りょう店長の競馬予想ブログ

【ジャパンカップ2018 予想】本命:スワーヴリチャード

time 2018/11/24

本記事ではジャパンカップ2018の予想を公開します。

東京競馬場・芝2400mで行われるジャパンカップですが、今年は3冠牝馬のアーモンドアイが注目の的とは言え、全体的なレベルで見ると昨年よりは大きく劣るイメージ。

つまり、今回は上記の点を含めてイマイチ盛り上がりに欠ける印象もありますが、レースのタイトルはジャパンカップ。レース前には普通にワクワク・ドキドキしていると思います。(苦笑)

そして、人気&オッズを見ると戦前の予想通りアーモンドアイが断然の支持を集めていますが、一見して絶好枠と見える「最内枠」は色々と考えると必ずしも良い訳ではなさそう。

他の人気所では天皇賞(秋)からの巻き返しを図るスワーヴリチャードに完全復活が期待されるサトノダイヤモンドを含め、キセキ・シュヴァルグランまでが上位人気を形成。

つまり、世間の評価的にはこの5頭ぐらいで決まるのでは…?と言うオッズ構成ですが、個人的には下位人気の馬にもチャンスはあると見ている1戦。

ここはアーモンドアイやスワーヴリチャードが3着以内に来た上でも波乱の結末を迎える可能性は十分にありそうですね!

それでは平成最後のジャパンカップ、バシッと当てて11月の競馬を良い形で締め括りたい所です!\(^o^)/

sponsored link

【ジャパンカップ2018】予想

本題であるの予想の前に…

過去の傾向・データ分析・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

【ジャパンカップ2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【ジャパンカップ2018】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

【ジャパンカップ2018】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

 

予想と見解

今年のジャパンカップはお世辞にも豪華なメンバーとは言えず、アーモンドアイが不在であれば好メンバーが集結したアルゼンチン共和国に見えても不思議ない印象。

実際に今回はその3冠牝馬のアーモンドアイが断然の支持を集めているが、初の古馬戦で最内枠と条件だけを見ると現状の単勝オッズほど期待値は高く無いように見えるのも事実。

果たして、全馬から徹底マークを受けるこの枠から王道の競馬をして古馬をねじ伏せることは出来るのか?

仮にも上記のレース展開にも関わらず跳ね除けて完勝すれば現役最強馬と名乗っても異論はなさそうですね。(苦笑)

ただ、今回はギャンブル的な視点から人気と確率のバランスを考えれば対抗で逃げるのが無難。本命は逆転できる唯一の馬と判断しているアノ馬とします。

 

本命は◎スワーヴリチャード

昨年の3歳時から高いポテンシャルを披露していた馬だが、今年は金鯱賞~大阪杯を連勝。

さらに距離短縮となり物理的に厳しいローテーションで迎えた安田記念でも3着に入選するなど、奥手なハーツクライ産駒がココに来て本格化したイメージ。

そして、前走の天皇賞(秋)は休み明けで距離延長の臨戦で普通にレースをすれば馬券圏内は鉄板と見ていた1戦だが、スタート後の出遅れ+タックルでドンケツからの競馬…。

最後の直線でも全く伸びるシーンが見受けられず完全にスタート後のトラブルで戦意を喪失した様なイメージであり、10着の着順はノーカウントでOK。

 

今回は前回であのような不可解な負け方をした後のローテーションで気持ち悪さがある点は事実だが、春の実績を考えれば打倒・アーモンドアイの1番手は間違えなくコノ馬。

ハーツクライ産駒である事を考えても東京・芝2400mの条件はベストであり、チャレンジャーとして断然の1番人気を負かしに行くシチュエーションは良い状況。

とにかく、スタートを決めてスッと先行すれば前回のような意味不明に負けることはないはず。ここは渾身のデムーロ騎手の一撃を期待したい。

 

対抗は◯アーモンドアイ

この秋の目標はジャパンカップと秋華賞の前から陣営が宣言していた通り、叩き台の秋華賞を異次元のパフォーマンスで完勝して迎える今回。

ノーストレス・ノー疲労の状態で普通に考えれば馬券圏内を外すことはなさそうな状況だが、断然の1番人気で最内枠は恩恵よりリスクの方が高いと考えるべき。

実際にここまで馬群の中で揉まれた経験がなく勝ったレースは全てスムーズに馬群の外を回して追い込んでいる内容であり、内で包まれる厳し競馬になった時は未知の世界。

ただ、それでも53キロの斤量とコノ馬のポテンシャルを考えれば杞憂に終わる可能性は十分にある。ここは期待値の点を考えて対抗の評価でお茶を濁す。

 

3番手は▲シュヴァルグラン

前走の京都大賞典は1番人気を裏切る6着だが、上位人気に支持されたハーツクライ産駒であり、勝ちに行く競馬をした中での敗戦と致し方ない結果。

つまり、今回は前哨戦を人気で軽く負けた後のローテーション+相手アップのGⅠと同産駒が得意とするパターンに該当。

普通に考えれば同一GⅠを3年連続で馬券に絡むことは難しいとは言え、シンプルに臨戦過程だけを見れば十分に狙う価値はあるはず。

 

4番手は人気ブログランキング

近走の成績から衰えた存在で完全に人気が大急落しているが、典型的なL系の馬で休み明け+頭数減の今回は巻き返せるシチュエーション。

昨年は物理的に無理なローテーションから案の定で10着に大敗する結果だが、今年は去年に比べて圧倒的に走れるタイミング。

数年前のジャガーメイル臭がプンプンと漂う馬であり、波乱のジャパンカップを演出するならコノ馬になるはず。

 

△ミッキースワローは前走の札幌記念は3番人気を大きく裏切る13着だが、明らかに負けすぎのイメージであり、単純に走れるコンディション面の調整不足と考えるのがベター。

実際に2走前の大阪杯では後方から追い込んで5着に来るなどGⅠの舞台でも戦えるポテンシャルは証明済み。

つまり、今回は叩き2戦目でまともな状態であれば巻き返せる可能性は十分にある。後は距離延長でスッと先行すれば内からスルスルと馬券圏内の可能性も…?

 

印のまとめ

◎スワーヴリチャード
◯アーモンドアイ
▲シュヴァルグラン
人気ブログランキング
△ミッキースワロー

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <第38回 ジャパンカップ(GI)>

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のジャパンカップは、牝馬3冠を圧倒的なパフォーマンスで制したアーモンドアイの存在抜きには語れないだろう。秋華賞→ジャパンカップは予定されていたローテーションではあるが、正式に参戦表明が出たのは11月の頭。陣営が出走意志の明言を避けたのは「レース後にフラフラしていた」と、秋華賞で想定以上に消耗していたからに他ならない。あのディープインパクトですら3冠達成直後の有馬記念では敗戦を喫しているように、歴戦の古馬一線級が相手では決して楽な条件ではない。

また、ジャパンカップと言えば1着賞金3億円、有馬記念と並ぶ国内最高額のレースであることを忘れてはならない。今年も外国人騎手を中心に、出走馬のジョッキーが目まぐるしく変更されており、水面下ではあの手この手の策が講じられている。故に、ココを“メイチ勝負”で挑んでくるのはどの陣営なのか的確なジャッジを行う重要性も普段以上に大きくなってくるのだ。

シンクタンクは【ジャパンカップ特別チーム】を結成した2005年以来、このレースでは『13戦10勝』という実績を残しており、会員様からも「ジャパンカップと言えばシンクタンク」と言うお声を頂戴している。これだけの実績を誇っているのも、マスコミでは入手できない、一般には出回らない情報を入手できる態勢が整っているからこそだ。

既に「アーモンドアイの能力が高いことは認めるが、短絡的にアーモンドアイの“1強”と結論付けるのは早計。その存在を脅かす存在を掴んでいる」と、馬券に直結する競馬関係者からの情報も掴んでいる。レース的にも馬券的にも大注目となるジャパンカップ、今回は特別に、万馬券を狙える【3連単馬券】の情報を無料公開させて頂く。このチャンスをお見逃しのないようご注意頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約