りょう店長の競馬予想ブログ

【ニュージーランドトロフィー2018の予想】+本日のイチオシ!うま

time 2018/04/07

本記事ではニュージーランドトロフィー2018の予想+本日のイチオシ!うまを公開します。

昨年のニュージーランドトロフィーは単勝オッズで50倍を超えるジョーストリクトリが勝利して三連単は49万馬券。

過去を振り返れば、2年前は2番人気⇒14番人気⇒12番人気の決着で100万馬券と近年は大波乱の決着が目立つ1戦。

基本的にはNHKマイルカップの前哨戦としての位置付けである1戦ながら、

コース形態を考えれば全く直結性のないトライアルレースであり低レベルなメンバーになりがちな印象。

つまり、出走馬の全体で力の差が少なく展開・馬場で簡単に結果が変わるレースになるはず。

今年も一長一短で大混戦のメンバー構成で荒れる可能性は十分にありそうですね!(^^)v

 

<本日のイチオシ!うま>

本題の前に〝本日のイチオシ!うま〟のご紹介!

今回は野崎島特別(中山9R)からコノ馬をチョイスします!(^_-)-☆


本命以下の印&予想見解はりょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)にて配信致します。

ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

⇒ りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

sponsored link

【ニュージーランドT2018】予想

大混戦のメンバー構成で展開がカギを握りそうな1戦。

今回も最内枠のコスモイグナーツが単騎で逃げる展開が濃厚だが、

近3走で暴走ペースを演出している点を含めて無駄に絡みに行く馬はいないだろう。

つまり、実質は2番手に付けるであろうカツジ・カシアスがレース展開のカギを握るひとつにポイントになりそう。

昨年は最後の4角で5番手以内に居た馬が1・2・3着を独占しましたが、今年は果たして…。

 

本命は◎アイスフィヨルドにします。

地味な血統・厩舎・騎手で実力以上に評価されない傾向にある馬だが、

近2走で対戦した相手を考えると決して弱い馬ではなさそう。

デビューから9戦を消化してキャリアの点で他の馬よりアドバンテージがあり、

血統背景の割には高速馬場の適応力&瞬発力があり時計の出る馬場とスローペースでも心配無用。

スムーズに先行する形が取れれば簡単のはバテないはず。

 

対抗は人気ブログランキングにします。

前走は不甲斐ない競馬で5着に敗れているが、

母は短距離馬で兄弟のミッキーグローリーを見ても分かる様に京都芝1800mの舞台は距離が長すぎた。

実際にデビューから2戦連続で1600mの距離での好走実績があり、

今回で1番人気に支持されているケイアイノーティックにも完勝している。

ディープインパクト産駒にしてはC要素を秘めている馬であり、

内枠+距離短縮・多頭数替わりも歓迎材料で巻き返しを期待したい。

 

3番手は▲カシアスにします。

昨年の函館スプリントステークスの勝ち馬であり、

完成度で考えればメンバーの中でも最上位の存在。

ポテンシャルの面でも現状は上位レベルで展開・相手次第では重賞でも馬券圏内には来れる力の持ち主。

今回も前回のように自分のペースに持ち込み逃げればチャンスはあるはず。

 

今回はの印は付けず上記の先行馬3頭を上位評価とします。

近年の荒れるレース傾向から相手は手広く△デルタバローズ・△エントシャイデン・△ラムセスバローズ・△ファストアプローチ・△リョーノテソーロ・△ケイアイノーティック・△アンブロジオを押さえます。

 

【ニュージーランドT2018】印のまとめ

◎アイスフィヨルド
人気ブログランキング
▲カシアス
△デルタバローズ
△エントシャイデン
△ラムセスバローズ
△ファストアプローチ
△リョーノテソーロ
△ケイアイノーティック
△アンブロジオ

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <<第78回 桜花賞(G1)>>

自信のペナルティ付き!もし、この
桜花賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牝馬クラシック第一弾となる桜花賞。過去10年、1人気で優勝したのは14年ハープスター(桜花賞①着・オークス②着)、10年アパパネ(クラシック3冠馬)、09年ブエナビスタ(桜花賞①着・オークス①着 クラシック2冠馬)の3頭のみ。

上位人気別の成績では、1人気【3.1.1.5】、2人気【2.4.0.4】、3人気【1.2.1.6】と比較的上位人気馬が連対しているが、13年プリンセスジャック(14人気②着)、10年エーシンリターンズ(11人気③着)、08年レジネッタ(12人気①着)、エフティマイヤ(15人気②着)などの伏兵馬が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

過去10年のステップレース別では、チューリップ賞【7.4.6.27】、フィリーズR【2.0.2.52】、エルフィンS【1.1.0.2】、クイーンC【0.3.1.13】、阪神JF【0.1.0.2】、フラワーC【0.1.1.10】と、チューリップ賞組の成績が目立つ。東西馬の成績では、関西馬【8.8.6.90】、関東馬【2.2.4.57】と圧倒的に関西が馬有利。関東馬で買ったのはアユサン、アパパネの2頭のみとなり関東馬は苦戦している。

今年は2歳女王で前哨戦のチューリップ賞を制し4戦無敗で桜花賞に挑むラッキーライラックが人気を集めるが無敗でクラシック制覇なるか注目。

しかし、競馬セブンでは、公にはならない、とある陣営からの勝負ネタを極秘入手!

「ラッキーライラックにも負けない」と強気な陣営から、驚きの勝負話を独占入手!牝馬クラシック第一弾となる桜花賞は高配当が狙える確信情報を公開するのでお見逃しの無いようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『桜花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約