りょう店長の競馬予想ブログ

【オールカマー2017 予想】本命:ルージュバック

time 2017/09/24

今回は中山競馬場(芝2200m)で行われるオールカマー2017の予想を公開します。

アルバート・ブラックバゴ・ルージュバック・ステファノス・タンタアレグリア・モンドインテロなどが出走するGⅢ戦です。

近年はココをステップに秋の大舞台(天皇賞・秋&エリザベス女王杯)に繋がる1戦として注目度が増してきている印象。

今年のメンバーを見ると近2年よりは弱化の落ちるメンバーの質ですが、

その影響もありオッズが示す通り混戦模様!

過去のデータ的には「前走GⅠ」に出走していた馬の好相性。

今年もそのデータ通りの決着になるのか?

それとも夏に使われて来た馬が上位に来るのか?

いずれにしても秋のGⅠシリーズに向けて注目の1戦ですね(^o^)/

sponsored link

【オールカマー2017】予想

<予想と見解>

本命は今回が狙い時の◎ルージュバックにします。

今年の春2戦の大敗で今回は人気が落ちているが、

前走のヴィクトリアマイルは適性距離より短いマイルでの惨敗。

2走前の金鯱賞は休み明けのダウン戦と走れるタイミングも内枠で直線で何度もブレーキを掛けるシーンがあり伸びきれずと近2走は酌量の余地がある内容。

今回も臨戦過程で見ると休み明けのダウン戦でゆったり走れる距離延長とL系の同馬にはベストのタイミング。

それだけに少し内過ぎる枠は痛恨だが、

考えて戦略を持ち騎乗するタイプの北村宏騎手なら揉まれない外目の位置で先行してくれるはず。

今回はどう見てもスローペースが濃厚でありコノ馬には絶好の展開になりそう。

揉まれてスムーズに競馬が出来ないリスクもあるがこの人気なら十分に狙う価値はある。

 

対抗は人気ブログランキングにします。

元々は3歳時からハイレベルなクラシック路線で活躍していた馬ながら秋以降はノド鳴りの影響で本来の力を発揮することなく成績が低迷。

それでもノドの手術明けで今年の初戦を完勝するとその後は徐々に過去の輝きを取り戻しつつある印象。

前走も本来の勝ちパターンではない大外一気の差し切り勝ちを決めたが、

内々の馬群で集中力を活かす競馬が理想だけに前回はポテンシャルだけで勝ったと考えても良さそう。

今回はメンバー的に決して楽ではないが、

他の馬が叩き台の1戦である今回なら出番があっても驚けない。

 

3番手は▲タンタアレグリアにします。

近走はコンスタントにレースが使えず常に臨戦過程に対する不安はあるが、

個人的にはこの中でのポテンシャルは抜けていると見ている馬。

自分の力さえ出し切ればこの中では上位の存在であり休み明けから即通用するはず。

 

4番手は☆モンドインテロにします。

近走の目黒記念やアルゼンチン共和杯の内容からも直線の長い東京コースでは切れ負けする印象。

ディープインパクト×母父ブライアンズタイムのパワー寄りのディープ産駒でありこの中山芝2200mは恐らくベスト条件。

外目の枠から早めに動けそうな外枠で夏に使われている強みもプラス材料、

得意としていない相手アップ臨戦にはなるが今回のメンバーならチャンスはある。

 

相手は△アルバート・△ショウナンバッハ・△ステファノス・△マイネルサージュ・△デニムアンドルビー・△カフジプリンスを抑えます。

 

<印のまとめ>
◎ルージュバック
人気ブログランキング
▲タンタアレグリア
☆モンドインテロ
△アルバート
△ショウナンバッハ
△ステファノス
△マイネルサージュ
△デニムアンドルビー
△カフジプリンス

 

<買い方推奨・勝負度>

馬券の買い目&勝負度に関してはりょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)で公開しています。

その他ではブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第63回 オールカマー(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
オールカマーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

中山競馬場で行われる芝2200M戦。GI実績馬が秋緒戦として出走することも多く毎年好メンバーが揃う。また、同レース優勝馬には天皇賞(秋)への優先出走権が与えられるため、賞金面で天皇賞(秋)への出走が微妙な馬は、優先出走権はノドから手が出るほど欲しい出走権利だろう。

ここ10年、人気馬の成績では1人気[4.3.1.2]、2人気[2.1.2.5]、3人気[2.1.0.7]となっており、1人気の成績は安定している。また、マツリダゴッホが同レースを3連覇したように中山巧者の好走が目立つのも特徴。

そのマツリダゴッホの中山での成績は[8.1.1.3]と、全10勝の内8勝を中山コースで挙げておりGI有馬記念も勝利している得意の舞台であった。昨年の優勝馬ゴールドアクターもオールカマーを勝つまでの中山コースでは[3.1.0.1]の成績で日経賞・有馬記念の勝ち鞍がある。

過去10年の勝ち馬―――――騎手(人気)――――前走(着順)

16年 ゴールドアクター  吉田隼人(1人気) 天皇賞・春(12着)
15年 ショウナンパンドラ 池添謙一(3人気) 宝塚記念(3着)
14年 マイネルラクリマ  戸崎圭太(2人気) 七夕賞(3着)
13年 ヴェルデグリーン  田辺裕信(9人気) 新潟大賞典(10着)
12年 ナカヤマナイト   柴田善臣(2人気) 宝塚記念(8着)
11年 アーネストリー   佐藤哲三(1人気) 宝塚記念(1着)
10年 シンゲン      藤田伸二(5人気) 天皇賞・秋(5着)
09年 マツリダゴッホ   横山典弘(3人気) 札幌記念(9着)
08年 マツリダゴッホ   蛯名正義(1人気) 札幌記念(2着)
07年 マツリダゴッホ   蛯名正義(1人気) 札幌記念(7着)

競馬セブンでは昨年のオールカマーも◎ゴールドアクターから馬連840円、3連複2710、3連単8070円のパーフェクト的中!

今年は、昨年の覇者ゴールドアクターが回避したが、天皇賞・秋、大阪杯で2着の実績があるステファノス、重賞3勝のアルバート、重賞2勝のルージュバック、同レース昨年3着のツクバアズマオーなどが参戦予定。今年も確信の本命馬情報から人気にはならない穴馬の激走情報を極秘入手済。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オールカマー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約