りょう店長の競馬予想ブログ

【京都記念2018】予想オッズ1番人気のレイデオロを徹底分析!

time 2018/02/09

今回は京都記念2018|予想オッズ1番人気のレイデオロを徹底分析!についての記事です。

昨年の日本ダービーを制覇してジャパンカップで2着と圧倒的な実績を誇るレイデオロですが、

2018年の初戦は京都・芝2200mで行われるGⅡ戦の京都記念から始動します。

非常にハイレベルなメンバーで拮抗したオッズが予想されますが、

個人的には少し1本被りの様な形でレイデオロが1番人気に支持されると見ています。

ただ、今回は主戦のルメール騎手が乗れない点が最大の焦点になりそうですね…(^^;)

その辺りも含めながら〝レイデオロ〟を徹底分析して行きましょう!

sponsored link

【京都記念2018】予想考察

昨年の日本ダービーを制覇してジャパンカップでも並み居る古馬を相手に2着。

実績面で考えれば圧倒的に抜けている存在のレイデオロですが、

冒頭でも書いた通り今回はルメール騎手の騎乗停止を受けて「代打・バルジュー騎手」そして「休み明け」の状況。

果たして人気に応えて勝利を収める事が出来るのか…?

レイデオロの取捨に関するアンケートを作成したので宜しければご協力お願いします!(^_-)-☆

 

<レイデオロを徹底分析>

まずはレイデオロの成績をご覧ください…

これまで7戦して馬券圏内を外したのが皐月賞の5着のみで他は全て連対しています。

基本的にはサンデーサイレンスの血を持たないキンカメ産駒であり、

好走時の上り時計を見ても分かる通り究極の切れ味勝負より〝持久力が問われる少し上りの掛かる舞台〟を好むタイプ。

日本ダービーはルメール騎手の神騎乗もあり上り時計は33秒8で1着に来たが、

この上り3ハロンの時計は全体の7位であり相対的に考えれば遅い方に分類される。

その点を考えると2月の〝少し時計の掛かるタフな京都の芝〟はコノ馬にとっては向かい風。

土曜日は雨予報で馬場が悪化し過ぎると逆に不安になる気もするが、

キンカメ×母父シンボリクリスエスの血統背景から道悪の適性も問題はなさそう。

つまり「コース適性」「馬場」で大きく減点する事はないと見ています!(^_-)-☆

 

続いてローテーションの面で分析を行います。

今回は昨年のジャパンカップからの休み明けの臨戦過程。

コノ馬に関しては過去2度だけ休み明けでの出走がありますが、

皐月賞⇒5着・神戸新聞杯⇒1着と馬券圏内を外した皐月賞が含まれています。

ただ、これに関しては超高速馬場でマイラー的な要素が問われる1戦であり、

休み明けではなく単純に適性の差で負けたと考えてOK。

M的に考えても体力&量が豊富なL系で間隔を開けてストレス疲労が無い状態であればキッチリと自分の力を出せるタイプ。

逆に使い詰めるより間隔を空けた方がプラスに働く馬であり今回も特に割り引く必要はなさそうですね!(^-^)

 

最後に今回のレイデオロの取捨に関して最大の焦点になりそうな鞍上の「バルジュー騎手」について。

個人的に決して上手いイメージはないですが、

日本に短期免許を取得できる=実力のあるリーディング上位騎手であり実はそこまで下手ではないのかも…。

基本的には冬の小倉を中心に騎乗する機会が多く京都コースの騎乗経験は意外にも少なめ。

実際に過去に京都外回りコースで騎乗した成績は下記の通りです…

騎乗馬の質が悪い事が大きな要因として考えられますが、

勝利の経験はなくお世辞にも得意としているコースではなさそう。

ただ、今回でコンビを組むレイデオロは気性的に問題がある訳でもなく追い込み一辺倒の馬でもなく〝乗りやすい馬〟です。

恐らくレースは前々の3・4番手で進める競馬をすると見ていますが、

そうなれば騎手が云々の話ではなく馬の力で何とかなる話。

決してバルジュー騎手に乗り替わる点がプラスとは言い難いですが、

この騎手で少しでも人気が落ちる様なら逆に狙い目になる可能性も出て来そうですね!(^o^)/

 

今回のまとめ

本記事ではレイデオロについて徹底分析しましたが、

その他の馬に関しては下記の記事にアップしています。

【京都記念2018】予想考察|オッズと出走馬分析

予想の際はご参考にして頂けると幸いです!m(__)m

 

ブログランキングでは京都記念の本命候補の馬・オススメの穴馬を公開中!

気になる方はリンク先、りょう店長の競馬ブログの紹介文からご確認ください(^-^)

⇒【人気ブログランキング

 

<りょう店長の競馬新聞のご案内>

コチラではブログで書ききれない平場・特別レースの予想&馬券の買い目を配信中!

ご興味のある方は下記より購読登録をお願い致しますm(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

< 第111回 京都記念(G2) >

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年はドバイ遠征の前哨戦として重要な位置を持ち、一線級の参戦が多くなっていたが、昨年から大阪杯がGIに昇格したことにより、春の古馬中距離路線を占うレースとして一層重要度が増すことになった。

今年もダービー馬レイデオロ、皐月賞馬アルアイン、秋華賞馬ディアドラに、エリザベス女王杯を勝ったモズカッチャンと、ハイレベルな4歳世代のGI馬が多数参戦を予定している。

では、馬券もそういった実績上位馬から買えばいいかといえば、一概にそうとは言えないのが、このレースの落とし穴。現在1番人気は6連敗中、連対したのも2012年のダークシャドウまで遡らねばならぬほど不振傾向にあるのだ。

しかも、マカヒキ、ハープスター、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイと、そうそうたるレベルの馬たちですから人気を裏切ってしまっている。それは、実績上位馬にとってはあくまで“前哨戦”に過ぎないケースがほとんどということを意味している。

とはいえ、別定戦のG2である以上、条件上がりのポッと出の馬が通用するほど甘くはない。

つまり、買うべきは本気でココを勝ちに来ている実績馬。今年も「強い馬が揃うことはもちろん知っているけど、そこまで力差はないはず。向こうが叩き台なら全然勝負になると思っている。今後を考えたらとにかく賞金を加算しておきたいしね」と、虎視眈々と一発を狙う馬がいるとの情報も掴んでいる。

そこで、今週は京都記念の【3連単勝負馬券】を特別無料公開。当社シンクタンクがマークしている“人気の盲点”になる激走穴馬と共に、今年の京都記念は是非この情報を見てから馬券を買って頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

----------------

sponsored link

コメント

down

コメントする




スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約