りょう店長の競馬予想ブログ

【日経新春杯2018予想】安定勢力のミッキーロケットから勝負!

time 2018/01/13

今回は京都競馬場(芝2400m)で行われる日経新春杯2018の予想を公開します。

今年も雪の影響で開催が心配される日経新春杯ですが、

天気予報を見る限り開催中は快晴の模様でレースは無事に行われそう。

予想としては昨年の覇者である「ミッキーロケット」に今年も期待したいと思います!

それでは日経新春杯2018予想へ行きましょう!(^-^)

 

では、本題の前に明日出走する愛馬ネタですが…

知立特別(1000万下・芝1400m)にデスティニーソング・京都4R(新馬戦・ダート1800m)にジャスパーゲランが出走します。

「どちらも人気以上の走りが期待できる」と勝手に思っているだけに一発やって欲しいですね!(^^;)

お見かけの際は少しでも応援して頂けると幸いです。

sponsored link

【日経新春杯2018】予想

<予想と見解>

本命は◎ミッキーロケットにします。

キングカメハメハ産駒のパワータイプであり今の時計の掛かる京都の芝はベストの舞台。

3走前は同条件の京都大賞典で4着に敗れているが、

あの時は超高速馬場の内伸びと不向きな馬場の中でありノーカウントでOK。

実際に昨年の勝ち馬でコノ時期のタフな力の要る芝の適性は高い。

今年はトップハンデの57.5キロである点は気掛かりだが、

メンバーの中では1枚抜けたポテンシャルの持ち主であり心配は不要。

1番人気2着後でストレス疲労も少なく強気の競馬をすれば馬券圏内を外す事は考え辛い。

 

対抗は人気ブログランキングにします。

ディープインパクト産駒のL系であり距離延長×少頭数はベスト条件。

中距離ではキレ負けするがこの距離であればバテない持久的な脚で上位に食い込めるはず。

 

3番手は▲パフォーマプロミスにします。

停滞したメンバーの中で格上げ戦+初重賞とステイゴールド産駒が最も得意とするパターン。

成績的に過剰人気しそうな点は否めないが、

内目で集中力を活かしながら立ち回る事が出来ればチャンスは十分にある。

 

△ベルーフは近走はイマイチな成績で完全の衰えているように見えるが、

前走は不向きな小回りコースの内枠で窮屈な競馬の中で勝ち馬から0秒4差。

5走前~2走前に限定すると全戦で上り2位以内を記録しており決して走る気がない訳ではなさそう。

今回は距離延長・広いコース・小頭数と走れる条件は揃っている。

鞍上の性格を考えても最後方からの大外一気が濃厚だが、

仮にもハマれば馬券圏内に食い込む可能性は十分にある。

 

△サンタフェチーフは年齢的に大きな上積みはないが格上挑戦の鮮度+軽ハンデ+内枠は不気味。

過去には同じような臨戦で穴を明けた例もあり抑えには…。

 

△ロードヴァンドールはダイワメジャー×母父ストームキャットで血統的には京都・芝2400mが向くイメージは全くない。

今回は横山典騎手の進言でこの距離を使う経緯であり過剰気味に人気を集めそうだが、

個人的には半信半疑で本命として評価をするのは少々リスクが高い気が…。

前走の中日新聞杯を激走後のストレス疲労がある状況でありアッサリと負ける可能性も十分にあると見ています。

 

△ソールインパクトは主流とは少しズレたディープインパクト産駒であり明確な買い時がイマイチ分からないのが本音。

前走のアルゼンチン共和国杯から間隔を開けてきた点はプラスで激走後だが特に気にする事はなさそう。

ショックが少なく勝ち切るイメージは無いが馬券圏内に来るチャンスは十分にある。

 

△カラビナはステイゴールド×母父サドラーズウェルズでタフな力の要る馬場は合いそう。

ステイゴールド産駒の格上げ挑戦で軽ハンデと人気も無さそうで押さえには…。

 

△ガンコは前走はダートから芝替わり&逃げの位置取りショックも重なり激走。

普通に考えて今回は厳しいが時たまコノ様な逃げ馬が残るのが日経新春杯であり最後に押さます。

 

今回は☆の印を置かずに◎◯▲をベースに馬券を組み立ていす。

個人的に得意の日経新春杯だけにシッカリと仕留めたいですね!(^-^)

 

<印のまとめ>
◎ミッキーロケット
人気ブログランキング
▲パフォーマプロミス
△ベルーフ(穴推奨)

△サンタフェチーフ(穴推奨)
△ロードヴァンドール
△ソールインパクト
△カラビナ
△ガンコ

 

<買い方推奨・勝負度>

馬券の買い目&勝負度に関してはりょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)で公開しています。

その他ではブログでは書ききれない平場・特別レースの予想も配信中!

ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

~第65回 日経新春杯(G2)~

自信のペナルティ付き!もし、この
日経新春杯を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここ4年の勝ち馬ミッキーロケット(皐月賞13着・菊花賞5着)、レーヴミノル(ダービー5着)、アドマイヤゼウス(皐月賞9着・ダービー7着)、サトノノブレス(菊花賞2着)は3歳時にクラシック路線に出走していたように、クラシック出走馬の活躍が目立つ。

ここ10年、人気馬の成績では、1人気[2.4.1.3]、2人気[4.2.0.4]、3人気[1.3.0.6]と連対では上位人気馬が安定しているが、2人気が4勝しており1人気よりも勝利が高い。また、15年フーラブライド(10人気2着)、13年カポーティスター(10人気1着)、10年レッドアゲート(12人気3着)、09年テイセムプリキュア(11人気1着)、08年テイエムプリキュア(12人気3着)など、ニ桁人気馬が好走。

平均配当では、馬連3490円、3連複1万8370円、3連単10万5630円。馬連万馬券が2度、3連単では10万馬券を超える特大馬券が3度出ている。

年齢別の成績では4歳馬【6.5.2.23】、5歳馬【2.4.5.21】、6歳馬【1.1.3.24】、7歳上【1.0.0.47】と4歳馬が圧倒的に強い。7歳馬以上の高年馬は08年のアドマイヤモナーク(7歳・1着)のみとなり大苦戦。ここ4年も明け歳馬が勝利しており成長期を武器に結果を出している。

競馬セブンでは早くからココを目標に仕上げられた陣営の大ヤリ情報を独占入手!確信の◎として正月開催のお年玉勝負馬を公開!

さらに、波乱の立役者となる無印確実の激走穴馬のヤリ話を入手済!確信の勝負馬◎と無印の激走穴馬との組み合わせで馬連万馬券は確実!正月開催の目玉となるお年玉情報『日経新春杯』は絶対にお見逃しの無い様にご注意下さい。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『東西金杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約