りょう店長の競馬予想ブログ

【チャンピオンズカップ2017】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2017/11/28

今回は中京競馬場(ダート1800m)で行われるチャンピオンズカップ2017予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

チャンピオンズカップは中京に舞台を移してからは今年で4回目とレースの傾向もハッキリしてくる頃。

メンバー的には昨年の出走馬にテイエムジンソクを加えた様なイメージの大混戦ですが、

過去の傾向から台頭する馬はいるのか?

12月に入り今年の競馬もいよいよラストスパートの時期なので先週の勢いのまま快進撃を続けて行きたいですね(^o^)/

 

では、本題の前に余談から…

8月の札幌開催を終えてから愛馬の出走が止まっていたりょう店長厩舎ですが、

12月は出走馬ラッシュになりそうです!

現段階で決まっている所でも…

12/5(日):ローズパラディン(新馬戦・中山D1800m・勝浦騎手)

12/10(日):シークエル(新馬戦・中山D1800m・大野騎手)

12/16(土):デステニーソング(中京日経賞・芝1200m・鮫島駿騎手?)

とりあえず確定しているのはコノ3頭です。

 

後はデスティニーレイオンファサイトも年内のデビュー予定なので5頭が12月中に走る事になりそうですヽ(^o^)丿

今年のノルマンディー(現2歳馬)は育成失敗と危ぶまれていますが、

デビューした馬がまだ1頭も掲示板に乗っていない事はリアルに深刻です…。

調教過程を見ても今週のローズパラディンは初戦から動くのは厳しいと思いますが、

2週目にデビューを控えているシークエルはダイワキャグニーと合わせて併入するなど割と動けています。

何とか人生初の新馬戦勝利を体験させてほしい所です!

ぜひ、グリーンチャンネル等でりょう店長厩舎の馬をお見かけの際は応援して下さると幸いです^^

 

sponsored link

【チャンピオンズカップ2017】予想考察

過去の傾向とデータ分析>

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2016】
1着:⑧サウンドトゥルー(JBCクラシック・3着)
2着:②アウォーディー(日本テレビ盃・1着)
3着:④アスカノロマン(みやこS・14着)

【2015】
1着:④サンビスタ(JBCレディス・2着)
2着:①ノンコノユメ(武蔵野S・1着)
3着:②サウンドトゥルー(JBCクラシック・2着)

【2014】
1着:⑧ホッコータルマエ(JBCクラシック・4着)
2着:④ナムラビクター(みやこS・3着)
3着:⑫ローマンレジェンド(エルムS・1着)

 

施行条件を2014年以降は大幅に変えて中京ダート1800mでチャンピオンズカップの名称で行われる当レース。

個人的には前のジャパンカップダートの方が響きも良くてカッコ良いと思っているのですが…(^^;)

それでも冒頭で書いた通り今年で第4回目と徐々に浸透しつつありますね。

この3年のチャンピオンズカップは全て馬券を外しているので

そろそろ今年辺りに一発当てたい所ですね(^o^)/

 

では、まず近年の枠別データは「内枠の馬が有利な状況」

16年:⑧⇒②⇒④
15年:④⇒①⇒②
14年:⑧⇒④⇒⑫

馬番が示す通り内目の枠に入った馬が上位に台頭しており実際にレースを見てもインコースをロスなく立ち回ってきている印象。

ダート戦と言えば外からキックバックを受けずに外々を回ってきた馬が良いイメージですが、

中京ダート1800mは終始外々を回り押し切れるほど甘いコースではなく

どこかで内に入れて脚を溜めるタイミングが欲しい所。

 

後は「基本的にはリピーターレース」です。

千鳥のノブ風に言うと「クセが凄いコース形態」なので得意不得意が出そうな施行条件。

過去3年でサンビスタ(4着⇒1着)とサウンドトゥルー(3着⇒1着)と前年で健闘した馬が翌年でも活躍。

今年も昨年で馬券に絡んだサウンドトゥルー・アウォーディー・アスカノロマンには要注意ですねヽ(^o^)丿

 

今回のまとめ

まだ3回しか行われていないレースながら割と波乱が起きている印象。

昨年も6番人気のサウンドトゥルーが勝利して10番人気のアスカノロマンが3着。

一昨年は12番人気のサンビスタが見事に突き抜けて1着と波乱含みのGⅠと考えても良さそう。

上記でも書いた通り「クセが凄いコース」なので人気薄から

中京ダート1800mの適性が高い馬を見つけられるかがポイントになりそうですねヽ(^o^)丿

 

では、最後に穴で注目している馬をご紹介します。

人気ブログランキング
(その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中)

元々高いポテンシャルを秘めていながら近走は少し不甲斐ない競馬続き。

それでも休み明けの前走は復調気配を見せる内容と少し光が見えて来た。

叩き良化型の血統でもあり叩き2戦目の成績は(2-0-0-0)とパーフェクト。

コースの適性面でも今年は同舞台で行われた重賞を制覇するなど問題はなし。

7番人気~10番人気になりそうですが一発のチャンスは十分にありそう。

 

<りょう店長の競馬新聞のご案内>

コチラではブログで書ききれない平場・特別レースの単複予想&馬券の買い目を配信中!

ご興味のある方は下記より購読登録をお願い致しますm(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

第18回 チャンピオンズC(G1)

<<先着100名様限定!>>
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

コパノリッキーにアウォーディー、サウンドトゥルーなどダート界の実力馬だけでなく、ロンドンタウン、テイエムジンソクなど勢いのある新興勢力が参戦し、国内ダート界の強豪がズラリと名を連ねる見応え十分な一戦。そうなると、世間の評価は“混戦ムード”で、馬券的な面白さも十分にある。

中京のダート1800mは基本的に逃げ、先行馬有利なコースではあるが、GI競走故に、このレースは各馬が有利なポジションを奪い合った結果、激流になることが多く、例年、差し・追い込み勢が台頭している。一昨年は12番人気サンビスタが勝利し、昨年も6番人気サウンドトゥルーが1着、10番人気アスカノロマンが3着と、伏兵の台頭も少なくない。

実は、当社シンクタンクの情報ルートが、あらゆる競馬関係者から情報を収集した結果、人気の盲点となることが必至な、ある“激走穴馬”の存在に辿り着いた。一部関係者の間では「この馬が勝ったら、楽に10万馬券にはなる」という声もあるほどだ。そこで、初めてシンクタンクの情報を入手される方に限り、チャンピオンズカップの“激走穴馬”を含めた【3連単勝負馬券】の情報を特別無料公開する。馬券を買うつもりのある方は、是非ともこの馬の存在は知っておいた方がいいだろう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約