りょう店長の競馬予想ブログ

【京都金杯2017】予想

time 2017/01/05

今回は京都競馬場、芝1600mで行われる京都金杯2017の予想を公開します。

(PR)京都金杯&中山金杯など、最大18Rの予想が見放題!
無料でのお申込みはこちらから

本日から2017年の中央競馬がスタートします!残念ながら仕事初めと重なり現地観戦できないのが残念ですが〝1年の計は金杯にあり〟幸先の良いスタートを切りたいですね^^

sponsored link

PR《京都・中山で開催のW金杯!》

荒れるハンデ戦は年始の「大人のお年玉♪」

昨年はというと・・・

13番人気2着を見事的中!」

そんな金杯に強い予想家が、
今年も強気の予想で新年から大花火を打ち上げます!

「勝ってめでたく、競馬初めといきましょう!」

金杯の予想はサイト内で無料公開中♪

【競馬という世界で最も信頼出来る予想とは??】

《2016年は無料情報のみで、払戻金1,150万オーバー!!》

直近では無料情報だけで下記のような払戻金!

・2016年11月  80万8,200円
・2016年10月 158万3,900円
・2016年 9月 240万4,100円
・2016年 8月 124万1,050円
・2016年 7月 139万3,850円

崩れ知らずの看板予想陣がお届けする、根拠ある情報で的中を量産中!

「まずはとにかく見てください!」

もちろん、いきなりこんな事を言われても信じられないと思いますので、
アナタが満足するまで半永久的に無料でお届けします!
↓ ↓ ↓
中山金杯&京都金杯の予想見解を無料でGETできます!

【メルアド登録後送られてきたURLをクリック⇒サイトにログイン】1分程の作業で無料登録が可能です^^

【京都金杯】勝負度D

予想と見解

例年の傾向を見てもこの時期の京都の芝は内枠・先行馬しか馬券にならない状況。実際に京都金杯の過去を振り返っても内枠パラダイスの状況で去年も逃げた超伏兵のニンジャが13番人気であわやの4着と馬場の恩恵だけで能力が全く足りない馬ですら掲示板に残れるような状態。

この点を考慮しても枠が出ないと予想が出来ないレースで本命候補を2頭用意して枠の確定を待っていましたが・・・・。まさかの2頭とも外枠へ・・・。内枠に入っている馬で得意に買いたい馬も見つからずに非常に悩みに悩みました。

本命は◎エアスピネルです。本音は外枠に入って追い込むも4,5着で今回は人気を裏切って高配当の立役者になる青写真を描いていたのですが、3枠6番とケチのつけようのない絶好枠。去年は3歳馬で王道のクラシック路線を歩み皐月賞・日本ダービー・菊花賞とそれぞれ適性が違う舞台ですべて4着以内に好走した実績は〝強い〟の一言に尽きる。本来は2000m~の中距離ではなく1600mで力を発揮できる馬で久々にベストパフォーマンスを発揮できる条件に戻ってきた。これまで戦ったメンバーを考えても今回は大幅にメンバー弱化。菊花賞からの一気の距離短縮に不安材料はあり、断然の1番人気濃厚で競馬玄人ほどケチを付けそうな馬だが今回は素直に力を評価したい。

対抗は◯ブラックスピネルです。前走のチャレンジカップは謎の+18キロが響き直線で伸びきれず5着と実力は出せていないレースでノーカウントでOK。3走前のポートアイランドステークスで内枠から馬群を捌き4着まで追い上げた内容から内枠は苦にしないタイプ。今回はトラックバイアスの恩恵を受けれる絶好枠で好位で流れに乗れれば十分通用するはず。

3番手は▲ミッキージョイです。この舞台で相性の良いディープインパクト産駒で同産駒で最も期待値が高いオープン特別を勝利後の重賞挑戦。前走で逃げずに競馬が出来たことは大きな収穫で鞍上の横山典騎手が年明け1発目から京都に遠征する点で勝負気配は高いはず。

4番手は☆マイネルハニーです。前走のチャレンジカップは前半の1000mの通過が58秒3の超ハイペースを2番手で先行し押し切る強い内容。距離に対して不安があるが新馬戦と500万クラス時には1600mで好走経験もあり問題はない。外枠は微妙も強気に行き切ればカバーできるはず、柴田大知騎手には積極的な騎乗を期待。

△ダンツプリウスは母父ブライアンズタイム産駒の叩き良化型タイプで今回は休み明け3戦目と走り頃のタイミング。休み明けのカシオペアステークス&キャピタルステークスは外伸びの馬場で内枠と不向きな状況での凡走でノーカウントでOK。去年のNHKマイルカップで4着と実績も十分で鞍上の丸山騎手が巧く内々へエスコード出来ればチャンスはある。

△フィエロは藤原英厩舎のオープン馬の連闘は珍しく不気味な存在。内枠で距離延長で先行できれば意外と好勝負になるはず。

ブラックムーンは強かった時の勝ち方を見ても外伸び馬場で大外一気と今回の内枠と内伸びバイアスを活かせるかは微妙で印は回らず。

ガリバルディはこのレース相性の良いディープインパクト産駒で前走のマイルチャンピオンシップでは見応えのある上り最速での7着も今回のトラックバイアスはプラス材料にならない印象。ルメール騎手が先行策を取ったとしても去年1年間の競馬を見る限り後方で脚を貯めないと最後伸びない馬。この点を考えても今回はどちらにしても厳しい条件設定で印を落としました。

印のまとめ

◎エアスピネル
◯ブラックスピネル
▲ミッキージョイ
☆マイネルハニー
△ダンツプリウス
△フィエロ

買い方推奨

馬単:◎~◯▲☆
馬連:◎~〇▲☆
馬連:◎~印
三連複:◎~〇▲☆~印

sponsored link

down

コメントする




りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

人気ブログランキング

sponsored link