りょう店長の競馬予想ブログ

【福島牝馬ステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2018/04/19

今回は【福島牝馬ステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

福島競馬場・芝1800mで行われる福島牝馬ステークスですが、

牝馬限定の重賞である事から近年は波乱の傾向が目立つ1戦。

実際に過去5年で手堅く決着したのは昨年のみであり、

その他の年は常に10番人気を超える伏兵が馬券圏内に来ています。

今年は人気の中心としてカワキタエンカ・トーセンビクトリー・レイホーロマンスなどが予想されていますが、

決して信頼度は高くないと見ているだけに思い切って大穴から攻める作戦もアリですね!(^o^)/

sponsored link

【福島牝馬ステークス2018】予想考察

<過去の傾向とデータ分析>

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2017】
1着:⑥ウキヨノカゼ(中山牝馬S:6着)
2着:⑧フロンテアクイーン(中山牝馬S:8着)
3着:⑨クインズミラーグロ(中山牝馬S:3着)

【2016】
1着:⑧マコトブリジャール(愛知杯:18着)
2着:⑯シャルール(初音S:1着)
3着:⑥オツウ(六甲S:12着)

【2015】
1着:⑥スイートサルサ(愛知杯:3着)
2着:⑫リラヴァティ(四国新聞杯:1着)
3着:①メイショウスザンナ(京都牝馬S:9着)

【2014】
1着:⑥ケイアイエレガント(中山牝馬S:2着)
2着:⑦キャトルフィーユ(中山牝馬S:2着)
3着:⑭フィロパトール(但馬S:11着)

【2013】
1着:⑥オールザットジャズ(中山牝馬S:3着)
2着:⑪マイネルイサベル(秋華賞:15着)
3着:⑤ピュアブリーゼ(クリスマスC:6着)

 

<レース展望>

牝馬限定の荒れる重賞として有名な福島牝馬ステークスですが、

レースの位置付けとしてはヴィクトリアマイル前哨戦と言う形になります。

決して王道のステップレースではない点を含めて、

出走馬は地味な路線から来る馬が大半を占める状況。明らかに荒れそうなメンバー構成でレースが行われます。

今年に関しては回避馬を除くと合計で7頭も出走する〝前走・中山牝馬ステークス組の扱い方〟が予想の上で大きなポイントになりそうですね!(^o^)/

昨年は前走同レース組で馬券圏内を独占しましたが、果たして今年は…?

 

ちなみに荒れる福島牝馬ステークスと書きましたが、

実際に過去5年の三連単・配当は下記の通り…

2017年:24,790円(39番人気)

2016年:735,970円(1744番人気)

2015年:599,360円(1485番人気)

2014年:238,230円(663番人気)

2013年:41,730円(118番人気)

基本的には常に万馬券であり2・3年前の様に50万近い配当になる事も日常茶飯事。

個人的に三連単の馬券を購入するケースは少ないですが、

これだけの配当であれば三連複でも十分に妙味があると推測できます。

今年も非常に難解なメンバー構成で一波乱が起きると見ている1戦だけにジックリと考えて最終結論を出したいですね!(^^)/

 

<ロスなく立ち回れる内枠が有利!>

基本的には内枠で距離ロスを少な出来る馬を狙う事がセオリー。

実際に過去5年の枠番別の成績を見てみると…

1枠~4枠の好走率が高く10番より内=ひと桁の馬番が有利な傾向。

8枠から好走した馬も1頭いますが、

2016年のシャルール(1番人気)であり馬の力だけで上位に来たイメージ。

人気薄の馬を狙うなら〝10番より内〟の条件は必須になりそうですね!(^o^)/

 

<タフでスタミナが問われる舞台!>

牝馬限定の重賞としてはタフなスタミナを要求されるレースであり、

近10年で前走・1600m以下の距離を使われていた馬は(0-0-3-41)と壊滅的な成績。

臨戦過程としては体力面の保管が出来る1800m&2000mに優位性がありそう。

ちなみに今回の福島開催は先週の結果から見て分かる通り例年よりタフで時計を要している状況。

予想に置いてスタミナ面の裏付けは重要なポイントになりそうですね!

 

【福島牝馬ステークス2018予想考察】のまとめ

<現段階の注目馬>

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

2走前は牡馬の一線級の馬を相手に勝ち馬から0秒7差の5着。

前走は超スローペースの術中&トップハンデの影響もあり、

最後は決め手比べで4着に敗れているが決して悲観する内容ではない。

今回のメンバーで全馬が同斤量の別定戦なら能力的にはトップクラス。

内目の枠を引いてスムーズに競馬が出来れば3着以内の信頼度は高いだろう。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を全て無料公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <第53回 フローラS(G2)>

自信のペナルティ付き!もし、この
フローラSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、ステップレース別の成績では500万条件(1着4回・2着6回・3着5回)、フラワーC(1着3回・2着3回・3着1回)、未勝利(1着2回・3着2回)と500万条件組が4勝を挙げ、連対率も高い。注目は重賞挑戦で馬券圏に好走した未勝利勝ち組が4頭。

今年は本命馬不在で大混戦模様。クイーンCで0.4秒差4着のオハナ、フラワーCで0.3秒差ノームコア、チューリップ賞4着のサラキアなど重賞で差のない競馬をしている素質馬や2連勝中のレーツェルなどが参戦するが、主軸になる本命馬不在で、どの馬にもチャンスがあるだろう。

競馬セブンはフラワーC◎フィニフティ(5人気)から7万1150円的中、フィリーズR◎リバティハイツ(8人気)から5万6610円的中、中山牝馬S◎フロンテアクイーンから5万0360円的中など、牝馬重賞はドル箱重賞!

実は、フローラSにも競馬セブンが極秘入手した激走穴馬が出走!「オークスに出ても勝ち負けになる」と豪語する陣営の勝負馬とは!?週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フローラS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約