りょう店長の競馬予想ブログ

【セントウルステークス2018 予想】+日曜日のイチオシ!うま

time 2018/09/09

本記事ではセントウルステークス2018の予想を公開します。

阪神競馬場・芝1200mで行われるセントウルステークス2018。

3週間後に開催されるスプリンターズステークスに向けた前哨戦ですが、

今年は非常に低レベルなメンバー構成でどの馬にも勝つチャンスがありそうな1戦。

そして、その中でも1番人気は戦前の予想通りファインニードルですが、

近走の実績を考えると意外にも1本被りでは無く半信半疑の評価されている印象。

その他はデムーロ騎手が騎乗するラブカンプーを含め、

ダート芝を問わず好走するネロや巻き返しを狙うダイアナヘイローが上位人気ですが、

果たして、上記の馬が順当に馬券圏内に来て手堅い決着になるのか?

それとも、人気薄の馬が台頭して波乱の結末を迎えるのか?

それではセントウルステークス2018の予想へ行きましょう!(^o^)/

 

<日曜日のイチオシ!うま>

本題の前に〝本日のイチオシ!うま〟のご紹介。

今回はながつきステークス(中山10R)からコノ馬をチョイスします!(^_-)-☆


本命以下の印&予想見解はりょう店長の競馬新聞にてお届け致します!

そして、本日の配信レースのラインナップは…

【日曜日の配信レース】

1.京成杯オータムハンデ
2.セントウルステークス
3.ながつきステークス
4.ムーンライトハンデキャップ

+おまけ予想(木更津特別・新涼特別・阪神12R)

ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

⇒ りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

sponsored link

【セントウルステークス2018】予想

本題である予想の前に…

過去の傾向・データ分析・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

【セントウルステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【セントウルステークス2018】予想考察|オッズと出走馬分析

 

予想と見解

本命は◎レジーナフォルテにします。

前走のアイビスサマーダッシュは4着に敗れているが、

ストレス疲労を残さない着順に加えて直線競馬で活性化できた事を考えると収穫の多い1戦。

そして、同レースの上位入選馬が揃って北九州記念で好走した点を含め、

今の低レベルなスプリント重賞の中では隠れたハイレベルレースと考えてOK。

さらに実際にコノ馬は5走前の春雷ステークスでは…

ペイシャフェリシタ・セカンドテーブル・ディバインコード・アレスバローズに続く5着。

上記の馬は夏のサマースプリント重賞でも好走歴のある馬であり、

そのメンバーを相手に5着にした競馬は評価できる内容。

 

今回は道悪馬場の適性だけはイマイチ不透明な部分があるとは言え、

土曜日のレースを見る限り雨でもキレイな馬場で内が有利な状況に変化はないはず。

阪神のGⅢで杉原騎手を狙うことは非常にリスキーだが、

先行すればOKで特に小細工は不要。人気を考えれば鞍上には目を瞑り狙いたい。

 

対抗は人気ブログランキングにします。

近年のトレンドである前走・北九州記念を1番人気で負けた臨戦に該当。

ただ、近走の着順を見ても分かる通り〝1着 or 惨敗〟の極端な成績であり、

どちらに転ぶか分からない危険性の高い馬であることも事実。

それでも狙うべきタイミングとしては今回がベストであり、

ここでダメなら当面は軽視でOKと考えていますが、果たして…。

 

3番手は▲ファインニードルにします。

今年に入りシルクロードステークス&高松宮記念を連勝。

そして、前走の香港の強豪が集うチェアマンズスプリントでも4着であり、

今の低レベルなスプリント路線の中では能力では一歩リードしている印象。

今回は休み明け・外枠・道悪馬場と不安材料もある状況だが、

馬のポテンシャルを考えればこれ以上評価を下げることは出来ない。

外から力の違いで馬券圏内に来る可能性は高いと見ています。

 

4番手は☆ネロにします。

近走は地方交流重賞(ダート)で堅実な走りを披露しているが、

5走前のオーシャンステークスの内容から芝の重賞でも十分に通用する実力の持ち主。

そして、セントウルステークスは2年前に2着の経験があり、

開幕週で前に付ける先行馬が有利な舞台設定の適性も高いモノがあるはず。

今回はダートから芝に変わる路線変更のショックも含め粘り込みを警戒。

 

△ラブカンプーは前回が激走後の厳しいタイミングも関わらず3着に好走。

想像以上に強い馬である可能性もあるが、

今回はさすがに2走続けて健闘した反動が出るだろう。

上位人気に支持されている馬の中では最も危険と見ています。

 

△アサクサゲンキは馬場を考えても出遅れた瞬間にジエンドの可能性もあり。

スタートを決めて前に行く位置取りショックを決めればチャンスは十分にあるが、

またしても両サイドに牝馬が要る状況。出遅れる確率は非常に高そう…。

 

△ラインスピリットは今回が絶好の狙い目だが、

陣営も公言している様に道悪馬場が全くダメな馬。

人気を考えれば十分に狙う価値はあるが上の評価からは落として抑えとします。

 

印のまとめ

◎レジーナフォルテ
人気ブログランキング
▲ファインニードル
☆ネロ
△ラブカンプー
△アサクサゲンキ
△ラインスピリット

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <第63回 セントウルS(G2)>

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマースプリントシリーズの最終戦ではあるが、今年はアレスバローズがCBC賞、北九州記念を連勝し、チャンピオンの座をほぼ手中におさめている状況。そうなると、GI・スプリンターズSを占う上で、最も重要視すべき前哨戦という意味合いは、一層色濃くなってくる。

実際、高松宮記念を制した春のスプリント王・ファインニードルがココから始動予定。昨年も制した相性のいい舞台であり、今年も人気になることは必至だろう。だが、あの世界のロードカナロアですら2年連続で負けている一筋縄ではいかないレースで、前哨戦だからこそ、決して力通りの結果とはならない1戦なのだ。

休み明けの実績馬がどれくらい仕上がっているか、どんな思惑で使っているのか、ココに向けての勝負度合いを見極めることが、前哨戦における馬券攻略の大きなカギとなる。しかし、公正競馬を謳う以上、世間に出る情報や新聞に載る関係者のコメントは建前ばかり。本当の情報や、厩舎の裏事情は一部の親しい関係者しか聞くことができず、一般競馬ファンは真実を知らないままに、馬券を買わされることも多々あるわけだ。

だからこそ、元騎手・元調教師といった競馬界の大物OBや、サークル内の事情通など、多種多彩な大物関係者たちを情報ルートとして擁する弊社シンクタンクの情報力が、的中に直結することになる。この情報力を競馬ファンの方々にも体感して頂くため、今週は【セントウルS・3連単勝負馬券】を特別に無料公開させて頂く。セントウルSの馬券を購入する予定がある方は、是非とも一度チェックして頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約