りょう店長の競馬予想ブログ

【高松宮記念2017】予想考察~後編~

time 2017/03/22

今回は中京競馬場、芝1200mで行われる高松宮記念2017の予想考察~後編~を行います。

シュウジ・セイウンコウセイ・ソルヴェイグ・トーキングドラム・ヒルノデイバロー・フィエロ・メラグラーナ・レッツゴードンキ・レッドファルクスなどが出走予定のGⅠ戦です。

 

【高松宮記念】予想考察

前走データ

脚質データ

出走馬分析~後編~

ヒルノデイバロー

ダートで実績がありながら去年のシルクロードステークス以来、芝を使い出して8戦目の前走で初めて馬券圏内とようやく結果を出した。

近走の内容を見てもテンからのスピードが無く1200mだと追走が忙しく位置取りが後ろになり過ぎる点がネックで現状は1400mがベスト。今回も去年と同様に高速馬場なら物理的に届かないレースになりそう。

 

フィエロ

8歳ながら今回が初めて1200mに距離を短縮しての臨戦。これだけ手薄なスプリント路線ならマイルで一線級を相手に戦ってきた同馬ならいきなり互角以上に戦えても不思議ではない。

調教は基本的に参考にはしない派だが、1週間前の調教では栗東・坂路4Fで49秒2の猛時計をマーク。上りは13秒2と掛かっているが今回を見据えて前半からスピードに乗せる調教過程を踏ませている点はさすがの藤原調教師。高速馬場の適性も高く今回は十分に狙ってみたい1頭。

 

メラグラーナ

近走で大きく崩れたのが超道悪の特殊馬場で行われた京阪杯だけで他では確実に末脚を発揮して堅実な競馬を続けている。前走も前哨戦のオーシャンステークスをキッチリ快勝して満を持して今回への参戦。

これだけ停滞しているスプリント界ならこの勢いのまま頂点を取る可能性も十分に考えられるが、近2走のラピスラズリーステークス&オーシャンステークスは勝たないと今回への出走が微妙な状況で体重を18キロ減らしてメイチの仕上げをしている点で今回更なる上積みがあるかは少し疑問・・・。

 

レッツゴードンキ

桜花賞を超スローペースで逃げ切り後は勝てない競馬が続き戦法・条件で色々と試行錯誤を繰り返したが、近走は短距離で追い込む競馬が板に付いてきた。前走の京都牝馬ステークスではその成果が見事に結果として表れる大外から鮮やかな差し切り勝利。

昨年の高松宮記念も直線でスムーズな内容なら5着以内は考えられたような競馬内容とこの条件の適性は意外と悪くないはず。展開次第ではチャンスは十分にある。

 

レッドファルクス

去年はCBC賞&スプリンターズステークスを見事に連勝で香港スプリントに挑むも当然のように歯が立たずに惨敗。さすがに日本のスプリントのチャンピオンなら勝ち負けは厳しいとはいえ5着前後には来れるのが例年のレベル。この結果からも今の日本のスプリント界のレベルの低さを象徴している。

とは言え今回も非常にレベルの低いメンバーで実績のある休み明け&高速馬場と悪くない条件設定。前走の大敗で人気が落ちるようなら割と期待値は高いはず。


 

【無料メルマガ】のご案内

ブログでは書ききれない平場予想・WIN5予想などを無料メルマガで配信中!

りょう店長の競馬新聞=りょう店長が発行する競馬新聞を読むイメージで微力でも予想の際に利用して頂ければ幸いです。

気になる方はぜひこの機会にご登録をよろしくお願いします!
下記のフォームから手軽にお申込み可能です!(^^)!

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

down

コメントする




りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

~人気ブログランキング~

当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
 
競馬ブログが多数参加しているので参考になるブログも盛り沢山!
 
下記のバナーからご覧いただけます(^^♪
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

sponsored link