りょう店長の競馬予想ブログ

【チャンピオンズカップ2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2018/11/27

今回は【チャンピオンズカップ2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

中京競馬場・ダート1800mで行われるチャンピオンズカップですが、今年は中距離のダート王者を決める争いに現状で集まるだけの豪華メンバーが全て集結したイメージ。

実際に3歳馬のルヴァンスレーヴを筆頭に昨年の覇者でフェブラリーステークスの勝ち馬であるゴールドドリームや安定感は抜群のケイティブレイブなどを含め…。

他にも骨っぽいオメガパフューム・サンライズソア・サンライズノヴァ・インカンテーションと本当に各方面から有力馬が大集合!

正直な所でどの馬にもチャンスがありそうな状況であり、大混戦のメンバーゆえに予想は難解ムード?個人的にはそこまで大きく荒れることは無いと見ていますが、果たして…。

それでは過去の傾向やデータを含めて予想のヒントを探して行きましょう!(^o^)/

 

ちなみに本題の前に余談ですが、先日は四条烏丸にあるベジテジやで人生初のサムギョプサルを食べて来ました!

このお店自体は木屋町と烏丸四条の2つにあるのですが、治安を考えて後者に。

とにかく念願のサムギョプサルで終始テンションが上がっていましたが、豚肉をサンチュに包んで味噌・キムチ・もやしを入れてパクっと。

本当に絶品でビールとの相性も抜群!無限に食べてられそうなイキオイでした…。(苦笑)

そして、韓国料理の店にしては店内もキレイで定員さんの接客も抜群。改めてもう1回行きたいと思える良いお店で店長ログは☆4.8点ですね!

ちなみにこの京都のある2店舗は駅からのアクセスも良好。ぜひ機会があればお召し上がり下さい!

〝包まぬ豚は、ただの豚〟と言う斬新なフレーズも必見です!(^o^)/

sponsored link

【チャンピオンズカップ2018】予想考察

過去の傾向・データ分析

過去4年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2017】
1着:⑨ゴールドドリーム(MCS南部杯:5着)
2着:⑬テイエムジンソク(みやこS:1着)
3着:①コパノリッキー(JBCスプリント:2着)

【2016】
1着:⑧サウンドトゥルー(JBCクラシック:3着)
2着:②アウォーディー(JBCクラシック:1着)
3着:④アスカノロマン(みやこS:3着)

【2015】
1着:④サンビスタ(JBCレディスC:2着)
2着:①ノンコノユメ(武蔵野S:1着)
3着:②サウンドトゥルー(JBCクラシック:2着)

【2014】
1着:⑧ホッコータルマエ(JBCクラシック:1着)
2着:④ナムラビクター(みやこS:3着)
3着:⑫ローマンレジェンド(エルムS:1着)

 

<舞台設定のクセを把握する!>

今回のチャンピオンズカップが開催される中京ダート1800mは非常にクセの強いコースであり、京都や阪神で開催される同距離レースとは大きく異なります。

特に4コーナーから直線に掛けてのコーナーが急であり、途中から捲る馬や外々を回り豪快に差し込みを狙う馬には分が悪いコース形態。

実際に昨年のゴールドドリームも道中は内目を追走して直線だけ外に持ち出して豪快な差し切り勝ち。

その前年のサウンドトゥルーは内から追い込んで来る鮮やかなイン差しを決めて優勝を果たしました。

つまり、差し追い込み馬の好走パターンとしては〝道中は内でジッとしていること〟これに尽きます。

逆に有利になる馬は昨年のテイエムジンソクやコパノリッキーを始めインコースを通り先行できる馬。

近年は〝最後の4コーナーを3番手以内で回って来た馬〟が上位に入選する結果が続いていますが、今年もベタに狙うなら「先行馬」になりそうですね!(^o^)/

 

ちなみに「クセが強いコース」である点を含め、前年で掲示板以内に来た馬が翌年も上位に入選するリピーター色が強い1戦。

そして、今年も昨年に引き続き好走するリピーターの資格を持った馬はゴールドドリーム(1着)とケイティブレイブ(4着)の2頭が該当。

どちらも今回は3番人気以内が濃厚な有力馬ですが、果たして順当に好走する結果となるのか?注目ですね。

 

【チャンピオンズカップ2018予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

以前まではムラのあるタイプで東京コース以外では力を出せない馬でしたが、近走はコース・距離を問わず安定した成績を披露。

明らかに本格化しているイメージであり、今回の中京ダート1800mでも自身の持つ力は十分に発揮できるはず。

ただ、予想考察でも書いた通り終始外々を回り追い込むには厳しい舞台設定であり、是が非でも内目の枠は引きたい所。

その条件さえ叶えば頼もしい鞍上を背に今年も最後の直線で猛然と追い込んで来るだろう。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を全て無料公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第19回 チャンピオンズC(GI)>

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のチャンピオンズカップは、去年のJRA最終ダートホースに輝いたディフェンディングチャンピオンのゴールドドリームと、南部杯でその現王者を負かした3歳世代トップのルヴァンスレーヴが再び激突。そこに、京都開催のJBCクラシックを制したケイティブレイブ、フェブラリーSの勝ち馬ノンコノユメ、3連勝で勢いに乗るサンライズノヴァ、そしてダートの本場アメリカからはパヴェルも参戦予定と、まさに“頂上決戦”にふさわしいメンバーが揃いそうだ。

中京ダート1800mは基本的には『逃げ・先行』が有利なコースとして知られるが、GI競走のこのレースに関しては激流になることも多く、差し・追い込みが決まるシーンもしばしば見られる。そのため、脚質的に嫌われて人気を落とし、高配当を演出するシーンも珍しくない。事実、去年勝ったゴールドドリームは8番人気で、一昨年の勝ち馬・サウンドトゥルーは6番人気、3年前には12番人気サンビスタがレースを制しており、伏兵が差し・追い込みの競馬で馬券に絡んでいることは頭に入れておかねばならない。

当社シンクタンクは騎手、厩舎、馬主、生産者、外厩、エージェントなど、あらゆる関係者から情報を入手しており、今年も好配当を演出する“激走穴馬”の存在をシッカリとマークしている。世間が順当と思うレースでも、波乱の可能性はいくらでも存在し、波乱になれば大万馬券決着にもなり得る。馬券を買うのであれば、確かな筋からの情報を掴んでおいた方が良いのは間違いないだろう。

そこで、今回は当社シンクタンクの情報力を知ってもらうべく、万馬券を狙い撃つチャンピオンズカップの【3連単勝負馬券】の情報を特別に無料公開する。このチャンスに是非ともシンクタンクの情報を馬券検討に活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約