りょう店長の競馬予想ブログ

【ジャパンカップ2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2019/11/20

今回は【ジャパンカップ2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

東京競馬場・芝2400mで行われるジャパンカップは秋の古馬中距離シリーズの第2戦目として争われるGⅠで有馬記念に続く注目の1戦ですが、今年はやや盛り上がりに欠けるメンバー構成である点は否めず。さらに創立されてから史上初の外国馬が不在の状況で施行される国際競争であり、オール日本馬で日本の頂点を決める戦いになりそうだ。

ちなみに今年に関しては日本馬の手薄化と外国馬の不参戦とはいえ、騎乗予定のジョッキーを見ると華やかすぎる顔ぶれ。

日本で初めて短期免許を取得するデットーリ騎手を始めお馴染みのムーア騎手ビュイック騎手。そして、久々の来日で存在感を示すスミヨン騎手に頭角を現している若手のマーフィー騎手と世界の名手が勢揃い。

それに加えてJRAジョッキーからは武豊騎手・川田騎手・横山典騎手・ルメール騎手・デムーロ騎手とコチラも負けじと堂々たる顔ぶれですが、これらの名手達で繰り広げられる争いには注目ですね!\(^o^)/

 

ではでは、本題の前にりょう店長の競馬新聞(完全版)の現金振込会員の募集要項について少々。

コチラの媒体ではりょう店長がお届けするコンテンツであり、週末の予想を絶賛配信中。主な内容構成としては…

・重賞予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬

そして、先週末は重賞予想で◎インディチャンプから大本線。厳選レース予想で◎マイネルユキツバキから三連複の万馬券と鮮やかな一撃!

【マイルチャンピオンシップ】
1着:◎インディチャンプ(3番人気)
2着:☆ダノンプレミアム(1番人気)
3着:◯ペルシアンナイト(6番人気)

単勝(◎):640円
馬連(◎◯):860円
ワイド(◎◯):1090円
三連複(◎◯☆):3200円

 

【福島民友カップ】
1着:◎マイネルユキツバキ(3番人気)
2着:△プレスティージオ(12番人気)
3着:▲スワーヴアラミス(2番人気)

単勝(◎):650円
三連複(◎◯▲):24830円

そして、ココからが今回の本題ですが、上記の様相を含めたりょう店長の競馬新聞(完全版)の現金振込会員の年内最終募集を行います。

本来であれば1ヵ月1980円(税込)の所を今回は特別に今週から来月のホープフルステークスの購読で2000円(税込)で募集を開始します。

区切り的にも今年の募集はこれがラスト!この後に続くG1戦線をぜひりょう店長と共に楽しみましょう!^^

仮にも迷っている方がいるなら騙されたつもり…で年内だけでも購読いただければ、予想の根拠などを含め新たな気付きがあるはず。そして、きっと今まで以上の楽しい競馬ライフになるはずです…!

りょう店長の競馬新聞(完全版)@申込フォームはコチラ

sponsored link

【ジャパンカップ2019】予想考察

過去の傾向・データ分析

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2018】
1着:①アーモンドアイ(秋華賞:1着)
2着:⑧キセキ(天皇賞秋:3着)
3着:⑪スワーヴリチャード(天皇賞秋:10着)

【2017】
1着:①シュヴァルグラン(京都大賞典:3着)
2着:②レイデオロ(神戸新聞杯:1着)
3着:④キタサンブラック(天皇賞秋:1着)

【2016】
1着:①キタサンブラック(京都大賞典:1着)
2着:⑫サウンズオブアース(京都大賞典:2着)
3着:⑰シュヴァルグラン(アルゼンチン共和国杯:1着)

【2015】
1着:⑮ショウナンパンドラ(天皇賞秋:4着)
2着:⑥ラストインパクト(天皇賞秋:12着)
3着:①ラブリーデイ(天皇賞秋:1着)

【2014】
1着:④エピファネイア(天皇賞秋:6着)
2着:①ジャスタウェイ(凱旋門賞:8着)
3着:⑮スピルバーグ(天皇賞秋:1着)

 

<馬番と脚質に注目!>

ジャパンカップが行われる東京・芝2400mは日本ダービーと同じ施行条件ですが、その時と同じくベタに内枠の馬が優勢。さらに脚質も後方から一気に追い込む馬よりは前々から流れ込むことの出来る先行馬が圧倒的に有利な状況。

つまり〝内枠の先行馬〟を狙うことが的中に繋がる近道であり、予想の際は頭に入れておくべき注目のポイント。今年もその点は肝に銘じて置きたい所です。

ちなみに実際に近年の勝ち馬の馬番と最終コーナーの位置取りは下記の通り。

【2018年】
1着:②アーモンドアイ(2番手)

【2017】
1着:①シュヴァルグラン(4番手)

【2016】
1着:①キタサンブラック(1番手)

【2015】
1着:⑮ショウナンパンドラ(11番手)

【2014】
1着:④エピファネイア(4番手)

【2013】
1着:⑦ジェンティルドンナ(4番手)

15年に最後方から豪快な脚で差し切りを決めたショウナンパンドラ以外は全て最後の4画で5番手以内であり、馬番を見ても大半が一桁でそれも内寄り。

いくら直線が長くて差しが決まりやすい東京コースとはいえ、改めて内枠の先行馬が有利な舞台設定。今年も本命はそれらに該当する所から選択をする必要がありそうですね!^^

 

<前哨戦の傾向に変化がアリ!>

今回のジャパンカップは秋の古馬中距離GⅠ戦線の第2戦に該当する1戦であり、天皇賞(秋)から始まり有馬記念へと続くビッグレースですが、以前の様に全てのレースに出走をする陣営は非常に稀。

つまり、各陣営はどこかに照準を当てて狙いを定めるケースが増えておりでその影響から各馬の前哨戦にも変化が起こりつつあるイメージ。

実際に以前であれば天皇賞(秋)からのステップが当たり前でしたが、近年に関しては京都大賞典がトレンドとなり、その他ではアルゼンチン共和杯や異端臨戦の秋華賞を含め多種多様。

ちなみに個人的には最近はキタサンブラックとシュヴァルグランでお馴染みの京都大賞典からのローテーションが激アツと見ている訳ですが、今年はエタリオウのみが該当。果たして、どの様な結果を迎えるのか…?

 

【ジャパンカップ2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走は展開を考えれば酌量の余地はある競馬であり、この鞍上が3戦続けて騎乗をし続ける点は非常に不気味な材料。ココは内目の枠には入り先行をする様なことがあれば一発の可能性は大いにあるはずだ。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

今週は日曜日にジャパンカップ2019の予想を公開予定!\(^o^)/

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録をしてりょう店長の予想をお楽しみ下さい!

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第39回 ジャパンカップ(G1)>

アーモンドアイ不在で浮上する
激走穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

昨年は牝馬3冠馬アーモンドアイが優勝。3歳牝馬でジャパンCを制したのは2012年の3冠牝馬ジェンティルドンナに続く2頭目。単勝1.4倍の断然人気に応えて4冠目となった。出走すれば断然人気確実なアーモンドアイだが、香港遠征が決定となり出走回避。どの陣営も「アーモンドアイが居なければチャンスはある」と色気を出している。

出走メンバーは一昨年の覇者シュヴァルグラン、昨年のダービー馬ワグネリアン、一昨年のダービー馬レイデオロ、オークス馬ラヴズオンリーユー、スワーヴリチャード、マカヒキのGI馬やオークス・秋華賞2着馬カレンブーケドール、エタリオウなどが参戦。大混戦模様の今年のジャパンCを制するのは果たして!?

昨年も秋の古馬王道GI3戦、天皇賞秋→ジャパンC→有馬記念をパーフェクト的中。今年も天皇賞秋を的中させておりジャパンC・有馬記念も的中予告!アーモンドアイ回避で大混戦模様となった今年のジャパンCだが、実はとある陣営の勝負情報を緊急入手!厩舎サイド・馬主・騎手が揃って「勝てるデキ!」と豪語する勝負馬とは!?

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ジャパンC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 


 

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約