この度はりょう店長の競馬新聞(完全版)にご興味を持ち頂きありがとうございます。

コチラはブログや無料のメルマガでは書き切れない週末のフル予想をお届けするコンテンツとなります。

ぜひ、この機会に1度は騙されたつもりでご購読して頂き、りょう店長の予想メソッドをご体験して貰えると幸いです!m(__)m

 

まずは、2019年の主な実績を御覧ください。

【安田記念】
1着:◎インディチャンプ(4番人気)
2着:◯アエロリット(3番人気)
3着:・アーモンドアイ(1番人気)

単勝(◎):1930円
馬連(◎◯):5670円
ワイド(◎◯):1460円

 

【宝塚記念】
1着:◎リスグラシュー(3番人気)
2着:☆キセキ(1番人気)

単勝(◎):540円
馬連(◎☆):970円
馬単(◎☆):2210円
ワイド(◎☆):340円


 
【函館記念】
1着:◎マイスタイル(1番人気)
2着:☆マイネルファンロン(9番人気)
3着:▲ステイフーリッシュ(3番人気)

単勝(◎):500円
馬連(◎☆):3870円
ワイド(◎☆):250円
ワイド(◎▲):870円
ワイド(☆▲):2040円
三連複(◎☆▲):10240円

 

【マイルチャンピオンシップ】
1着:◎インディチャンプ(3番人気)
2着:☆ダノンプレミアム(1番人気)
3着:◯ペルシアンナイト(6番人気)

単勝(◎):640円
馬連(◎◯):860円
ワイド(◎◯):1090円
三連複(◎◯☆):3200円


 

【有馬記念】
1着:◎リスグラシュー(2番人気)
2着:△サートゥルナーリア(3番人気)

単勝(◎):670円
馬連(◎△):2990円
馬単(◎△):6130円

 

そして、2020年は初日から大的中!

【京都金杯】
1着:◎サウンドキアラ(3番人気)
2着:▲ダイアトニック(2番人気)
3着:△ボンセルヴィーソ(14番人気)

単勝(◎):550円
馬連(◎▲):1260円
三連複(◎▲△):21910円

それではりょう店長の競馬新聞(完全版)の配信内容とコンセプトをご覧ください。

 

配信スケジュール

競馬開催日

【重賞の予想見解&買い目をフル公開】

【平場&特別戦の単複予想&厳選レース予想をフル公開】

コチラは最大の見せ場となる週末の予想。

適当に印を出すだけではなくなぜその馬を狙うのか?どのような買い目で勝負をするのか?をお届け致します。

特に単複予想については丸乗りでもOKですし、アレンジで馬連の軸や三連複の2列目に入れて頂くなど使い方は多種多様。ぜひ上手く活用をして頂ければ幸いです!m(__)m

 

地方競馬

【地方交流重賞の予想見解&買い目をフル公開】

近年は波乱傾向にある難解な地方交流重賞の予想もりょう店長にお任せください!

 

そして、最も肝心な料金は1,980円(税込)/月 となります。

この価格をどう判断されるか難しい所ですが、個人的にはギリギリの所まで引き下げた印象であり、

実際に細かく計算すると1ヵ月=約4週間で1,980円(税込)ですから1週間の購読料は495円です。

さらに毎週(土曜日の予想・日曜日の予想)と2回の配信があることを考えると1記事は248円になります!

色々な競馬の有料系のコンテンツを知っていますが、買い目だけの中身がペラペラの薄いモノで月々1万円などがザラにある業界。

その中でりょう店長の競馬に対する知識をフルに配信するマガジンは適正価格と認識しています。

 

最後に配信者として読者の方に満足して頂ける面白い中身のあるコンテンツであり、

馬券的中に繋がる妙味ある予想、ロジカルで斬新な切り口からの予想見解を提供できる自信はあります。

 

そして、強制的に入会して頂くモノではございませんが、りょう店長の考え方に共感して頂いている方を含め、

今までよりも深く競馬を楽しみしたい方などにはオススメさせて頂きたいコンテンツとなります。

それでは次回はりょう店長の競馬新聞(完全版)でお会いできることを楽しみにしています!\(^o^)/

 

りょう店長の競馬新聞(完全版)の購読方法

クレジット決済を希望の方はコチラ

⇒ りょう店長の競馬新聞(完全版)@購読はコチラから

※購読日から1ヵ月のご購読となります。(例:6月5日に登録⇒7月5日まで購読が可能)

※その他のご不明な点はギャンマガサポートサイトにお問い合わせください。

 

銀行振込を希望の方はコチラ

■2020年有馬記念迄(1年)コース 
価格20,000円(税込)
 りょう店長の競馬新聞2020年有馬記念迄(1年)コース(完全版)@購読はコチラから
※長期購読の特典で約1か月分の割引価格でご提供中。

■2020年宝塚記念迄(半年)コース 
価格10,000円(税込)
⇒ りょう店長の競馬新聞2020年宝塚記念迄(半年)コース (完全版)@購読はコチラから