りょう店長の競馬予想ブログ

【高松宮記念2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2018/03/20

今回は【高松宮記念2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

中京競馬場の芝・1200mで行われる高松宮記念ですが、

予想の上で重要になるのが〝馬場の見極め〟にあると見ています。

本当に中京の芝は馬場読みが難しくその日その日で状態が変わるようなイメージ。

ちなみに先週のレースを見ているとフラットでやや内目が有利の馬場に見えますが、

今週は月~木曜日まで雨予報でありこの点が馬場にどの様な影響を与えるか…。

土曜日のレースをシッカリと見た上で馬場を見極めたいですね!(^o^)/

それでは過去の傾向とデータ分析から予想のヒントを探して行きましょう!

 

ちなみに本日、地方競馬で行われる黒船賞と盛春賞の予想は既に公開しています。

⇒ 【黒船賞2018予想】ブルドックボスから勝負!

【盛春賞2018予想】愛馬・ジャスパーゲランが出走!

参加される方はご参考程度に目を通して頂ければ幸いです!m(__)m

sponsored link

【高松宮記念2018】予想考察

<過去の傾向とデータ分析>

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2017】
1着:⑥セイウンコウセイ(シルクロードS:2着)
2着:③レッツゴードンキ(京都牝馬S:2着)
3着:⑦レッドファルクス(香港スプリント:12着)

【2016】
1着:④ビッグアーサー(シルクロードS:5着)
2着:⑥ミッキーアイル(阪急杯:1着)
3着:⑧アルビアーノ(オーシャンS:5着)

【2015】
1着:④エアロヴェロシティ(チェアマンズS:2着)
2着:⑮ハクサンムーン(オーシャンS:2着)
3着:⑯ミッキーアイル(阪急杯:2着)

【2014】
1着:⑤コパノリチャード(阪急杯:1着)
2着:⑰スノードラゴン(オーシャンS:2着)
3着:⑨ストレイトガール(シルクロードS:1着)

【2013】
1着:⑪ロードカナロア(阪急杯:1着)
2着:⑫ドリームバレンチノ(シルクロードS:1着)
3着:⑬ハクサンムーン(オーシャンS:9着)

 

<レース展望>

短距離の重賞レースの際はいつも書いている事ですが、

近年のスプリント界は〝非常に低レベル〟です。

レベルが低いゆえに毎回レースが行われる度に勝ち馬がコロコロ変わる状況。

実際に高松宮記念のステップレースとして行われた3レースの結果を見ても…

【シルクロードS】
1着:①ファインニードル(4番人気)
2着:⑦セイウンコウセイ(5番人気)
3着:④フミノムーン(15番人気)

【オーシャンS】
1着:⑦キングハート(10番人気)
2着:⑬ナックビーナス(2番人気)
3着:ダイメイフジ(1番人気)

【阪急杯】
1着:⑬ダイアナヘイロー(7番人気)
2着:⑰モズアスコット(1番人気)
3着:⑥レッドファルクス(2番人気)

1番人気の馬が力の違いを見せて勝利したシーンは1度もなく勝ち馬は4番人気・10番人気・7番人気と全て人気薄。

この結果が低レベルで圧倒的な王者が不在である今のスプリント路線の現状。

実績面だけで見ればレッドファルクス(7歳)・レッツゴードンキ(6歳)の昨年の2・3着馬が抜けていますが、

個人的には年齢を含め嫌いたい所が数点あり積極的には買い辛い印象。

現段階ではこの2頭に本命を打つ事は無いと見ていますが、

他に買いたい馬がいないのも本音…。

まずは1週間ジックリと考えて最終的には馬場も含めて結論を出したいですね!(^o^)/

それでは過去のデータと傾向の分析に移ります。

 

<王道・トライアル組が有利!>

基本的に高松宮記念のステップレースとして王道路線はシルクロードS・阪急杯・オーシャンSですが、

前走で上記の3レースに出走していた馬の成績は下記の通りになります。

シルクロードS ⇒(2-1-1ー10/14)

阪急杯 ⇒(2-1-1-22/26)

オーシャンS⇒ (0-2-2-26/30)

このデータを見ると過去5年で馬券圏内に来た15頭の内12頭が上記のステップレースを経ての参戦。

特に前走・シルクロードS組に関しては出走頭数を考えると非常に優秀な成績。

今年も登録している日本馬の22頭中17頭が上記のレースからの出走ですが、

全て買う訳にも行かずその中から取捨選択が必要。

その辺りは次の要点の所で詳しくお話しします!(^^♪

 

ちなみに過去5年の前走・レース別成績はコチラ。

実際に上記で書いた3レースが総合的には優秀な成績。

今年も〝シルクロードS・阪急杯・オーシャンS〟から参戦する馬には警戒したい所です。

 

<前走・重賞で3番人気以内の馬が狙い目?>

近年の高松宮記念で馬券に絡んだ馬の傾向を調べると…

15頭中10頭が〝前走・重賞レースで3番人気以内に支持されていた馬〟でした。

実際にそのデータはコチラ。

前走・重賞レースに出走して1番人気に支持された馬の成績は(2-3-1-7/13)と複勝率46%の優秀な成績。

次は2番人気、その次は3番人気と〝前走で人気になっている馬ほど好成績〟を収めています。

ですが、今年はそれに該当する馬がレッドファルクス(2番人気)・ナックビーナス(2番人気)・ソルヴェイグ(2番人気)の3頭のみ。

1番人気が予想されるレッドファルクスは当然ながら注目を集めますが、

ナックビーナスやソルヴェイグは現段階で伏兵の穴馬の立場。

これらの馬が馬券圏内に絡めば配当妙味も十分にあるだけに警戒が必要ですね!(^o^)/

 

【高松宮記念2018予想考察】のまとめ

<現段階の注目馬>

最後に現段階の大穴馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走は最下位に大敗しているが、

休み明け・1400mの距離でコントロール不能になり暴走気味に先行しての結果とノーカウントでOK。

今回は前回で先行した事が偶然の布石となり差しに回れば位置取りショックが掛かる絶好のタイミング。

2走前にも同じ臨戦で鮮やかに突き抜けているだけにその再現を期待したい。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

コチラではブログで書ききれない平場・特別レースの予想&馬券の買い目を配信中!

ご興味のある方は下記より購読登録をお願い致しますm(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<<第48回 高松宮記念(GI)>>

先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の最優秀短距離馬・レッドファルクスに、前年覇者セイウンコウセイ、15年桜花賞馬レッツゴードンキ、17年桜花賞馬レーヌミノルといったGI馬だけでなく、前哨戦を制したファインニードル、ダイアナヘイロー、キングハートといった有力馬達が参戦し、ほぼ国内スプリント路線のベストメンバーが揃った印象だが、そこにスプリンターズSで5着、香港スプリントでも3着と健闘した香港馬・ブリザードが加わり、馬券的には見どころ満載の1戦になることはまず間違いない。

マスコミの報道は“大混戦”を煽り立てることは必定。特にGIでは全く勝負にならないような馬でも「絶好調!」「一発ある!」などという無責任な情報が流布することはよくあることで、そんな情報を頼りに馬券を買っていては、的中に近づけることはできない。まさに“運頼み”としか言いようのない状況となるだろう。

しかし、当社シンクタンクには元調教師・元騎手を筆頭に、競馬界の内部に精通する人物が情報ルートとして在籍。騎手、厩舎はもちろんのこと、馬主、生産者、エージェントといったあらゆる関係者から話を聞き出せる情報網を持っている。嘘か真か不明瞭な情報が錯綜するGI競走において、この情報力の差がもたらす影響は極めて大きいと断言できる。

実際に、昨年のスプリント重賞では、CBC賞で穴馬セカンドテーブル(13番人気2着)の激走情報を掴み馬連1万8380円的中。キーンランドCでは、激走穴馬エポワス(12番人気1着)を本命に指名し3連単11万4130円的中と、当社の情報力が遺憾なく発揮されている。

実は、今年の高松宮記念でも上記のような”激走穴馬”の存在をマーク済み。馬券に絡むようならば、10万馬券オーバーの高配当になる可能性も十分にある。そこで、今週は特別も特別に、当社シンクタンクがお届けする高松宮記念の【3連単勝負馬券】を無料公開する。競馬関係者から、確かな情報を入手できるプロの買い目を、是非とも身をもって体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

----------------

sponsored link

コメント

down

コメントする




スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約