

結果的に後方から競馬をした馬が掲示板を独占したように前でレースをした馬には厳しい展開であり、その中で4角先頭から3着まで粘った点は評価すべき点。

つまり、前走のレースを見る限り古馬の一線級の馬を相手にしても戦えるポテンシャルは証明したと言えるだろう。

 

そして、今回はその時と比べて明らかに先行馬が低薄なメンバーで断然人気のルヴァンスレーヴが後方待機の脚質であることを考えてもレースの比重は後ろ。

さらに5枠8番であれば出たなりで他の馬を見ながらスムーズに先行できるだろう。後は圧倒的に内目を通る先行馬が有利なこのコース。

自分のリズムで気持ちよく先行できればアッサリと逃げ切り勝ちがあっても驚けない。マジックマンの手腕にも期待して積極的に狙いたい。

 

対抗は人気ブログランキング

地方交流重賞の中距離戦線では常連でお馴染みの1頭だが、前走の勝ち方を見る限り今が充実期で本格化ムードが漂う象。

元々は昨年の帝王賞で見せた豪快な差し切り勝ちの内容を含め、必ずしも逃げ~番手でレースをしなければいけない馬ではないはず。

つまり、自在性の高い馬で展開や条件ごとに戦法を変えて臨機応変にレース運びが出来る優れたタイプ。

今回は前回の勝利を受けて鞍上の◯◯騎手がどのポジションからレースを運ぶのか?が気になる所だが、条件を考えれば前走より前ではレースを進めた方が良いはず。

そして、コノ馬に関しては多少のストレス疲労は跳ね返すタイプであり、JBCクラシックを激走した後のローテーションでも大きく割り引く必要はない。

後はお隣のサンライズソアを見ながらジワッと先行するレース運びで上位入選を期待する。

 

今回は冒頭でも書いた通り、印は上記の2頭で勝負します。完全に前々で決め打った予想となりますが、運命は如何に…!?

ちなみ展開面を考えれば予想の筋とはズレるので無印としていますが、ウェスタールンドからのワイドと単勝は軽く抑えるつもりです。

後方から競馬をする馬でハマる可能性があるならコノ馬の鮮やかなイン差しになるはず。それでは良いチャンピオンズカップdayを!

 

印のまとめ

◎サンライズソア
人気ブログランキング

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第19回 チャンピオンズC(GI)>

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のチャンピオンズカップは、去年のJRA最終ダートホースに輝いたディフェンディングチャンピオンのゴールドドリームと、南部杯でその現王者を負かした3歳世代トップのルヴァンスレーヴが再び激突。そこに、京都開催のJBCクラシックを制したケイティブレイブ、フェブラリーSの勝ち馬ノンコノユメ、3連勝で勢いに乗るサンライズノヴァ、そしてダートの本場アメリカからはパヴェルも参戦予定と、まさに“頂上決戦”にふさわしいメンバーが揃いそうだ。

中京ダート1800mは基本的には『逃げ・先行』が有利なコースとして知られるが、GI競走のこのレースに関しては激流になることも多く、差し・追い込みが決まるシーンもしばしば見られる。そのため、脚質的に嫌われて人気を落とし、高配当を演出するシーンも珍しくない。事実、去年勝ったゴールドドリームは8番人気で、一昨年の勝ち馬・サウンドトゥルーは6番人気、3年前には12番人気サンビスタがレースを制しており、伏兵が差し・追い込みの競馬で馬券に絡んでいることは頭に入れておかねばならない。

当社シンクタンクは騎手、厩舎、馬主、生産者、外厩、エージェントなど、あらゆる関係者から情報を入手しており、今年も好配当を演出する“激走穴馬”の存在をシッカリとマークしている。世間が順当と思うレースでも、波乱の可能性はいくらでも存在し、波乱になれば大万馬券決着にもなり得る。馬券を買うのであれば、確かな筋からの情報を掴んでおいた方が良いのは間違いないだろう。

そこで、今回は当社シンクタンクの情報力を知ってもらうべく、万馬券を狙い撃つチャンピオンズカップの【3連単勝負馬券】の情報を特別に無料公開する。このチャンスに是非ともシンクタンクの情報を馬券検討に活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約