りょう店長の競馬予想ブログ

【かしわ記念2019】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2019/05/05

今回は【かしわ記念2019】予想考察|オッズと出走馬分析についての記事です。

船橋競馬場・ダート1600mで行われるかしわ記念はゴールデンウィークを締め括るお馴染みの地方交流のGⅠレースであり、

今年はフェブラリーステークスで激闘を繰り広げたインティとゴールドドリームの再選が見物となりそうですが、今回はどちらに軍配が上がるのか?注目ですね。

そして、その他のメンバーを見ると近走でやや復調気配を見せるモーニンを含め、地方勢のキタサンミカヅキが逆転候補として期待をされそうとはいえ、

正直な所で上位の2頭との力の差は歴然であり、アクシデントでも発生しない限りはガチンコ勝負を挑んで逆転することは至難の業。

つまり、ここは上位2頭のワンツーフィニッシュは致し方ない可能性が高く、3着馬を当てるレースとなりそうですね!

ちなみにその様な見立てで挑んだ先日の兵庫チャンピオンシップはキッチリと1・2着の馬を当てるも3着に地元兵庫から参戦した大穴の馬が入選…。

結果的に馬券を外す羽目になりましたが、今回に関してはキタサン以外の地方勢が食い込むことはないと考えてOK。ベースとしては中央馬を基本で組み立てたい所です!

それでは各馬をシッカリと分析して3着候補をジックリと探して行きたいですね!\(^o^)/

sponsored link

【かしわ記念2019】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 インティ 2.0倍
2 ゴールドドリーム 2.5倍
3 モーニン 12.5倍
4 キタサンミカヅキ 18.6倍
5 オールブラッシュ 25.9倍

 

1番人気は8連勝でGⅠの2勝目を狙うインティ

2走前の東海ステークスを異次元の時計で逃げ切ると前回のフェブラリーステークスも楽々と逃げ切る完勝。

ここは新たなダートチャンピオンの誕生と考えるのが濃厚であり、今回もスムーズな競馬が出来れば大崩はないはず。

 

2番人気は高いレベルで安定感が増しているゴールドドリーム

近走は舞台設定を問わずコンスタントな走りを披露している馬であり、ここも順当に力を出せば上位争いは可能。

さらに絶好調のルメール騎手が鞍上となれば不発に終わることもないだろう。ここはフェブラリーステークスと同様に直線ではデッドヒートが見れそう?

 

3番人気は近走で復調気配を見せるモーニン

今年で7歳を迎える高齢馬ながら近走はフェブラリーステークスで僅差の4着に入選するなど復活の気配。

ここは上位の2頭が抜けた雰囲気があるとはいえ、噛み合えば割り込める可能性は僅かながらありそう…。

 

後はマイルの距離には一抹の不安が残るキタサンミカヅキとトリッキーな競馬で時より場内を沸かせるオールブラッシュなどに続く。

 

出走馬分析

・キタサンミカヅキ(森泰斗)

今年で9歳を迎えるおじさんランナーながら近走の充実度は目を見張るモノがあり、完全に今が充実期と考えてOK。

そして、前走の東京スプリントは不良馬場のダートで突如2番手に付けるレース運びからの完勝と鞍上のファインプレーも光りお見事な勝利だが、

負かした相手がコパノキッキングである点を考えれば展開や馬場を味方に付けた点を考慮しても好内容で非常に強い競馬。

つまり、ここも今の充実度とポテンシャルを考えれば上位の部類であり、後は久々のマイル戦に対応すれば馬券圏内のチャンスは十分にあるだろう。

 

・モーニン(和田)

コチラも今年で7歳を迎えるおじさんランナーであり、一時期は不振が続きそのまま衰退をしそうな雰囲気が漂っていた点は否めないが、

4走前にスプリント戦を使い再び闘志が点火。そこから2走前の根岸ステークスとフェブラリーステークスで4着に入選した内容を含め、完全に復調していると考えてOK。

つまり、ここも順当に力を出せばインティとゴールドドリームの次に入選できる可能性が高く、3着候補としては最有力候補。

後は近走で激走を続けているストレス疲労が出そうなタイミングである点は否めないが、リズム重視のダート重賞なら杞憂に終わるはず。

 

・インティ(武豊)

2走前の東海ステークス(中京ダート1800m)では1分49秒8という異次元の時計で完勝するハイパフォーマンスを披露。

そして、続く前走のフェブラリーステークスもマイペースの逃げに持ち込むとそのまま直線でも脚色が衰えず着差以上の完勝。改めて新ダート王者の誕生を予感させるレースぶり。

つまり、近走の充実度と単純なポテンシャルを見る限りは今回のトリッキーな船橋ダート1600mの条件とはいえ、それだけでガタっと崩れるようなことはないはず。

ここは名手の武豊騎手が刻むペースなら簡単にコノ馬を交わすことは出来ないだろう。改めてコノ馬の力を見せ付ける競馬で新時代のダートチャンピオンに名乗りを挙げて欲しい。

 

・アポロケンタッキー(戸崎)

前走のダイオライト記念は2着に健闘しているとはいえ、勝ち馬から0秒8差を付けられる完敗であり、近走の内容から衰えは顕著。

さらにパワー型のスタミナ馬である点から距離がマイルに短縮される点は大きなマイナス要素。ココは軽視が妥当だろう。

 

・ドリームキラリ(坂井)

前走のオアシスステークスは59キロのハンデを背負いながらもマイペースの逃げで2着に粘る大健闘。

そして、過去の実績から自分のリズムで逃げを打てば相当に粘り強さを見せる馬であり、今回も外枠からその展開に持ち込める可能性は大。

つまり、逃げ残りには警戒が必要な局面だが、ここは2番手にインティが付けそうで終始プレッシャーを受ける厳しい展開にることが濃厚。

その点を考えると今回ばかりはスムーズに逃げたと仮定してもポジション的には最もキツイ場所になりそうな予感が…。

 

・オールブラッシュ(田辺)

前走のダイオライト記念は完璧な騎乗で単騎の逃げを打つも最後は勝ち馬から0秒9差を付けられた3着と完全にポテンシャルの差が出た形。

そして、コノ馬に関しては正直な所で「強くない」という所が本音であり、今回のメンバーの中に入れば地力で馬券圏内に来るのは至難の業。

ここは近走の良い成績で売れる様ならバッサリと軽視して飛ぶ方に掛けて妙味を生み出したい所です。

 

・ゴールドドリーム(ルメール)

以前はムラのある馬で好走条件が限定されるような馬であり、お世辞にも一流のダート馬とはいえないタイプだったが、

近走は地方・中央・距離を問わずコンスタントに堅実な走りを披露しているレースぶりから一線級のダート馬の仲間入りを果たしていると考えてOK。

つまり、今回の船橋ダート1600mという舞台設定を苦にすることもなく自分の力はキッチリと出して来るはずだが、

近走は良い意味でまとまりの要素が出ている印象は否めず、勝ち切るかと言われれば微妙な所。ここは意外とコノ馬を2・3着に付ける馬券なども面白そうですね。

 

【かしわ記念2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

今回はゴールドドリームとインティの2頭での決着が濃厚だが、この2頭で1着を取る可能性が高いのはコチラ。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

初めまして!

馬券歴10数年、馬主歴3年のマサと申します。

北海道のセリや一口クラブの募集馬見学ツアーに参加するのが趣味です。

2019ドバイ・メイダン競馬場で開催されたドバイWCデーにも参加してきました!\(^o^)/

馬主ならではの視点で重賞予想を中心に配信する予定です。
よろしくお願いします!

 馬主の競馬生活を見る(毎週無料)

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約