りょう店長の競馬予想ブログ

【ヴィクトリアマイル2018の予想】

time 2018/05/12

本記事ではヴィクトリアマイル2018の予想を公開します。

3年前には三連単で2000万馬券が飛び出した事は有名な話ですが、

基本的に近年のヴィクトリアマイルは波乱傾向が目立つ印象。

その理由として牝馬限定のGⅠが春は当レースしか存在せず、

マイルの距離がベストではない実績馬が人気を集めて飛んでいるケース。

今思えば大波乱が起きた2015年も明らかに高速馬場&マイル適性の無さそうなヌーボレコルト(単勝オッズ:2.2倍)が1番人気でしたよね…。(汗)

つまり、人気上位の馬は今回の舞台に適性があるのか?

この点が予想の上では大きなポイントになりそうですね!(^o^)/

今回で上位人気に支持されているリスグラシュー・アエロリット・アドマイヤリード・ミスパンテールの適性は果たして…。

 

ちなみに今年のヴィクトリアマイルは印を極端に絞った3頭で勝負する予定。

厳密に言えば、「買いたい馬が3頭しか見つからなかった…」ですが、

組み合わせ次第では高配当も狙える1戦。バシッと当て快勝と行きたい所です!m(__)m

sponsored link

【ヴィクトリアマイル2018】予想

本題である予想の前に…

過去の傾向・データ分析・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

【ヴィクトリアマイル2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【ヴィクトリアマイル2018】予想考察|オッズと出走馬分析~前編~

【ヴィクトリアマイル2018】予想考察|ローテーション分析と出走馬分析~後編~

 

予想と見解

本命は◎デアレガーロにします。

マンハッタンカフェ産駒の割にはシッカリとした精神力のあるタイプであり、

これまでのレースを見る限り1戦1戦でフルパワーを出し切る馬であり間隔を開けて使う形がベター。

その点を考えると今回は前走の京都牝馬ステークスから軽く間隔を明けての出走はベストの臨戦過程。

とは言え、さすがに重賞を未勝利の身でGⅠ挑戦となると敷居が高い気もするが、

2走前の市川ステークスでは後にダービー卿CTを制覇するヒーズインラブを外から楽々差し切る完勝。

高速馬場で前に付けた馬が圧倒的に有利な状況だった事を考えると正に異次元の競馬。牝馬限定のGⅠレベルなら十分に通用する力を証明したと言える内容。

 

ただ、それでも前回の京都牝馬ステークスの2着で底を見せたと思われそうだが、

輸送&調整が上手く行かない状況+超スローペースで折り合いに苦労するチグハグな競馬。

それに加えて道悪の力を要する馬場でコノ馬の良さを削がれたイメージ。

逆に万全では無い状況でミスパンテールと0秒1差のレースが出来る事に目を向ければ、

やはり高いポテンシャルを秘めている馬。今回のメンバーなら能力面で大きく劣る事はないはず。

そして、土曜日の馬場を見る限り明らかな高速状態だが、

市川ステークスで見せた驚異のパフォーマンスを見る限り歓迎材料。逆に他の馬が苦戦する事を考えればシメシメと言った所。

後はレースで折り合い最後に余力を残せるか…。

この1点に尽きるが、この人気なら噛み合って突き抜ける方に賭けてみたい。大舞台に強い池添騎手の決め打ち騎乗にも期待したい。

 

対抗は人気ブログランキングにします。

高速馬場・東京マイル戦の舞台を考えればコノ馬も侮れない。

鞍上のお陰で想定以上に人気を落としているが、この手のタイプには意外とフィットするイメージ。

好位から抜け出す競馬が出来れば大崩はないはず。

 

3番手は▲リスグラシューにします。

前哨戦で凡走⇒本番で巻き返しのパターンを得意とするC主導の馬であり、

実際に昨年の桜花賞・秋華賞はその形で無難に好走。

今回も少頭数の緩い阪神牝馬ステークスを軽く負けての本番と走れるタイミングだが、

痛恨の外枠&高速馬場はお世辞にも向くとは思えず…。

ただ、臨戦過程は完璧でその2点を跳ね返す可能性も十分にある。

勝つ確率は低いと見ているが、3着以内で考えれば買える1頭。

 

消:ミスパンテールは前走の阪神牝馬ステークスは前半の3ハロンが37秒2とバカげた様なスローペースで逃げる競馬。

本来は激走続きで好走が不可能なタイミングと見ていたが、逃げの位置取りショックで見事にストレス疲労を相殺して勝利。

ただ、前回であの様に楽すぎるレースを経験したことで今回はどの位置からどう乗っても楽⇒苦の局面。

そして、重賞を3連勝している割には着差も全て僅かでS系の連チャンとも言い難い状況…。

さすがに今回は狙い辛いタイミング。個人的には大敗まであると考えて自信満々で消します。

 

印のまとめ

◎デアレガーロ
人気ブログランキング
▲リスグラシュー

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<<第13回 ヴィクトリアM(G1)>>

自信のペナルティ付き!もし、この
ヴィクトリアMを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の成績を見るとリピーターの好走が目立つ。ストレイトガールは14年が3着も15.16年を連覇、ヴィルシーナも13.14年を連覇、ホエールキャプチャは12年優勝・12年2着、ブエナビスタは10年優勝・11年2着、ウオッカは08年2着・09年優勝と5頭が2年連続で連対している。

過去10年、ステップレースの主流は62頭が出走した阪神牝馬Sと39頭が出走した福島牝馬S。優勝馬4頭を送り出しているのが阪神牝馬S組み。また、福島牝馬S組みでは優勝馬が出ていない。海外組みでは優勝2回2着2回だが、連対馬はウオッカ、ブエナビスタの2頭で海外でも活躍した名牝。

過去10年の年齢別の成績では6勝2着7回と圧倒的な強さを見せているのが4歳馬だ。4歳優勝馬は昨年のアドマイヤリードを筆頭にヴィルシーナ、ホメールキャプチャ、アパパネ、ブエナビスタ、エイジアンウインズ。若さを武器に古馬になってからも力を発揮している。また、7歳以上で馬券に絡んだのは16年の優勝馬ストレイトガールの1頭のみとなっており。

今年は、昨年の覇者アドマイヤリード、4連勝で重賞3連勝中のミスパンテール、昨年のクラシックでは桜花賞・秋華賞を2着して実績のあるリスグラシュー、昨年のNHKマイルCの覇者アエロリット、15年の桜花賞馬レッツゴードンキなどが出走予定。ここ4年の優勝馬の人気は6人気→7人気→5人気→11人気と波乱。1人気が予想されるミスパンテールは信頼していいのか?連覇を狙うアドマイヤリードの状態は?

競馬セブン情報班が入手した関係者情報では今年も波乱必至!人気の盲点となる激走穴馬が波乱の立役者となる。週末情報はお見逃しの無いようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ヴィクトリアM・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約