りょう店長の競馬予想ブログ

【函館スプリントステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2018/06/12

今回は【函館スプリントステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

函館競馬場・芝1200mで行われる函館スプリントステークスですが、

近年は1番人気が大不振で波乱の傾向がみられる1戦。

実際に昨年も1・2番人気に支持されたセイウンコウセイ・シュウジが共に倒れ、

3⇒4⇒7番人気の馬で中波乱の決着となりましたが、

果たして、今年も荒れる函館スプリントステークスとなるのか?

個人的に上位人気の馬の中で危険と見ている馬が多数いる状況であり、

近年と同様に波乱の可能性は十分にありそうですね!

それでは、今回は近2年で顕著に見られる函館競馬場の傾向などを中心に考察を行います!(^o^)/

sponsored link

【函館スプリントステークス2018】予想考察

<過去の傾向とデータ分析>

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2017】
1着:⑧ジューヌエコール(桜花賞:9着)
2着:③キングハート(鞍馬S:1着)
3着:④エポワス(大阪ハンブルクC:1着)

【2016】
1着:⑯ソルヴェイグ(桜花賞:17着)
2着:③シュウジ(NHKマイルC:12着)
3着:①レッツゴードンキ(ヴィクトリアM:10着)

【2015】
1着:⑨ティーハーフ(彦根S:1着)
2着:⑯アースソニック(韋駄天S:3着)
3着:⑬レンイングランド(NHKマイルC:16着)

【2014】
1着:③ガルボ(高松宮記念:11着)
2着:⑩ローブティサージュ(ヴィクトリアM:11着)
3着:⑨クリスマス(オークス:12着)

【2013】
1着:⑭パドトロワ(京王杯SC:14着)
2着:⑤シュプリームギフト(鞍馬S:4着)
3着:①フォエバーマーク(福島民友C:2着)

 

<レース展望>

近年はソルヴェイグ ⇒ ジューヌエコールと3歳の牝馬が2連覇をしていますが、

今年は3歳牝馬はおろか3歳馬の登録が0頭の現状であり、

明らかに5月末に新設重賞として施行された

葵ステークスに馬が流れた影響がモロに出ている印象。

今後はその様な傾向が続き、函館SSに3歳馬は極端に減りそうですが、

個人的には一線級の古馬を相手にする重賞とは言え、

斤量50キロで出走できる所は魅力だと思うだけに少し残念ですね…。

 

そして、その3歳馬が不在の状況の中で上位人気になりそうな馬は…

ナックビーナス・ダイアナヘイロー・ワンスインナムーン・セイウンコウセイですが、

どの馬も一長一短であり、決して安心して買える人気馬ではないかと…。

荒れる傾向にある函館スプリントステークスだけに

今年も人気馬が崩れて伏兵が台頭する結果を期待したいですね!(^o^)/

 

<高速馬場の対応力!>

函館・札幌開催と聞けば、時計の掛かる洋芝を連想しますが、

近2年の函館開催は明らかに時計の出る馬場コンディションの高速状態。

実際に過去5年の函館SSの勝ち時計を見ても…

2013年:1分8秒5
2014年:1分8秒5
2015年:1分8秒3
2016年:1分7秒8
2017年:1分6秒8

近2年は1分8秒を切る早い時計が出ていますが、

昨年は前半のハイペースを含めても早すぎる1分6秒8の勝ち時計。

ただ、実際に前日に同距離で行われた

HTB杯(古馬・1000万)の勝ち時計が1分7秒6ですから、

重賞となれば7秒を切る時計になるのも当然の結果。

今年はどの様な馬場コンディションになるか不透明ですが、

恐らく近2年と同様に時計の早い馬場で開催がスタートするはず。

「高速馬場の適性」は予想をする上では頭に入れて置きたいポイントですね!(^o^)/

 

<1番人気が不振の波乱傾向!>

過去5年で1~3番人気に支持された馬の成績を見ても…

1番人気(0-0-0-5/5)
2番人気(0-1-0-4/5)
3番人気(1-0ー1ー3/5)

明らかに上位人気の馬が不振傾向であり、

1番人気に限定すれば過去5年で全て馬券圏内に敗れている悲惨な結果。

これだけ顕著に傾向が出ている事を考えると

偶然ではなく必然として考えるべきデータですが、

その理由を詳しく掘り下げる為にも

近5年で1番人気に支持された馬をピックアップすると〝ある共通点〟を発見しました。

ちなみにその5頭は下記の馬ですが…

この5頭に共通している事!それはズバリ…

「前走GⅠに出走して6着以内に好走している」です。

普通に考えてGⅠで好走した馬が函館スプリントステークスに出走すれば

能力上位と判断されて1番人気に支持される事はある意味で当然ですが、

ストレス疲労の点で考えても前走GⅠで好走した馬をここで狙うのは危険な行為。

 

歴史は繰り返すと言いますが、

今年も前走・高松宮記念で3着に激走したナックビーナスが1番人気になりそうな予感…

過去5年の傾向を考えると危険すぎる人気馬になりそうですが、結果は如何に…!?

 

【函館スプリントステークス2018予想考察】のまとめ

<現段階の注目馬>

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

2013年の北海道サマーセールにて52万円で落札された格安馬であり、

マイナー血統・マイナー厩舎・マイナー騎手と常に低評価をされている馬だが、

前走は差しが決まる京都の馬場状態の中で先行して2着に粘る強い競馬。

近走の内容からメキメキと力を付けている事は事実であり、

今回のメンバーを相手にしても遜色のないレースは出来るはず。

開幕週の高速馬場に対応できれば穴を明ける資格は十分にあるだろう。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を全て無料公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

< 第25回 函館スプリントS(G3)>

先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

すっかりお馴染みとなった夏競馬の風物詩・サマースプリントシリーズの初戦となる函館スプリントS。

昨年は高松宮記念の覇者セイウンコウセイが参戦したが、過去にもキンシャサノキセキ、カレンチャン、ロードカナロア、ストレイトガール、コパノリチャードなどなど、数多くのGI馬たちが出走しており、単なるローカル重賞と侮ることができない重要な1戦となっている。

しかし、過去10年で1番人気は3勝しかしておらず、特に近5年は全て着外と大不振。別定戦ということもあって実績馬が斤量を背負うことも確かだが、洋芝で小回りコースという特殊条件なだけに、好走するには実力以外の要素も必要となってくるのだ。

特に注目すべきは過去10年で牝馬が5勝2着2回と大活躍していること。ここ2年は3歳牝馬が連勝しているが、どちらも50キロという軽斤量の恩恵があった。しかし、単に「3歳馬だから」「牝馬だから」「軽量馬だから」という理由だけで的中を掴めるほど単純なレースではないことも同時に確かである。

万馬券決着が恒例で、近10年で10万馬券決着が6回もある馬券的には難解に見えるレースだが、当社シンクタンクは昨年の函館スプリントSで【3連単5万5520円、3連複1万3120円、馬連3090円】と3馬券種完全的中をお届けしている。

北海道シリーズが開幕すると、取材箇所の増加に伴い人手不足、取材不足となる一般マスコミを尻目に、変わらず情報を収集できる情報網を確保しているからこそ、情報通りに馬券的中を仕留めることが出来るのだ。

今週は特別も特別、シンクタンクの情報を初めてご利用頂く先着100名様に限り、函館スプリントSの【3連単勝負馬券】や、元騎手・元調教師を始めとした当社情報ルートが競馬関係者から入手した情報の一部を無料公開させていただく。このチャンスを、是非とも逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約