りょう店長の競馬予想ブログ

【エプソムカップ2020】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2020/06/12

【エプソムカップ2020】予想考察|オッズと出走馬分析

本記事は東京競馬場・芝1800mで行われるエプソムカップ2020の予想考察に関する内容です。

出走馬はレイエンダ、サトノアーサー、アイスストーム、ピースワンパラディなどが予定。それではオッズと出走馬分析から予想のヒントを探して行きます。

【エプソムカップ2020】予想考察(オッズ・出走馬分析)

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 レイエンダ 3.9倍
2 サトノアーサー 4.8倍
3 アイスストーム 6.2倍
4 ピースワンパラディ 7.3倍
5 シャドウディーヴァ 9.5倍

 

1番人気は昨年の覇者で連覇を狙うレイエンダ

東京コースは得意としている条件で再び鞍上にルメール騎手を配置している点で勝負気配が濃厚。連覇で重賞2勝目となるか…?

 

2番人気は一昨年の覇者であるサトノアーサー

そのレース以降は勝ち切れない善戦続きだが、近3走は堅実な走りで復調気配。今回はレーン騎手との新コンビで久々の勝利となるか…?

 

3番人気はメイステークスの勝ち馬であるアイスストーム

東京コースの適性はピカイチで鞍上の武豊騎手との相性も抜群。今回は前哨戦の役割を担うメイSに続き連勝となるか…?

 

後は勢いのあるフレッシュな4歳勢からピースワンパラディに重賞でも実績のあるシャドウディーヴァなどに続く。

 

出走馬分析

・アイスストーム(武豊)

広くて直線の長い東京コースはベスト条件で前走は同条件で行われたメイステークスを勝利と満を持した参戦だが、前回に関しては鞍上が完璧すぎるエスコートをした点は否めず。

さらに5番人気で1着後とストレス疲労に一抹の不安が残る状況であることは気掛かり。今回は狙うべきタイミングとは少々ズレて積極的には買い辛い。

 

・アンドラステ(岩田望)

フレッシュな4歳馬でデビューから6戦とキャリアが浅い点も魅力的な材料のひとつで今回が初重賞挑戦。この停滞したメンバー路線の中では十分に狙う勝ちはあり、前走で控えて差す競馬をした点も魅力的な要素と考えてOK。ココは一気のメンバー強化ながらチャンスは大いにあるだろう。一発の警戒は必要だ。

 

・サトノアーサー(レーン)

近走はリステッド競走で勝ち切れない競馬続きだが、毎回堅実に自分の力を出し切る点は好印象で年齢を重ねてまとまり系になりつつあるイメージ。

そして、今回は条件戦を軽く負けてからの重賞挑戦と悪くないローテーションだが、鞍上がレーン騎手で人気をして表に出てくる点は現状の馬キャラを考えればマイナス材料のひとつ。

さらに同騎手は切れ味を引き出す素軽いディープインパクト産駒にはイマイチ合わない騎乗スタイルでこの鞍上強化が裏目に出る可能性も否めず。ココは期待値を考えれば過信は禁物だ。

 

・シャドウディーヴァ(デムーロ)

今年は年明けの東京新聞杯で2着に入選をしている実績からポテンシャルは今回のメンバーを相手にしても上位に匹敵するモノで近2走の凡走で人気が落ちる様なら狙う価値は大いにあるだろう。

現に2走前の阪神牝馬ステークスは激走後のストレス疲労による敗戦で前走のヴィクトリアマイルは超高速馬場+強敵で参考外。この相手関係で少々タフになりつつある今の東京の馬場なら巻き返しに期待が出来そうだ。

 

・ソーグリッタリング(藤井勘)

昨年のエプソムカップは道悪で超スローペースの展開である点を考慮すれば上々の3着であり、その後の成績からも今回のメンバーでは実績&ポテンシャルは上位の存在。

そして、今年は不利な大外枠から4着に敗れた京都金杯に勝ち馬から0秒0差である前回のメイステークスの内容から6歳馬ながら能力的な衰えは一切不要。ココは昨年のリベンジに警戒が必要になりそうだ。

 

・ダイワキャグニー(内田)

典型的なL系の馬で好走するには相手ダウンもしくは苦⇒楽のタイミングである必要があり、前回の新潟大賞典は金鯱賞を楽逃げした後に逃げれず大惨敗と酌量の余地があるモノ。

つまり、苦を経験して負けた後の今回は巻き返しに期待が高まるタイミングで逃げれば位置取りショックが掛かる絶好のパターン。後は単純なポテンシャル問題と得意とは言えない道悪をクリアすれば粘り込む可能性はありそうだ。

 

・ピースワンパラディ(津村)

デビューから全てで馬券圏内の成績が示す通りに堅実な成績の馬であり、近走は地味ながら骨っぽいメンバーを相手に差のない競馬とポテンシャルは今回の相手でも大きくヒケを取らないはず。

そして、梅雨の影響を受けた道悪馬場もタフな力の要る馬場の適性も高くこの時期の東京の芝はベスト条件。スムーズに力を出し切ればいきなり勝ち切る可能性も多いにありそうだ。

 

・レイエンダ(ルメール)

レイデオロを兄に持つ良血馬で昨年の覇者だが、お世辞にも高い抜けたポテンシャルがあると言い辛い存在で今回のメンバーを相手にしても決して絶大な信頼を置けることはないだろう。

そして、本質的にはL系の要素を多く含んだ馬でダービー卿チャレンジトロフィーを激走した後のローテーションは大きなマイナス材料。ココは鞍上がルメール騎手と言う事で穴人気を集めそうだが、過信は禁物だ。

 

【エプソムカップ2020予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

昨年は展開と馬場を考慮すれば酌量の余地はアリ。新たに乗り替わる鞍上とも手が合いそうで一発を期待する。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われるエプソムカップの予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに先週の主な的中は下記の通り。

【安田記念】
1着:◎グランアレグリア(3番人気)
2着:☆アーモンドアイ(1番人気)
3着:▲インディチャンプ(2番人気)

単勝(◎):1200円
馬連(◎☆):650円
馬単(◎☆):2840円
三連複(◎☆△):840円
三連単(◎☆△):11240円

 

 

【加古川特別】
1着:◎スズカフロンティア(4番人気)

単勝(◎):840円

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 


 

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約