りょう店長の競馬予想ブログ

【金鯱賞2017】予想考察~前編~

time 2017/03/07

今回は中京競馬場、芝2000mで行われる金鯱賞2017の予想考察~前編~を行います。

ヤマカツエース・ステファノス・ルージュバック・プロディガルサン・サトノノブレス・リアファル・ヌーヴォレコルト・タッチングスピーチ・ヒストリカル・パドルウィール・ロードヴァンドールなどが出走予定のGⅡ戦です。

 

【金鯱賞】予想考察

登録馬一覧

アングライフェン 56.0
サトノノブレス 56.0
スズカデヴィアス 56.0
ステファノス 56.0
タッチングスピーチ 54.0
トウシンモンステラ 56.0
ナスノセイカン 56.0
ヌーヴォレコルト 54.0
パドルウィール56.0
ヒストリカル 56.0
ヒットザターゲット 56.0
フルーキー 56.0
プロディガルサン 56.0
ヤマカツエース 57.0
リアファル 56.0
ルミナスウォリアー 56.0
ルージュバック 55.0
ロードヴァンドール 56.0

レース傾向


開催時期が変更になり今年から3月に施行され大阪杯のステップレースの位置付になりました。自分が競馬を見始めた頃は宝塚記念のステップレースでそこから有馬記念のステップレースになり今回に至ります。今回は名前こそ金鯱賞に替わりましたが時期・距離・コースは中日新聞杯と全く同じで傾向はそちらを参考に。

ちなみに中日新聞杯はディープインパクト産駒が3連覇中・・・。マーティンボロ・ディサイファ・サトノノブレスなどパワー型のキレないがバテないディープ産駒の好走が目立っています。

出走馬分析~前編~

ヤマカツエース

イマイチ走り時が掴めずベスト条件が分からない馬ですが2走前に同舞台で行われた金鯱賞を制しているがスローペース&超高速馬場&少頭数がすべて噛み合ったレース。メンバーレベルも決して高いとは言えず、前走の有馬記念4着で2走前この条件を勝っている点で人気になることは間違えないが疑う余地はありそう。

 

ステファノス

藤原英厩舎の叩き台で目標は次走の大阪杯のため今回は基本的には勝負度の低いレース。去年の鳴尾記念では宝塚記念の叩き台レースながらメンバーが弱すぎて2着に好走したが今回のメンバーだとさすがにそれは見込めない。差し届かず4・5着で大阪杯に向け負けて視界良好なレースになりそう・・・。

 

ルージュバック

マンハッタンカフェ産駒らしく揉まれたり自分のペースで競馬を出来ないと少しモロい面がある。基本的にはG1の激しい競馬よりトライアルレースの緩い競馬になるレースが向いている馬で成績が示している通りGⅡ・GⅢでは安定感抜群の成績。今回も休み明けの相手ダウンのGⅡ戦と狙えるタミングではあるが、外差し一辺倒の武器しかないため馬場が不透明な中京でトラックバイアスに大きく左右される面がありその点は少し気掛かり。

 

リアファル

前走のAJCCでは屈腱炎明けの叩き2戦目で2番人気に支持されるも4コーナーから手応えがなくズルズル後退して13着と大敗。決して楽な展開ではないが負けすぎな印象は否めない。もともと屈腱炎を発症すると能力的には低下するため復活は難しく今回鞍上・武豊騎手で巻き返しを期待され人気を集めるなら期待値的にはかなり低い。

 

サトノノブレス

母父トニービンの影響でバテずにキレないディープ産駒の代表格。もう成績が示している通りG1からの相手ダウン戦だけ買えばよい馬で前回の有馬記念はラビット的な役割で向こう正面から動き出す厳しい競馬で惨敗とノーカウントでOK。今回は巻き返せる条件で人気が少し落ちるなら積極的に狙いたい。


 

down

コメントする




りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

~人気ブログランキング~

当ブログは人気ブログランキングに参加しています。
 
競馬ブログが多数参加しているので参考になるブログも盛り沢山!
 
下記のバナーからご覧いただけます(^^♪
 

sponsored link