りょう店長の競馬予想ブログ

【東京新聞杯2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2018/01/31

今回は東京競馬場(芝1600m)で行われる東京新聞杯2018予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

近年は超スローペースで前々の決着が目立つ東京新聞杯ですが、

今年も明らかに逃げ馬が不在の状況であり近2年のデジャブになる可能性も…。

施行条件である東京芝(Dコース)を含めながらレースの傾向を探りたいですね!(^-^)

まずは東京新聞杯2018の過去の傾向とデータ分析から予想のヒントを探して行きましょう!

 

では、本題の前にひと口馬主ネタですが…

今週は日曜日の京都2R(未勝利戦・ダート1200m)にデスティニーレイが出走します。

鞍上も減量ジョッキーの中では最も頼もしい荻野極騎手を確保しており何とか優先出走権(5着以内)を死守して欲しい所です!(^^;)

後は除外の権利取りが目的ではありますが、

土曜日の東京2R(新馬戦・ダート1400m)にキャンディソングが登録しています。

今週で除外1を取って2月12日の小倉(芝・1200m)に向かう線が濃厚。

とは言え僅かな確率で今週の抽選を突破してしまう可能性もあるので無事に除外される事を願ってます。汗

コノ馬に関しては来週のブログ内で詳しく取り上げる予定ですが、

調教からセンスある走りを披露しており密かに初戦から期待しています。

今年のノルマンディーの馬だけに強気な事を言えないのは重々承知ですが果たして結果は…?

では、話を本題に戻し東京新聞杯2018の予想考察の方へ行きましょう!(^_-)-☆

sponsored link

【東京新聞杯2018】予想考察

<過去の傾向とデータ分析>

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2017】
1着:②ブラックスピネル(京都金杯・2着)
2着:⑤プロディガルサン(菊花賞・11着)
3着:⑦エアスピネル(京都金杯・1着)

【2016】
1着:⑥スマートレイアー(エリザベス女王杯・5着)
2着:③エキストラエンド(京都金杯・7着)
3着:⑩マイネルアウラート(阪神カップ・9着)

【2015】
1着:⑥ヴァンセンヌ(元町S・1着)
2着:⑬アルフレード(ニューイヤーS・2着)
3着:⑩フルーキー(京都金杯・4着)

【2014】
1着:⑦ホエールキャプチャ(エリザベス女王杯・6着)
2着:⑪エキストラエンド(京都金杯・1着)
3着:⑫クラレント(阪神カップ・3着)

【2013】
1着:⑤クラレント(阪神カップ・5着)
2着:①ダイワマッジョーレ(中山金杯・5着)
3着:⑧トライアンフマーチ(京都金杯・2着)

 

今回の東京新聞杯が行われる「東京・芝1600m」と言えば厳しい展開のレースが想像されますが、

近2年は勝ち馬が4コーナー先頭の馬であることが示して居る通り完全に前残り決着。

その要因として出走メンバーの大半が末脚を活かすタイプである事が考えられます。

今年も上位人気に支持されそうな馬は「差し・追い込み脚質」に集中しているだけに「前残り決着」の可能性は大いにありそう。

特に今開催の東京芝は内枠・先行馬が有利なDコースを使用しており前で粘り込める馬には警戒をしたい所ですが、

この傾向には少し落とし穴があります。

それは「良馬場でレースが開催された時」に限定されます。

最近の結果を見ても雪の影響により道悪で開催された2015年・2014年は後方から競馬をした馬が豪華に差し切り勝ち…。

コノ時期に行われるレースだけに「雪」の影響による馬場の変化には柔軟に対応する必要がありますね!(^^;)

 

では、実際に過去10年で「良馬場で行われた東京新聞杯」で脚質別のデータを調べると…

逃げ先行馬が勝率・連対率・複勝率と全てにおいて優秀な成績にも関わらず、

中段・後方のいわゆる差し追い込み馬には明らかに分の悪いデータが出ています。

今週末の天気予報を見る限り今年は良馬場でレースが行われそうなだけに

前々でレースを運ぶ馬の粘り込みには要注意したい所です。

 

最後に過去5年の前走着順別データを見ると…

当たり前の事ながら「前走・5着以内」の馬が好成績、

特に10着以下からの巻き返しに関しては過去5年で1頭のみ。

基本的にはリズムが優勢の重賞で近走好走している馬を重要視したいですね!(^-^)

 

今回のまとめ

今年の東京新聞杯の本命馬に関してはズバリ〝ダイワキャグニー〟です。

後はコノ馬の相手を探す作業と考えているのですが、

どの馬も一長一短で順列を付けるのが非常に難解な印象…。

枠と馬場次第では勝負したいレースだけにシッカリと吟味して結論を出したいですね!(^_-)-☆

 

では、最後に穴として注目している馬をご紹介します。

⇒【人気ブログランキング

前走は激走後の反動&ハイペースを先行と二重苦になり12着と大敗しているが、

2走前の競馬を見る限りまだ展開一つで重賞でも通用する力はあるはず。

予想考察でも書いた通り良馬場であれば脚質もレース傾向にはピッタリ。

前回の大敗&年齢で人気を落としそうな今回は大穴として注目したい。

 

<りょう店長の競馬新聞のご案内>

コチラではブログで書ききれない平場・特別レースの予想&馬券の買い目を配信中!

ご興味のある方は下記より購読登録をお願い致しますm(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第68回 東京新聞杯(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
東京新聞杯を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

----------------

安田記念・ヴィクトリアマイルのGIと同じ舞台、東京芝1600Mで行われるマイル路線での重要な一戦である。過去の勝ち馬ではトロットサンダー、キングヘイロー、アドマイヤコジーン、ハットトリック、スズカフェニックス、ローレルゲレイロなどのGⅠ馬を輩出。スプリント路線で活躍する馬も多くいる。

過去10年での人気別の成績では、1人気[0.1.2.7]、2人気[2.0.1.7]、3人気[2.1.0.7]と人気上位馬は4勝止まり。1人気は優勝がなく連対馬も1頭のみと大苦戦。平均配当では、馬連1万1490円、3連複7万9090円、3連単39万2940円と大波乱。2桁人気の伏兵では16年マイネルアウラート(11人気3着)、09年キャプテンベガ(15人気2着)、08年リキッドノーツ(13人気2着)、タマモサポート(12人気3着)などが馬券圏に好走しており波乱の立役者となっている。馬連万馬券が3度、3連単では10万馬券以上は3度、08年には254万馬券の特大馬券が飛び出している。

年齢別の成績では4歳馬[4.3.3.22]、5歳馬[2.3.6.32]、6歳馬[4.2.0.23]、7歳馬[0.2.1.30]、8歳上[0.0.0.12]となっており。4歳馬と6歳馬の活躍が目立つ。7歳以上の高齢馬からの優勝馬はなく4~6歳馬が中心に。

昨年は◎エアスピネルからスバリ的中!今年は17年ヴィクトリアマイルの覇者アドマイヤリード、16年朝日杯FSの覇者サトノアーサーなどのGI馬やグレーターロンドン、クルーガー、ダイワキャグニーなどが出走。過去10年、1人気馬の勝利はなく波乱が多い東京マイル重賞。

競馬セブンでは早くからここを目標に勝負仕上げで送り出される、とある陣営の勝負話や波乱の立役者となる穴馬の大駆け情報を独占スクープ!

週末情報はお見逃しの無いようのご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『東京新聞杯・3点勝負』を特別公開。

情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

----------------

sponsored link

コメント

down

コメントする




スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約