りょう店長の競馬予想ブログ

【オークス2019】プレ予想と先週の結果

time 2019/05/13

今回は【オークス2019】プレ予想と先週の結果についての記事です。

失礼ながら、この2週間はNHKマイルカップ⇒ヴィクトリアマイルとGⅠの中でもやや盛り上がりに欠けるレースが2つ続きましたが、

今週は牝馬クラシック戦線の第2弾・オークスが開催!ここから来週の日本ダービーと合わせて競馬ファンのボルテージも上がりそうなレースが続きます。

そして、今年は昨年のアーモンドアイのように圧倒的な王者が不在の状況であり、桜花賞を制覇したグランアレグリアが回避で混戦ムード?

ただ、全体的なレベルとしては意外と高いイメージもあり、数多くの馬に勝つチャンスがある1戦と考えてOK。ここは枠や馬場次第では結果がガラリと変わりそうですね!

ちなみに現段階で本命はアノ馬に付ける予定をしているのですが、先週のヴィクトリアマイルを見る限り鞍上は不安材料のひとつ…。

ここは改めて初志貫徹で本命を打つのか?それとも対抗に落として他の馬を上に持ってくるのか?枠や馬場などをジックリと見た上で最終的な判断を下したい所です!\(^o^)/

では、オークス2019のプレ予想の前に先週の予想結果を振り返りから…。

sponsored link

【先週の結果】5/11・12

先週のヴィクトリアマイルは…

◎レッドオルガ

◯プリモシーン

で自信満々で挑んだレースでしたが、結果は2着・11着。色々と思う所があるとはいえ、真摯に受け止めて反省すべきです。お役に立てずスイマセンでした!m(__)m

そして、回顧の詳細はりょう店長の競馬攻略マガジンで配信する予定ですが、今回は上記の2頭についてザックリと。

まず2着のプリモシーンは福永騎手の完璧なエスコートで何ひとつ無駄のない好騎乗。

 

正直な所でこれで勝てないのか~というが本音であり、レース後に鞍上の福永騎手が残したコメントの通りですね。(苦笑)

〝やりたい競馬はある程度できました。諦めることなく頑張ってくれましたが、(前に)もう一頭いましたね。これ以上求めないくらい頑張ってくれました。残念です。悔しいです〟

本当にあのレース運びで勝てないのは不運としか言いようがなく、改めて今回の福永騎手×プリモシーンでGⅠレースを勝つ難しさを痛感しました。

 

後は11着に敗れた本命のレッドオルガは内目の枠が気掛かりとなり大勝負は避けた訳ですが、結果的にはそれが功を奏す形に。

道中のレース運びは完璧な位置取りで後は直線でスムーズに捌くだけ…という状況でしたが、最後はやや窮屈に挟まれるレースとなりズルズルと後退。

それでも実際に直線の攻防を見ると仮にスムーズに捌けていても4着~6着ぐらいが精一杯の脚色であり、馬券圏内は厳しそうなイメージ。

現状ではGⅠを勝ち切るにはもうワンパンチのポテンシャルが必要ということですね。見当違いの予想となり本当に申し訳ございません。

そして、今回は馬のポテンシャル&ローテーションが完璧でほぼほぼ馬券圏内は確実と判断をして勝負度「B」を出した訳ですが、お役に立てずスイマセンでした!m(__)m

 

ちなみに勝ち馬のノームコアに騎乗していたレーン騎手は2週間前はルメール騎手の騎乗停止の代役問題で色々と騒がれていましたが、

今回の鮮やかなエスコートで完全に回りを黙らせる結果。そして、実力でアンチを黙らせる!シンプルにカッコ良すぎる男だ…。(苦笑)

しかも、このレーン騎手は25歳でJRAの騎手の名前を出すなら岩崎翼騎手や城戸騎手と同世代の若手ジョッキー。

それが短期免許で来日した3週間目でGⅠをアッサリと勝利する訳ですから、世界のジョッキーのレベルの高さと日本の若手が育たない現状をまざまざと痛感する結果。

ただ、この問題に関しては一朝一夕で解決できるモノではなく、根本に対策を打たないとますます日本人騎手<外国人騎手の状況がエスカレートするばかり…。

この点は今後の日本競馬界の発展の為にも真剣に向き合い考える必要がある重要なテーマとなりそうですね。

 

さてさて、ヴィクトリアマイルの話はこの辺りで切り上げて単複予想の振り返りをチラッと。

先週は精度の面で考えると微妙な結果でしたが、スコーンと単勝を的中できたこともあり、辛うじてプラスでフィニッシュ。

【京都6R(土曜日)

<本命馬の推奨理由>

◎ヒルノダカール(1着・3番人気)

⇒ 単勝:560円

前走の大寒桜賞の敗戦で人気が控えめとなりそうだが、意外にもハイレベルなメンバー構成である上の距離の2200mも響いたイメージ。実際に2走前のホープフルステークスでは勝ち馬から0秒7差の7着と強い内容であり、2000mなら安定感は確かなモノ。そして、今回は鞍上が亀田騎手に乗り替わる点で売れていないイメージだが、この頭数なら特に問題はないはず。ここはスムーズなエスコートなら勝ち負けにはなるだろう。

 

【東京12R(土曜日)】

<本命馬の推奨理由>

◎アメリカンファクト(1着・3番人気)

⇒ 単勝:580円

前走の天王寺特別の大敗は不可解だが、内枠で砂を被り嫌気がさしたと故の敗戦でノーカウントと考えてOK。今回は久しぶりに実績のある東京ダート1400mで外枠。ココは武藤雅騎手を配置して久々に逃げる競馬をすれば簡単には止まらいハズ。改めて巻き返しを期待する。

 

【白川特別(日曜日)】

<本命馬の推奨理由>

◎マスターコード(1着・4番人気)

⇒ 単勝:580円

前走の奥の細道特別は内枠がアダとなり動けず結果的にはVラインの位置取り(8-9-11-12)で4着と悲観する内容ではない。ポテンシャルと長距離の舞台に対する適性は証明済みであり、今回は珍しく鞍上を強化して挑む1戦。ここはキッチリと決めたい所だ。

 

【京都12R(日曜日)】

<本命馬の推奨理由>

◎タイセイブレーク(1着・3番人気)

⇒ 単勝:540円

前走の房総特別は終始馬場の悪い内ラチ沿いを追走した上に内枠がアダとなり前半の位置取りが悪く不完全燃焼の4着。今回は広い京都コースに替わりスムーズな競馬で巻き返しを期待する。

 

やはり、この単複馬券は〝単勝を当ててこそ〟威力を発揮しますね。今後もバシッとアタマを取れる馬をバシバシと推奨できる様に頑張ります!\(^o^)/

先週の予想結果

<重賞予想>

【ヴィクトリアマイル】
1着:△ノームコア(5番人気)
2着:◯プリモシーン(4番人気)
3着:△クロコスミア(11番人気)

11着:◎レッドオルガ(3番人気)

 

【京王杯SC】
1着:◎タワーオブロンドン(1番人気)
2着:・リナーて(6番人気)
3着:◯ロジクライ(3番人気)

単勝:360円

 

<単複予想>

【土曜日】
京都1R:マラスキーノ(8着・6番人気)
京都5R:レイジングブレイズ(3着・3番人気)
京都6R:ヒルノダカール(1着・3番人気)
京都9R:メリーメーキング(5着・6番人気)
京都10R:オーケストラ(9着・3番人気)
京都11R:サンマルティン(6着・5番人気)
京都12R:スマートアルタイル(6着・1番人気)
新潟12R:ミッキーバード(3着・2番人気)
東京12R:アメリカンファクト(1着・3番人気)

【日曜日】
京都4R:サトノライジン(12着・2番人気)
東京7R:エミーリオ(3着・3番人気)
東京8R:アンネリース(6着・7番人気)
京都9R:マスターコード(1着・4番人気)
京都11R:エポック(10着・8番人気)
新潟11R:コーカス(6着・1番人気)
新潟12R:アングルティール(8着・1番人気)
京都12R:タイセイブレーク(1着・3番人気)
東京12R:ビックリシタナモー(7着・11番人気)

 

<りょう店長の競馬攻略マガジンのご案内>

りょう店長の競馬攻略マガジンではブログでは書き切れない単複予想・重賞レースのフル予想と推奨買い目を配信中!

上記の競馬予想(見解・印・買い目)を含め、重賞回顧・次走注目馬など競馬力向上の為のコンテンツとなります。

配信者として読者の方に満足して頂ける面白い中身のある内容であり、馬券的中に繋がる妙味ある予想、役に立つレース回顧を提供している自負はあります。

ぜひ、ご興味のある方は下記のリンク先より詳細を確認し頂ければ幸いです!今週末から共に競馬を楽しみましょう!\(^o^)/

りょう店長の競馬攻略マガジン@詳細はコチラから

 

【オークス2019】プレ予想

最後に現段階の本命候補をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

元々は〝桜花賞よりもオークスが向いている〟と適性の判断を下していた馬だが、その桜花賞を良い形で負けての今回はローテーションとしても完璧。

さらに先週のヴィクトリアマイルで勝利したノームコアの兄弟ということで今の馬場の適性もピッタリであるはず。ここは鞍上が落ち着いて乗ればGⅠ制覇のチャンスは大。

ここは上位人気が濃厚の存在とは言え、アタマを取る可能性が最も高い馬ということで枠次第ではガッツリと買いたい馬になりそうですね!

 

 

--【PR】----------

<第80回 オークス>

桜花賞組から巻き返す人気薄激走馬は

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気別の成績では、1人気[5.2.1.2]、2人気[1.3.3.3]、3人気[2.0.1.7]と上位人気馬が安定した成績を残しているが、13年メイショウマンボ(9人気1着)、11年エリンコート(7人気1着)などの伏兵が優勝し波乱となっている。平均配当では、馬連6500円、3連複9180円、3連単8万3870円。3連単では10万馬券以上が2度、最高配当では11年の54万馬券が出ている。

今年の桜花賞馬グランアレグリアはNHKマイルC参戦のため不在。桜花賞組が活躍するオークスだが、別路線組からは忘れな草賞の優勝馬ラヴズオンリーユー(3戦無敗)、フラワーCの優勝馬コントラチェック(5戦3勝)などの有力馬がスタンバイ。桜花賞上位組との対決が注目される。

競馬セブンでは桜花賞も◎グランアレグリアから的中。オークスも5年連続的中のドル箱GI。今年のオークス裏づけが取れた確信情報を入手済。絶対にお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オークス・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約