りょう店長の競馬予想ブログ

【有馬記念2016】予想考察|出走馬分析<前編>&本命と穴候補を公開!

time 2016/12/20

今回は日曜日に中山競馬場、芝2500mで行われる有馬記念2016の予想考察を含めた出走馬分析<前編>&本命と穴候補を公開を行います。

1番人気はキタサンブラックとサトノダイヤモンドのどちらかでしょう。普通に考えればキタサンブラックですが、先週から続くサトノフィーバーでこちらが1番人気になる可能性はありそう。

ただ、有馬記念っていつも競馬をしないミ初心者の方が年末の運試しの宝くじ感覚で購入する方が多く、オッズが結構メディアに影響されやすいです。この点を考えても『武豊』『北島三郎』でキタサンブラックが買われそうなイメージがありますが果たしてどのようなオッズになるのか・・・。

(PR)東スポ・虎石晃&血統評論家・栗山求の有馬記念の見解を無料公開!
無料でのお申し込みはこちらから

sponsored link

有馬記念の本命馬は?

 \4年間連続で有馬記念的中/

──────────────────
信頼度抜群の予想家が有馬記念で
“本物”の競馬予想を届けます。(G1)
──────────────────

予想家1:血統のスペシャリスト
予想家2:スポーツ紙の看板記者
予想家3:トレセンと繋がりのある情報通
予想家4:脱サラしてプロ予想家になった競馬バカ

この4人の予想家が、
有馬記念を“ガチ”で予想をすると・・・

↓とんでもない結果に(!?)↓

【競馬という世界で最も信頼出来る予想とは??】

毎週“無料”で公開している
重賞予想だけでも・・・

・平均的中率65%

・年間獲得金1000万円以上
(2015年度:1439万円)

これが本物の競馬予想の力です。

年末の大一番、有馬記念でも
プロの実力を証明してみましょう!
↓ ↓ ↓
有馬記念の予想見解を無料でGETできます!

【メルアド登録後送られてきたURLをクリック⇒サイトにログイン】1分程の作業で無料登録が可能です^^

出走馬分析(本命候補◎・穴候補☆)

☆アドマイヤデウス

成績が示している様に基本的にG1では総合的に劣る感じでワンパンチ足りない印象。去年の有馬記念は少しチグハグな位置取りで力を出し切れずに惨敗も日経賞の勝ち方からこの舞台設定の適性はあるはず。ただ、前走の天皇賞(秋)は-14キロとようやく馬体を絞って完璧に仕上げ6着とそこからの上積みは疑問。内枠を引いてロスなく立ち回って3着ぐらいなら。

アルバート

ステイヤーズステークスを連覇し去年と同じ臨戦過程での出走。去年はスローペースで後ろ過ぎる位置取りで自慢のスタミナを全く活かせない状況での惨敗だった。近年の有馬記念の傾向を見ても動きたい所で動く機動力が求められるレースになりやすく、反応してからエンジンが掛かるのが遅いこの馬には苦戦を強いられそう。ハイペースやタフな馬場でスタミナを活かせる舞台になれば可能性はあるが。

◎キタサンブラック

前走のジャパンカップは1番人気で好スタートからの逃げ切り勝利。決して逃げなくては競馬が出来ない馬ではなく、菊花賞の様に普通に控えて内を割る競馬や京都大賞典に様に2番手から抜け出す競馬、そして宝塚記念の様にハイペースで逃げても結果を出せる点から付け入るスキがない印象。このような自在性のある馬にに天才・武豊騎手が乗るとまず大きく崩れる競馬をする事は考えにくい。

今回は同型のマルターズアポジーが付いてきたら共倒れになると宣言しているが、この舞台でわざわざ格下の馬を相手に変な意地を張り強引に逃げる競馬をする事はこの鞍上から考えられない。もし強引にマルターズアポジーが行く気配を見せれば、スッと控えて番手で控える競馬を選択するはず。例え逃げて他の馬に絡まれても宝塚記念でハイペースで耐える競馬を経験しているので全く問題はない。変に嫌う必要は全くないので運良く今回も内枠を引けば素直に本命候補。

サウンズオブアース

主な勝ち鞍はなみずき賞は競馬ファンなら誰もが知っている最強の2勝馬。京都大賞典⇒ジャパンカップ⇒有馬記念は去年と全く同じ臨戦。本質はスタミナが豊富なタプではないと思うのでハイペースのタフな展開になれば危うさを見る危険性はありそう。去年同様にスローペースの上り勝負になればチャンスは十分にある。

◎サトノダヤモンド

出走すればかなりの確率で馬券になる菊花賞の勝ち馬。ディープ×母父マルペンサスで本来は究極の切れ味戦よりは新馬戦や2戦目の500万条件で見せた上りの少し掛かる舞台の方が適性はあるはず。総合力の点でもメンバー中でも最上位クラスであり、レースセンスが良くでトリッキーな中山2500mのコースに対しても不安はない。実際にレインボーラインがジャパンカップに出走し6着に来ていた事から古馬との力の差も大きくはなさそう。特に嫌う要素が見つからないので人気ですが上位評価はする予定。

サノトノブレス

アドマイヤデウス同様にG1を勝ちきるには総合力でワンパンチ足りない印象。前走の金鯱賞はスローペースの高速決着と決して得意条件でない中で3着に来た点で衰えは全くないが、このメンバーで馬券圏内に来るのは至難の業。同厩舎&同馬主のサポート役での出走の感も否めない。鞍上もラビット文化が日常茶飯事のフランスのシュミノー騎手で指示通り(ラビット役)に乗りそうで、ここは厳しい戦いになる。

サムソンズプライド

横山典騎手が乗るのでどのような位置で競馬をするのか不透明ですが、オールカマーとステイヤーズステークスのレース内容を見てもさらにメンバー強化のここで戦えるとは思えない。

☆シュヴァルグラン

アルゼンチン共和杯からジャパンカップを使わずに直行でここなら高い評価をする予定でした。元々エンジンの掛かるのは遅いタイプで前走は福永騎手らしく追い出しがやや遅めも、前を潰しに行った馬がバテる所を上手く差し3着確保。このレースを今回もするようなら確実に差し遅れる懸念があり不安材料。阪神大賞典で見せた強気の競馬ならこの馬の持ち味が活かせる展開に持ち込めるはず。この大舞台でそのような騎乗が出来るか不安だがこの舞台の適性は高いはず。


当サイトは人気ブログランキング(クリック数に応じてランクが上がるシステム)に参加しています。目標は10位台にランクインです!最後に応援クリックお願いします!(( _ _ ))

sponsored link

down

コメントする




りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約