りょう店長の競馬予想ブログ

【ターコイズステークス2018 予想】+土曜日のイチオシ!うま

time 2018/12/15

本記事ではターコイズステークス2018の予想を公開します。

中山競馬場・芝1600mで行われるターコイズステークスですが、来年のヴィクトリアマイルを含めた牝馬マイル戦線に向けて注目が集まる1戦。

特に今年は例年と比較しても非常に豪華なメンバーが集結した印象であり、ディープインパクト産駒の良血馬が勢揃い。

さらに騎乗するジョッキーを見てもルメール騎手を筆頭として今回が初来日となるマーフィー騎手など世界の名手が大集結。

予想としては豪華なメンバー故のハンデ重賞と難解な要素を多く秘めていますが、組み合わせ次第では意外と高配当になる可能性も…?

それでは荒れる要素を含んだ牝馬限定のハンデ重賞のターコイズステークス、バシッと当てて明日に弾みを付けたい所です!(^o^)/

 

<土曜日・日曜日のイチオシ!うま>

〝本日のイチオシ!うま〟ひいらぎ賞(中山9R)からコノ馬をピックアップ!(●^o^●)


本命以下の印&予想見解はりょう店長の競馬新聞にてお届け致します!

そして、本日の配信レースのラインナップは…

【土曜日の配信レース】

1.ターコイズステークス
2.タンザナイトステークス

3.中京日経賞
4.赤穂特別
5.ひいらぎ賞
6.中京8R
7.中京7R
8.阪神3R

ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

⇒ りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

sponsored link

【ターコイズステークス2018】予想

本題の前に予想オッズ・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

【ターコイズステークス2018】予想考察|オッズと出走馬分析

 

予想と見解

本命は◎ディメイシオン

条件戦を1番人気1着後で勢いのあるディープインパクト産駒+初重賞挑戦と同産駒を買うべきタイミングとしてはドンピシャのパターン。

さらに3走前の500万条件ではマイルの距離で差し経験があり、今回は距離短縮のローテーションで差しに回れば位置取りショックが掛かる絶好の臨戦。

後はこの豪華な騎手の中で福永騎手は気になる所だが、牝馬限定のG3と考えれば気にし過ぎる必要はないはず。ここはスムーズな差し競馬で馬券圏内を期待する。

 

対抗は◯プリモシーン

前走の秋華賞は外枠が堪えた形で7着に敗れているが、アーモンドアイから0秒6差である点を考えると大きく悲観する内容ではない。

そして、実際にこれまでの成績から距離はマイルがベストであり、今回はバウンド短縮で適性距離に戻る点はプラス材料。

さらに気性面や乗り方を含めて難しさのある馬で鞍上がビュイック騎手にチェンジする所も歓迎のクチ。コチラもスムーズな差し競馬で上位進出を期待したい。

 

3番手は▲フローレスマジック

連勝中で格上げ戦+ディープ産駒の古馬初重賞+外国人騎手と同産駒を狙うパターンとしてはベストの状況であり、近2走は牡馬を相手の特別戦を2連勝と勝と改めて高い能力を披露。

特に前走の清水Sは出遅れて絶望的な位置から最後の直線では内を縫う様にして鮮やかな差し切り勝ち。鞍上のファインプレーが大きなウエイトを占めているとは言え、強い勝ち方。

そして、この2戦のレース内容と臨戦過程を見ても今回は有力な1頭だが、基本的には8戦連続で1番人気に支持されている点を含め、期待値の低い人気先行タイプで過信は禁物。

 

4番手は人気ブログランキング

近走は不甲斐ない着順が続いているが、全て言い訳可能な敗戦でノーカウントと考えても問題はないはず。

実際に前走も適性外の◯◯◯であり、2走前は暴走ペースでの逃げ、3走前はストレス疲労をフルに抱えた状況と度返し出来る内容。

ちなみに4走&5走前の競馬を見れば分かる通り、このクラスでも十分に通用する力のある馬であり、展開やタイミングひとつでアッサリと巻き返せる要素はある。

そして、今回は前回にダートで苦を味わった後の芝戻りのショックに該当するタイミングで苦から楽の流れ。スムーズに逃げの手が打てれば残り身は十分にある。

 

△リナーテは連勝中で格上げのステイゴールド産駒。内枠で混戦になれば3着ぐらいに顔を覗かせる可能性は十分にある。

 

△ミスパンテールは近2走は不甲斐ない競馬とは言え、今年の春は高いポテンシャルを披露。実績のある舞台に戻り巻き返しのチャンスはある。

 

△リバティハイツは元々は高いポテンシャルを秘めている馬であり、前走のポートアイランドステークスでは復調気配が伺える内容。

 

△レッドオルガはディープインパクト産駒の初重賞挑戦のタイミングで狙えるパターンだが、血統面から平坦コースがベターの馬。中山コースでは若干の割引が必要。

 

△フロンテアクイーンは前走のエリザベス女王杯は不利が無ければ…と思える好内容。元々は堅実な馬であり、今回はマーフィー騎手との新コンビで新味を引き出せれば。

 

△カイザーバルは気性面に課題を抱える馬だが、近2走は1400mの距離で素質が開花。今の充実度を考えるとマイルの距離でも期待が持てそう。

 

印のまとめ

◎ディメイシオン
◯プリモシーン
▲フローレスマジック
人気ブログランキング
△リナーテ
△ミスパンテール
△リバティハイツ
△レッドオルガ
△フロンテアクイーン
△カイザーバル

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <第70回 朝日杯FS>

牝馬グランアレグリアは
買える?買えない?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬にはアグネスフウジン、ミホノブルボン、ナリタブライアン、フジキセキ、バブルガムフェロー、グラスワンダー、エイシンプレストン、アドマイヤドン、ドリ-ムジャーニー、ローズキングダム、ロゴタイプ、など、ダービー馬や海外GⅠを制した馬など古馬でも活躍した名馬が名を連ねる。

今年は無傷の3勝馬ファンタジスト、アドマイヤマーズ、2戦2勝のグランアレグリア、ニホンピロヘイソン、1戦1勝タニノミッション他、新潟2歳Sの勝ち馬ケイデンスコール、函館2歳Sの勝ち馬アスターペガサスなどが参戦。昨年は新馬・サウジアラビアRCを2連勝中して出走したダノンプレミアが3馬身半差の圧勝劇。上位人気馬での決着となったが、今年は波乱を演出する激走穴馬の存在が。波乱の立役者となる人気薄激走馬の裏情報を独占入手!週末の情報は見逃せません!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約