りょう店長の競馬予想ブログ

【ダービー卿CT2017】予想考察

time 2017/03/30

今回は中山競馬場(芝1600m)で行われるダービー卿チャレンジトロフィー2017の予想考察を行います。

グレーターロンドン・キャンベルジュニア・グランシルク・マイネルアウラート・ロイカバード・ガリバルディなどが出走予定のGⅢ戦です。

 

sponsored link

【ダービー卿CT】予想考察

登録馬一覧

ガリバルディ 57.0
キャンベルジュニア 55.0
クラリティシチー 55.0
クラレント 57.5
グランシルク 55.0
グレーターロンドン 56.5
コスモソーンパーク 54.0
サンライズメジャー 56.5
シェルビー 54.0
シベリアンスパーブ 54.0
ショウナンアデラ 53.0
ショウナンバッハ 54.0
ダイワリベラル 56.0
ダンツプリウス 56.0
マイネルアウラート 57.0
マルターズアポジー 57.5
ロイカバード 55.0
ロジチャリス 56.0

過去5年の傾向


パッと勝ち馬を見ても中山重賞が合いそうな馬の好走がズラリ。近年ではロゴタイプ・マジックタイム・モーリス・サトノアラジンなどが安田記念へのステップレースとして参戦するケースが多く見られる。

今年はグレーターロンドンが参戦でココを通過点に安田記念に向かいそうな雰囲気が漂っていましたが・・・、まさかの回避。これで一気に大混戦ムードになり小波乱~波乱の決着も十分に考えられそうなメンバー構成。

出走馬分析

ガリバルディ

前走の大阪城ステークスは京都記念を先行後の短縮で差しに回る位置取りショックが見事にハマり完勝。これまで京都・阪神・中京での実績をみても広いコースで差し脚を活かす競馬がベストだけに今回の中山1600mへの条件替わりで積極的は買いにくい。

 

キャンベルジュニア

去年は昇級初戦でオープン勝ちの実績もない身ながら明らかな過剰人気の1番人気で8着と人気を裏切る形に終わったが相手関係を考えればまずまずの内容。

今年も前走で準オープン勝ちからのココへの参戦と似たような臨戦過程だが、オーストラリアの南半球の馬で昨年よりは成長が見込める5歳春で去年以上のパフォーマンスが期待できる。本命とは言い難いが上位の評価はする予定。

 

グランシルク

重賞・オープンレースを含め常に上位人気に支持される過剰人気になりやすい馬で基本的には期待値は最初から低い印象。近走のレース内容を見ても1600mより1400mの方が高いパフォーマンスを示している点を見てもココは楽な競馬にはならないか。

 

マイネルアウラート

昨年の富士ステークスや今年のリゲルステークス~ニューイヤーステークスを含め高いポテンシャルはあるが、毎回人気にならないタイプで馬券的には非常に美味しい馬。

前走の東京新聞杯はドスローの決め手比べになり全く力を出せずに4着とノーカウントでOK。週末の雨予報で時計が掛かりそうな点も好都合。極端すぎる枠を引かない限りは馬券圏内は期待できる1頭。


以上、ダービー卿チャレンジトロフィー2017出走馬分析でした(^^♪

 

【無料メルマガ】のご案内

ブログでは書ききれない平場予想・WIN5予想などを無料メルマガで配信中!

りょう店長の競馬新聞=りょう店長が発行する競馬新聞を読むイメージで微力でも予想の際に利用して頂ければ幸いです。

下記のフォームから手軽にお申込み可能です!(^^)!

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

sponsored link

down

コメントする




りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約