りょう店長の競馬予想ブログ

【アーリントンカップ2019 予想】本命:ミッキースピリット

time 2019/04/13

本記事ではアーリントンカップ2019の予想を公開します。

阪神競馬場・芝1600mで行われるアーリントンカップは昨年から開催時期を4月に変更してNHKマイルカップの前哨戦として改められた1戦ですが、

その前年は3着に入選したレッドヴェイロンが次の本番でも3着に健闘するなどトライアルレースとしてキッチリと役割を果たしたイメージ。

そして、当レースで上位に入選したパクスアメリカーナ(2着)・インディチャンプ(4着)・ダノンスマッシュ(5着)の活躍を含め、

今後のスプリント~マイル戦線を展望する意味でも注目の重賞となりそうですが、今年の出走馬は昨年と比べると泥沼の差があり、お世辞にも豪華とは言えないメンバー構成…。

実際に人気の中心は昨年の勝ち馬であるタワーオブロンドンと同じルメール騎手×藤沢調教師のコンビで挑むフォッサマグナが濃厚であり、

それに藤原厩舎らしからぬイケイケのローテーションで参戦を表明したヴァンドギャルドとシンザン記念の勝ち馬のヴァルディゼールが続く形ですが、

正直な所で昨年と比較して相対的に1枚~2枚は落ちるメンバー構成でどの馬にもチャンスがありそうな大混戦ムード。

これは一筋縄では収まらない決着が濃厚であり、小波乱から中波乱の結末を迎える可能性は十分にありそうですね!

それでは大混戦のアーリントンカップ。今回は変に印を広げ過ぎずシンプルな印で購入する予定です!\(^o^)/

 

<土曜日のイチオシ!うま>

〝本日のイチオシ!うま〟陽春ステークス(阪神12R)のコノ馬!

▷ 【人気ブログランキング】

ここまでの生涯成績で距離短縮のローテーション時は(1-1-1-0)とパーフェクトの成績であり、短縮のショックが効果的に抜群に発揮される馬。

そして、今回はバウンド短縮で実績のある1200mに条件替わり。ここは行きたい馬が大勢いるだけにややポジションを下げる位置取りショックを込みで巻き返しを期待したい。

sponsored link

【アーリントンカップ2019】予想

予想と見解

本命:◎ミッキースピリット

ディープインパクト産駒の初重賞挑戦でやや勢いのインパクトには欠けるとはいえ、1着 ⇒ 3着 ⇒ 3着である着順の推移なら好リズムと考えてOK。

そして、3走前の未勝利戦はレコードを叩き出して勝利を収めるなどスピードの裏付けは十分であり、今の阪神の高速馬場にも対応は可能。

さらに2走前の白梅賞はタフな京都の馬場で先行して早めにタニノミッションにマークされる厳しい展開にも掛からわず最後まで渋く食い下がり3着する好内容であり、

勝ち馬のエメラルファイト(次走でニュージーランドトロフィーを制覇した馬)にクビ差ならポテンシャルの証明としては十分過ぎる結果。

つまり、今回の低レベルなメンバー+上位人気勢がやや怪しいタイミングである点を考慮すればコノ馬に出番があっても驚けない状況。ここは最内枠から一発を期待する。

 

対抗:◯人気ブログランキング

3走前の新馬戦は後に毎日杯で楽々と逃げ切り勝ちを収めたランスオブペラーナに0秒4差を付ける大楽勝であり、ポテンシャルの証明としては十分過ぎる内容。

そして、2走前の共同通信杯は対戦メンバーが強すぎる上に正攻法の強気のレースメイクをして逆噴射と参考外の1戦だが、

前走の自己条件戦はそこそこの実力を秘めたタニノミッションに0秒4差を付ける完勝と改めて高い能力を示したレースであり、ここのメンバーの中なら能力は最上位の部類。

スムーズに競馬が出来れば順当に確率が高いのはコノ馬であり、対抗の印ながら人気次第では単勝も押さえたい1頭だ。

 

消:ヴァンドギャルド

鮮度が命のディープインパクト産駒である点を考えると5戦連続での重賞挑戦は大きなマイナスポイントであり、前回よりパフォーマンスを下げると考えるのが定石。

さらに近走で本賞金を加算できずNHKマイルカップの出走が危ぶまれている状況がゆえに藤原厩舎らしからぬイケイケのローテーションだが、

これに関してはお世辞にも良いとは言えず、単純に状態面の上積みも前走と比べて疑問が残る状況。

ただ、今回は相手関係が弱すぎることで相対的に上位に入選する可能性は無きにしも非ずだが、期待値を考えれば消しの評価が妥当。さすがに勝つことは無いと見ているが…。

 

印のまとめ

◎ミッキースピリット
人気ブログランキング

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第79回 皐月賞(G1)>

自信の本命馬×とっておきの激走穴馬
+マル秘情報を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の牡馬クラシック路線は“混戦”なのか“1強”なのか。皐月賞を考える上で、これが1つの重要なテーマとなる。

共同通信杯でも2歳王者アドマイヤマーズに初めて土がつき、弥生賞やスプリングSといったトライアルでは伏兵が勝利と、前哨戦では断然の主役と言えるパフォーマンスを見せた馬がおらず、この流れから見れば“混戦”と言えるだろう。

一方、暮れのホープフルSで圧巻のパフォーマンスを見せたサートゥルナーリアの“1強”と考える人間は少なからずいる。確かに、ノーステッキでの勝利には底知れぬモノを感じさせるものがあった。だが、ホープフルSで負かした馬達は、その後の成績が今ひとつであり、関係者の間ではレースレベルを疑問視する声も存在する。時計面での裏付けがなく、ブッツケでのGI挑戦、ミルコからルメールへの乗替りと、未知な面は多い。

皐月賞を的確にジャッジするためには、確かな情報力が必要になることは間違いない。

しかし、本物の関係者情報を一般ファンの方々が入手することはまず不可能だ。なぜならば、新聞や雑誌、ネット上に流れる情報には、残念ながら陣営の本音や核心の部分が公表されていることがほとんどないからだ。誰の目にも触れることができるところに本音を出す事など、陣営にとっては一銭の得にもならず、デメリットにしかならない。

実際、1987年に皐月賞を勝利した名馬サクラスターオーを管理していた、重賞メイン特捜部の最高責任者を務める平井雄二元調教師は、「弥生賞を勝った後からもの凄く良くなった。順調過ぎるくらいで、誰が乗っても勝てるんじゃないかと思っていた。新聞社連中には言わなかったが、他の馬の強気な記事を見て『ウチの方が何倍もいい』と胸の中では思っていたんだよ」と、本当に親しい人たちだけにしか本音は伝えず、マスコミには自信のほどをひた隠しにしていたと振り返る。今の昔も、敢えて他陣営からのマークがキツくなるようなコメントを、公に出すことは稀だ。

特にGIは一般マスコミなどの取材が増える分、世間に出る情報量は圧倒的に多くなり、その分、役に立たない情報も蔓延しているということになる。そんな情報をアテにしていては、なかなか的中馬券にたどり着けないのも当然だろう。

シンクタンクには現役関係者の大先輩にあたる人物や、現役大物関係者が多数情報ルートとして在籍しているから、関係者から『本音』を聞き出せる情報収集態勢が整っている。

既に皐月賞に関する情報が色々と入ってきているが、おおよその結論は出ており、あとはレース当日までしっかりと裏付けを取る段階に入っている。そこで、今週はまだ弊社の情報を利用したことがない方を対象に、皐月賞の【◎-穴1点馬券】を特別に無料公開する。ぜひとも本物の関係者情報を知って、馬券を買っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約