りょう店長の競馬予想ブログ

【オールカマー2018 予想】+日曜日のイチオシ!うま

time 2018/09/23

本記事ではオールカマー2018の予想を公開します。

中山競馬場・芝2200mで行われるオールカマーですが、

近年は秋のGⅠシリーズに向けて有力馬が始動を開始する重要な前哨戦であり、

今年もレイデオロ・ダンビュライト・アルアインと実績のある4歳勢が大集合。

その他にも重賞の勝利経験のあるガンコ・エアアンセム・ゴールドアクターなど、

12頭の小頭数にしては骨っぽい面々が集結したイメージで秋の大舞台に向けて注目の1戦ですが、

果たして、4歳で実績のある人気馬が順当に好走するのか?

それとも、5歳以上の古豪が意地を見せる結果となるのか?

予想としては割とスッと決まりましたが、

馬券も同じ勢いでスッと当てたい所!(苦笑)

それではオールカマー2018の予想に行きましょう!(^o^)/

 

<日曜日のイチオシ!うま>

本題の前に〝本日のイチオシ!うま〟のご紹介。

今回は阪神12Rからコノ馬をチョイスします!(^_-)-☆


本命以下の印&予想見解はりょう店長の競馬新聞にてお届け致します!

そして、本日の配信レースのラインナップは…

【日曜日の配信レース】

1.神戸新聞杯
2.オールカマー
3.阪神12R

本日は買いたいレースが全く見当たらず、3レースのみの配信ですが、

ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

⇒ りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

sponsored link

【オールカマー2018】予想

本題である予想の前に…

過去の傾向・データ分析・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

【オールカマー2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【オールカマー2018】予想考察|オッズと出走馬分析

 

予想と見解

本命は◎ダンビュライト

春はGⅠを連戦する過密なローテーションとは言え、

全て掲示板前後を確保する安定感のある競馬を披露。

そして、前走の宝塚記念は鞍上の武豊騎手が自らレースを解説する

「武豊TV」で珍しく悔しいと後悔していた1戦であり、

スタート後のポジションと直線の進路取りさえスムーズなら3着は十分に考えられた内容。

つまり、今の古馬の中距離路線の中では能力上位の存在と認識してOK。

 

さらに昨年の皐月賞の3着や今年のAJCCの1着を含め、

中山コースでは2戦して全て馬券圏内と隠れた中山巧者。

今週からCコースに替わり早い時計を求められる馬場だが、

血統背景のイメージとは裏腹に高速馬場の適応力はあり心配は不要。

後は休み明けからキッチリと力を出せる状態ならチャンスは十分にあるはず。

前回の宝塚記念の悔しさを晴らす積極的なレースで勝利を期待したい。

 

対抗は人気ブログランキング

調教過程&休み明けのローテーションの懸念はあるが、

今の中山の高速馬場を考えるとコノ馬の評価は上げざるを得ない。

内枠から集中力を活かす競馬で上位入選を期待する。

 

3番手は▲レイデオロ

ドバイ帰りのローテーションは気になる材料だが、

ゆったりと6ヵ月の間隔を明けた休み明け+相手ダウンは絶好の条件。

ジャパンカップの好走などを含め、ポテンシャルは証明は十分であり、

後は外々をスムーズに回る競馬で順当に着順をまとめるはず。

 

4番手は☆ガンコ

前走の天皇賞(春)は本命を打ち期待をした1頭だが、

結果的に厳しいペースを先行して最後は体力切れを起こし14着に惨敗。

ただ、昨年の江坂特別から5戦連続で激走した後の臨戦過程であり、

そのストレス疲労が一気に爆発した形での大敗で着順は参考外でOK。

実際に2走前の日経賞の内容などを含め、芝での好走は決してフロックでは無く、

持久力とスタミナを活かせる芝の中距離重賞なら能力は上位の存在。

今回は休み明けでフレッシュな状態なノーストレス・ノー疲労の状態であり、

持ち味を活かす強気のレースメイクで前回からの巻き返しを期待したい。

 

△ブラックバゴは前走の函館記念で10着に大敗しているが、

後方からレースを進めた馬には用なしの展開&馬場でノーカウントの1戦。

2走前の中山金杯の内容を含め、重賞でも戦える力の持ち主であり、

展開や他馬が走れない状況になれば馬券圏内に突入する可能性は十分にある。

 

△エアアンセムは前走の函館記念は全てが良い方向に噛み合う形での勝利であり、

激走後でストレス疲労に対する懸念があるとは言え、

近走の充実したレース内容を見る限り、今が充実期。

人気を考えると相手として抑える印でお茶を濁したい。

 

印のまとめ

◎ダンビュライト
人気ブログランキング
▲レイデオロ
☆ガンコ
△ブラックバゴ
△エアアンセム

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <第64回 オールカマー(G2)>

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

天皇賞・秋、ジャパンカップ、ジャパンカップといった秋の王道路線を目指す馬たちが徐々に動き始めるのが9月。中山芝2200mの条件で行われる前哨戦がオールカマーだ。今年は17年ダービー馬・レイデオロを始め、皐月賞馬・アルアイン、グランプリホース・ゴールドアクターといったGI馬たちが、このレースで秋の始動戦を迎える。

ただ、実力通りに決まるとは限らないのが前哨戦。GI馬たちは本番に向けて賞金的にも余裕があるだけに「8分くらいのデキ」で出走することも珍しくなく「GIじゃ足りないからココで勝っておきたい」といった思惑を持って出走する陣営も。また、賞金的にボーダーラインにいる馬であれば「GI戦線へ向けて、最悪でも賞金加算はしなきゃアカン」と前哨戦でメイチ勝負を掛けてくる馬もいる。

しかし、こういった本音を表に出しても、陣営にとってはマイナスしかならない。そのため、ほとんどの新聞やマスコミ報道では、当たり障りないコメントばかりが並ぶことになるのだ。一方、業界最高峰とも言われる情報網をトレセン内外に持つ当社シンクタンクは、各陣営の勝負度合いから馬の仕上がり具合などあらゆる情報を入手し、どの馬が“買い”なのかを的確にジャッジすることが可能だ。

実際に当社は、昨年のオールカマーも、重賞特捜部が入手した内部情報から◎○▲の大本線3頭で【3連単2万0150円的中】をお届けしている。注目馬が集結する一戦とあって、今年も早くから有力情報を多数舞い込んでいる状況だが、今週は特別にオールカマーの【3連単勝負馬券】の情報を特別無料公開。今年も万馬券を仕留めたい方は、是非とも当社の情報を見て有効活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約