りょう店長の競馬予想ブログ

【京阪杯2017】予想考察|オッズ・過去の結果・レース傾向

time 2017/11/23

今回は京都競馬場(芝1200m)で行われる京阪杯2017予想考察|オッズ・過去の結果・レース傾向についての記事です。

毎年お馴染みのジャパンカップの後の京阪杯ですが、

京都12Rに番組が組まれているので今年京都で行われる最後のレースになります。

今年も沢山お世話になった京都のレースだけに最後はビシッと的中させて気持ち良く締め括りたいですね!(^o^)/

 

本題の前に余談ですが・・・

先ほど行われた浦和記念は安い決着ながら大本線でゲットできました!

【浦和記念】

1着:◯マイネルバサラ(5番人気)
2着:◎ヒガシウィルウィン(2番人気)
3着:▲オールブラッシュ(1番人気)

三連複をメインで勝負したのですがキレイにハマってくれました!

先週の中央競馬ではコテンパンにやられたので週中の兵庫ジュニアグランプリ&浦和記念でシッカリと回収出来て一安心ですm(__)m

今年は自分で言うのもおこがましいですが地方交流重賞が絶好調です。

自分なりに勉強した事が上手く結果として表れているのが配当以上に嬉しいですね!(^o^)/

この調子で残りの地方交流重賞は全て当てるつもりで頑張ります!

sponsored link

【京阪杯2017】予想考察

<予想オッズ>

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 アットザシーサイド 3.8倍
2 ソルヴェイグ 4.2倍
3 セイウンコウセイ 6.4倍
4 ジューヌエコール 7.8倍
5 メラグラーナ 8.2倍

1番人気は意外ですがアットザシーサイドと予想します。

2走前の札幌スポニチ杯の勝ち方を見る限り1200mの重賞を1つぐらいは勝てる逸材。

前走の道頓堀ステークスの内容も強く過去には桜花賞で3着した実力の持ち主。

ココは2連勝の勢いもあり上位人気の一角になりそう。

 

2番人気はソルヴェイグが濃厚。

近3走は復調気配を見せる内容で2走前のキーンランドカップの内容からGⅢでは当然上位の存在。

今回はこの2頭が少し抜けた人気になると見ています。

 

3番人気は今年の高松宮記念を強い勝ち方で制覇したセイウンコウセイになりそう。

近2走は不甲斐ない競馬が続いていますが少し積極性を欠く競馬での大敗。

今回は久しぶりに松田騎手に戻り強気の競馬をしてくる予感が・・・。

 

後はジューヌエコールメラグラーナ辺りが4・5番人気と続いて行くイメージ。

毎年二桁人気の馬がバンバンと突っ込んで来るレースだけに今年も一波乱を期待したいですね(^o^)/

 

<過去の結果とレース傾向

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/位置取り

【2016】
1着:②ネロ(1-1)
2着:⑱エイシンスパルタン(4-4)
3着:①フミノムーン(12-10)

【2015】
1着:②サトノルパン(4-4)
2着:④ビッグアーサー(7-7)
3着:⑨アースソニック(10-10)

【2014】
1着:⑦アンバルブライベン(1-1)
2着:⑯サドンストーム(10-9)
3着:⑫サカジロロイヤル(2-2)

【2013】
1着:③アースソニック(2-2)
2着:①アイラブリリ(1-1)
3着:⑤スギノエンデバー(3-3)

【2012】
1着:①ハクサンムーン(1-1)
2着:⑧アドマイヤセプター(11-9)
3着:⑤シュプリームギフト(5-5)

 

11月の最終週の京都で行われる条件の1戦。

普通に考えれば荒れた京都の馬場で外差しパラダイスになりそうですが、

その予想とは裏腹に意外と4コーナー5番手以内の逃げ先行馬の活躍が目立ちます。

今年も先週までの状況を見る限り荒れた外差し馬場で差し馬の活躍を期待したい所ですが、

近年のレース傾向とは相反するだけに狙い目は「内枠の先行馬」になりそうですね(^o^)/

 

ちなみに近10年の4コーナーを先頭で回ってきた馬の成績は・・・

(3-1-0-6)になります。

馬券圏内を外した6頭の中3走は4着であり実際にボロ負けした馬は3頭だけになります。

その3頭の内の2頭は二桁人気の明らかに力が劣る馬であり致し方ない気も・・・。

つまり、実力のあるに逃げ馬が4コーナーを先頭で回って来れば高い確率で馬券になるという事です。

今年も逃げそうな馬には要注意ですね(^o^)/

 

今回のまとめ

昨年は超道悪のカオスな馬場でネロの逃げり勝利でしたが、

先週の馬場を見ても明らかに京都の芝は外が伸びのイメージ。

レースの傾向では前が有利ですが個人的にはペース次第では外差し決着になると考えています。

それでも大外からブチ抜くことは至難の業だと思うので外目を通れる好位差しタイプを狙いたいですね(^^♪

 

では、最後に現段階の本命候補の馬をご紹介します。

人気ブログランキング
(その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中)

勝ち切れな善戦マンですがオープン時代に戦ってきた馬を考えれば今回は能力上位。

前回も好メンバーが揃う重賞レースで4着と評価できる1戦。

始めての1200mになるが脚質に幅がありタフな京都の馬場となれば距離短縮の優位性も活きてくるはず。

鞍上もこの馬に騎乗する為の遠征であり勝負気配も十分、

今週の清水厩舎の狙い目はキタサンブラックではなくこの馬だ!

 

<りょう店長の競馬新聞のご案内>

コチラではブログで書ききれない平場・特別レースの単複予想&馬券の買い目を配信中!

ご興味のある方は下記より購読登録をお願い致しますm(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

 <PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

~第37回 ジャパンカップ(G1)~

自信のペナルティ付き!もし、この
ジャパンカップを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

創設当初は外国勢が優勢。86年ジュピターアイランドから91年ゴールデンフェザントまで6年連続で外国馬が優勝。92年トウカイテイオー、93年レガシーワールド、94年マーベラウクラウンと日本馬が3連連続で優勝。05年アルカセットの優勝後が日本勢が11年連続優勝しているが、近年は海外の有力招待馬が辞退することが多く、日本馬優勢となっている。

今年はキングジョージ6世&クイーンエリザベスS・3着のアイダホら4頭が参戦する外国招待馬だが、日本の固い馬場への適性があるかがカギとなる。

日本馬で注目なのが昨年の優勝馬キタンサンブラックの連覇なるか。実は設立以来、連覇したのは00年、01年に優勝したジェンティルドンナ1頭のみ。天皇賞・秋では極悪馬場で激走しただけに反動も気になるところ。春は大阪杯・天皇賞・春を制したものの宝塚記念では凡走。前走の疲れがどこまで取れているか、目に見えない疲れがあるケースもあるので状態面に不安はある。

ここ10年の前走別の成績では【天皇賞・秋組】(6勝)、【京都大賞典組み】(1勝)、【秋華賞組】(1勝)、【菊花賞組(1勝)、【アルゼンチン共和国杯組み】(1勝)と天皇賞組の勝率が高い。しかし、天皇賞(秋)の着順がそのまま成績に関係するとは言えない。天皇賞(秋)1着馬のジャパンCでの成績では勝利馬なし。天皇賞(秋)で馬券圏に入らなかった組が好走するパターンが多い。天皇賞(秋)よりもジャパンCを最大目標に調整している出走馬の活躍が目立つ。

競馬セブンではジャパンCにも公にはならない裏情報を独占入手。極悪馬場で行われた天皇賞組には危険な人気馬が存在!競馬セブンが独占入手した勝負情報には「ジャパンCを勝つことだけを考えて仕上げて来た」と渾身仕上げで送り出す陣営の勝負情報や有力馬の消し情報も極秘入手済!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ジャパンC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約