りょう店長の競馬予想ブログ

【京成杯オータムハンデ2017】予想考察|過去の結果とレース傾向

time 2017/09/05

今回は中山競馬場(芝1600m)で行われる京成杯オータムハンデ2017予想考察|過去の結果とレース傾向についての記事です。

グランシルク・ダノンプラチナ・ダノンリバティ・ブラックスピネル・ボンセルヴィーソ・マルターズアポジー・ロードクエストなどが出走予定のGⅢ戦です。

基本的にはマイルチャンピオンシップに向けてのステップの意味合いがあるレースですが、

毎年の出走メンバーを見ても夏競馬の延長線上にある様な構図になります。

今年も出走メンバーの大半が関屋記念からの出走とその取捨選択がポイントになりそう。

今年の関屋記念は特殊馬場(極端なイン有利の前残り)で行われていただけに今回は結果がガラリと一変する可能性は高いですね。

土曜日の馬場次第ですが、

例年通りの馬場であれば割と買えるレースになる気がします!(^o^)/

 

では、少し余談ですが・・・

人気ブログランキング(中央競馬)でベスト10位に入ることが出来ました!\(^o^)/

嬉しくて思わずスクショしました。笑

本当に多くの方に見て頂き感謝の気持ちで一杯です。

 

この様に競馬ブログを始めてから約6~7年が経過していますが、

最初に始めたのは中2の時で「単純に予想が当たった時にチヤホヤされたい」この動機だけでスタートしました。

その当時から〝りょう店長〟と名乗っているので当時から交流のある方が今でも数名おられて本当に縁を感じます。

ブログを見て下さっている皆さん!改めて今後共々よろしくお願いします!

 

では、京成杯オータムハンデキャップの予想考察へ行きましょう!(^o^)/

sponsored link

【京成杯オータムハンデ2017】予想考察

<過去の結果とレース傾向>

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/位置取り

【2016】
1着:⑩ロードクエスト(10-6)
2着:③カフェブリリアント(7-8)
3着:⑤ダノンプラチナ(12-10)

【2015】
1着:⑫フラアンジェリコ(15-15)
2着:⑧エキストラエンド(4-4)
3着:⑬ヤングマンパワー(9-9)

【2014】
新潟競馬場での開催のため参考外。

【2013】
1着:⑦エクセレントカーヴ(5-4)
2着:⑧ダノンシャーク(8-7)
3着:ゴッドフリート(3-3)

【2012】
1着:③レオアクティブ(12-10)
2着:①スマイルジャック(9-6)
3着:⑪スピリタス(7-6)

 

赤の太字=レース上り1位
青の太字=レース上り2位
緑の太字=レース上り3位

近年はエアレーション作業の効果で開幕週からバンバンと外差しが決まる馬場状態。

上記の結果を見ても分かる通り早い上りを使える差し馬の活躍が目立ちます。

「開幕週=前残り」の一昔前のような考えで予想をするとヒドイ目に合う可能性があるので注意が必要です。

ですが、以下のことは頭に入れて置きたい事です。

 

それは・・・

馬場に関してはJRAの思惑によって変幻自在に変わります。

近年はエアレーションで差しが決まる馬場でしたが、

今年は一変して普通の開幕週らしい逃げ先行馬が止まらない高速馬場の可能性も少しは考えられます。

この点は土曜日の馬場を見てシッカリと判断したい所です。

 

それに加えて今回の京成杯オータムハンデキャップは冒頭でも少し触れたように・・・

前走・関屋記念組の取捨選択がポイントになりそうです。

今年の関屋記念は記憶に新しいですが、

マルターズアポジーが逃げ切り内目の枠を先行した2頭が2・3着しました。

この日の新潟の馬場を見ても明らかに内を通る前目の馬が有利な状況、

後方から外を回して追い込んでくる馬はレース前から無理筋な状況でした。

その点を踏まえても今回は例年通りなら関屋記念とは逆バイアスの外伸び馬場。

簡単に言えば「関屋記念で外から差し損ねた馬を狙う」がセオリーになります。

明らかに大外を通り差し損ねた感があるのはウキヨノカゼロードクエストなので来るか来ないかは別として注意はすべき2頭だと思いますね(^o^)/

 

今回のまとめ

今年の京成杯オータムハンデに関してはマルターズアポジーの存在で基本的にはハイペースで流れることが濃厚。

2番手に付ける騎手の動き次第では普通のハイペースになりそうだが、

2走前の七夕賞のように競り掛ける馬がいれば今回も超ハイペースで暴走してしまう危険性も・・・。

そうなれば、馬場の恩恵+展開でより差し競馬になる可能性が高いです。

やはり注目は外から差して来れる馬になりますね!(^o^)/

 

では、最後に現段階の注目馬をご紹介します。

人気ブログランキング
(その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中)

近走は勝ち切れないが安定したレース内容で脚質的にもレース傾向にマッチ。

少し使い詰めで来ている心配はあるが、

人気より少し負けている近走を見てもストレス疲労レベルでは特に問題はないはず。

極端に内枠だと乗り難しい所があるので真ん中~外目を引いてスムーズに立ち回れば今回も大崩はなさそう。

馬連&三連複の軸としては信頼できる馬だと見ています。

 

<りょう店長の競馬新聞のご案内>

コチラではブログで書ききれない特別レース予想&馬券の買い目を配信中!

ご興味のある方は下記より購読登録をお願い致しますm(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━
  第62回 京成杯AH(G3)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【一撃1000倍も狙えます!】
関係者・陣営の本音を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」

「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

関係者からコッソリと裏話を聞き、

新聞の印を抜く術を持つ凄腕トラックマン(=新聞記者)と提携している【暴露王】のもとには、

こうした驚きのメールがよく届きます。

しかし、

万馬券専門に特化している【暴露王】にとっては

「なんでこんなに人気がないのか分からない」

「こんなに人気がないから、激走馬としてオススメできる」

という気持ちなのです。

▼ ▼ ▼

なぜなら、

【暴露王】が提携しているトラックマンは

「取材バッジさえあれば給料なんかいらない」

「現場で馬券さえ買えれば食っていける」

と豪語するような強者ばかり。

バイト感覚でテレビ番組に出て、

人気順に素人丸出しのパドック解説をしているような輩や、

サラリーマン感覚で適当に新聞の印を散らしている輩とはわけが違います。

▼ ▼ ▼

作られた『虚構の人気馬』を把握し、

誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることを宿命とする凄腕トラックマンたちは、

マスコミなどの表には決して出ない(出せない)関係者の本音を入手することが至上命題。

そもそも、陣営の本音中の本音というのは、

なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、

凄腕トラックマンと提携し、

どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、

レース当日に買い目・根拠・結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

>>今週限定の買い目を入手!

sponsored link

down

コメントする




りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約