りょう店長の競馬予想ブログ

【アハルテケステークス2019 予想】本命:ナムラミラクル

time 2019/06/22

本記事ではアハルテケステークス2019の予想を公開します。

東京競馬場・ダート1600mで行われるアハルテケステークスは宝塚記念の前日に開催されるオープン特別としてお馴染みの1戦ですが、

戸崎騎手が大活躍をしているイメージのあるレースであり、現在は6年連続で連対する結果で成績にすると(4-2-0-0)と異常な数字。

そして、今年その戸崎ジョッキーが騎乗するのはワンダーリーデルは正直な所で適性距離からはひとハロン長い印象は否めずとはいえ、

この頭数でコノ枠なら鞍上の手腕で誤魔化しは十分に聞くはず。今回はミスターアハルテケ男(戸崎騎手)の手綱裁きにも注目ですね。

それでは土曜日の東京メインのアハルテケステークス。明日の宝塚記念の軍資金を確保すべく藤懸騎手を全力で応援するつもりです!\(^o^)/

 

<土曜日のイチオシ!うま>

〝本日のイチオシ!うま〟湯川特別(函館10R)のコノ馬!

▷ 【人気ブログランキング】

停滞した低レベルなメンバー構成で活力のある3歳馬であり、スタミナが豊富な血統背景から函館の洋芝は歓迎のクチ。今回は持ち味を活かす積極策で粘り込みを期待する。


 

おはようございます、りょう店長です。

先週は薬物の問題でドタバタした土日の競馬となりましたが、今週はその影響もなく無事に開催。まずは何よりですね。

そして、今週末は上半期を締め括る宝塚記念。少頭数ながら豪華なメンバーで争われるGⅠだけにどのような結末を迎えるのか?当日が非常に待ち遠しいですが、

まずは本日の土曜日競馬。明日の軍資金をシッカリと確保するべく全力で頑張りたい所です!\(^o^)/

sponsored link

【アハルテケステークス2019】予想

予想と見解

本命:◎ナムラミラクル

昨年は同舞台で行われた武蔵野ステークスで3着に入選する実績を含め、地味ながら高いポテンシャルを秘めた馬であり、

使い詰めの疲労が一気に放出された前回の惨敗を除けば常にコンスタントな結果を残している。

つまり、今回のメンバーの中でも能力は最上位の部類で凡走後で全てを吐き出した後のココは巻き返し期待値が高い絶好のタイミング。

後は鞍上に一抹の不安が残るとはいえ、コノ馬とは手があるイメージで特に気にする必要はなし。スムーズな先行策で巻き返しを期待する。

 

対抗:◯人気ブログランキング

本質は1400mの方がベターだが、バウンド延長のローテーションで先行する位置取りショックを仕掛ければ耐えれるだけの下地は十分にある。

実際に2走前のフェブラリーステークスは強豪を相手に9着に粘り込んでいる実績を含め、距離は守備範囲。

今回は引き続き鞍上となるミスターアハルテケの一押しも込みで馬券圏内を期待する。

 

番手:▲イーグルバローズ

気性面にムラのある馬で勝つか負けるかという極端な成績が示す通り、ピンかパーのタイプだが、力さえフルに出し切ればオープンでも十分に通用する逸材。

そして、今回は少頭数の外枠と出遅れ癖+揉まれ弱いコノ馬には絶好の条件。ここは外からスムーズな競馬で順当な結果を期待する。

 

4番手:☆ゴライアス

近走はダートの中距離で実績を残している馬だが、ゴールドアリュール産駒なら距離短縮の1600mが大きなマイナスになることはないはず。

そして、停滞したメンバーで連勝中+格上げ戦の鮮度が活きる状況。ここは内枠からスムーズな逃げで粘り込みを期待する。

 

相手に関しては手広く攻めて中波乱を狙うつもり。今回こそは上手く引掛かり高配当をゲットしたい所です!(^-^)

 

印のまとめ

◎ナムラミラクル
人気ブログランキング
▲イーグルバローズ
☆ゴライアス
△プロトコロ
△イーグルフェザー
△サトノアッシュ
△ローズプリンスダム
△レッドゲルニカ
△タガノディグオ

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第60回 宝塚記念(G1)>

毎回高確率で馬券になる
「宝塚記念はこの5頭!」
元調教師が無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年は海外という選択肢が増え、ノーザンファームを筆頭に大手生産者グループの使い分けなどの事情により、GIにしてはメンバーが寂しくなるレースもしばしばある。しかし、今年の宝塚記念は、ファン投票1位のアーモンドアイの出走こそないものの、レイデオロ、キセキ、アルアインと言った投票順位上位の馬達も参戦を予定し、メンバーの半数近くがGI馬と中々のメンバーが顔を揃えることになった。その分、馬券的な面白さは増大、ひと筋縄ではいかないレースとなった言えるだろう。

そもそも、近年の宝塚記念は1番人気が4連敗中であり、去年のサトノダイヤモンドは6着、一昨年はキタサンブラックまで9着に敗れており、世間では軽視されがちな“伏兵”の一発がよく見られる。去年は10番人気の本命ワーザーから馬連9200円的中を仕留めているが、勝ったのも7番人気ミッキーロケットと人気薄同士での決着。香港馬の確かな情報は世間一般の人間が入手することはまず不可能であり、シンクタンクの情報力が大きく発揮されたレースと言えよう。

実は、伏兵が台頭し続ける近年でも、勝ち馬を見るとある共通点が浮かび上がる。それは、勝ち馬が全てノーザンファーム生産馬ということ。今年もレイデオロ、アルアインといった有力馬を送り込むだけに、その思惑が重要なポイントの1つとなることは間違いない。

しかし、その思惑を知ることは、トレセン内の取材だけでは困難。リーディングの常連、池江泰寿調教師が今の競馬を「良いセンタリングを上げるのが牧場、シュートを決めるのが厩舎」と例えていたとの話があるが、“外厩仕上げ”が当たり前となっているにも関わらず、外厩は一般マスコミにとって取材外の範囲なのだ。一方、早くから外厩の重要性に注目していたシンクタンクは、外厩情報ルートを強化し続けており、その筋からの情報もしっかりと入ってきている。

無論、競馬は『外厩情報を知っていれば的中する』という短絡的なものではないから、これまで通り騎手、厩舎からもしっかりと話は聞き出し、馬主情報の入手にも余念はない。北海道シリーズが始まり、そちらに人員が割かれて人手不足にあえぐ一般マスコミとの差はますます大きくなっている。だからこそ、去年も馬連9200円の高配当的中をお届けすることができたのだ。

実は、今年も“人気の盲点”となるであろう馬を既にマーク済み。この馬が高配当の肝となることだろう。そこで、今週の宝塚記念では、この馬を含めた【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。その他にも、ホームページ内【GI特集】にて馬券的中に役立つ情報を多数公開する。馬券を買うなら必見の情報ばかり、コレはお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約