りょう店長の競馬予想ブログ

【オークス2018 予想】本命:ラッキーライラック

time 2018/05/20

本記事ではオークス2018の予想を公開します。

東京競馬場・芝2400mで行われる牝馬クラシック第2弾のオークス。

今年の注目は何と言っても桜花賞で圧巻のパフォーマンス披露したアーモンドアイ

個人的にはラッキーライラックとの2強ムードを予想していましたが、

フタを開ければ前者が1倍代でひとつ抜けた人気に支持されていますね。(汗)

世間的な評価はアーモンドアイで仕方がない…

ですが、個人的には負ける可能性も十分にあると見ている1戦。

最近はイマイチ波に乗り切れない結果が続いていますが、

得意のクラシック予想で巻き返しと行きたい所です!m(__)m

 

では、本題の前にひと口馬ネタから…

本日は新潟1R(3歳未勝利・芝1200m)にデスティニーレイ&京都6R(3歳500万下・芝1600m)にオンファサイトが出走します。

デスティニーレイに関してはテンション高く最終追い切りが14-14程度である事だけが気掛かりですが、

1週間前の調教の動きからようやくパンとして来た印象。

本来は芝向きの馬である事を含めても5着以内には来れるのではないか?と見ています!(^o^)/

オンファサイトは馬体が細く満足な調教が出来ず…。

それでもガッツある走りで毎回自分の力は出してくれるタイプ。

人気以上の着順には来てくれると思います!(苦笑)

と言う訳で今週は火曜日のジャスパーゲランが1着、昨日のデスティニーソングが2着と出資馬達の波は絶好調。

今日は伏兵の立場で挑む2頭ですが、人気以上の頑張りを見せて欲しいですね!(^o^)/

sponsored link

【オークス2018】予想

本題であるの予想の前に…

過去の傾向・データ分析・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

【オークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【オークス2018】予想考察|オッズと出走馬分析

【オークス2018】予想考オッズ2番人気のアーモンドアイを徹底分析!

 

予想と見解

本命は◎ラッキーライラックにします。

桜花賞を2着からのローテーションは同組の中では最も相性が良く(1-2-2-3/8)と複勝率が60%を超える成績。

そして、同馬に関しては1番人気で2着とストレス疲労の面でも全く不安がなく臨戦過程からは死角が一切見つからない。

前回の桜花賞でアーモンドアイに完敗した内容から逆転は不可能という世間の評価だが、

臨戦過程だけで見ればコチラに優位性があり逆転できる勝算は十分に立つ。

後は鞍上の石橋脩騎手がビビらず先行して馬場の良いインコースを確保できれば大崩は無いはず。

これまでデビューからコンビを組んで来た鞍上の手腕にも期待する。

 

対抗は人気ブログランキングにします。

半信半疑だった前走はフタを開ければノーステッキで直線だけで16頭を抜き去る完勝。

2走前で見せたシンザン記念の内容がフロックではない事を証明した。

ちなみに過去10年で桜花賞1着馬のオークス成績は(3-1-0-4/)と複勝率は50%だが、

桜花賞を2番人気以内で1着した馬に限定すると(3-1-0-1/5)で複勝率は80%。

つまり、上位人気で桜花賞を勝利した馬はオークスでも買いと言う事。

前回に引き続き外枠からスムーズな競馬が出来れば大崩は考え辛い。

 

3番手は▲サトノワルキューレにします。

モズカッチャン・チェッキーノを含め近年のトレンドであるフローラステークス1着馬。

過去10年で同レース1着馬は(1-2-1-5/9)と複勝率は40%を超える成績だが、

1番人気で1着した馬に限定すれば3頭中2頭が勝利している好相性。

その前回のフローラステークスは内枠で厳しレースになると見ていたが、

結果的に出遅れが功を奏して揉まれずスムーズな競馬が出来た事が大きな勝因。

メンバーがレベルが低いとは言え、パフォーマンスとしては上々で決して弱い馬ではないはず。

実際に2・3走前のゆきやなぎ賞&梅花賞では牡馬の骨っぽい相手と互角に勝負してきた実績があり、

2400mの距離を経験しているアドバンテージも大きい。今回も警戒したい1頭。

 

△リリーノーブルは勝ち切れない善戦マンのイメージだが、

内枠・混戦向きのタイプで今回の条件は悪くない。

オークスで好相性を誇る桜花賞の好走馬だけに抑えます。

 

△マウレアは前走の桜花賞は使い詰めのローテーション+外枠と厳しい状況で5着。決して悲観する内容ではない。

軽く凡走をしてノーストレスの状態なら内も割れる局面。絶好枠を引いた今回は不気味な存在。

 

△カンタービレ&△オールフォーラヴは桜花賞・フローラステークスを経由しない異端臨戦。

共にその様なローテーションを得意とするディープインパクト産駒だけに警戒は必要。

 

印のまとめ

◎ラッキーライラック
人気ブログランキング
▲サトノワルキューレ
△リリーノーブル
△マウレア
△カンタービレ
△オールフォーラヴ

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <第79回 オークス(G1)>

自信のペナルティ付き!もし、この
オークスを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、桜花賞馬がオークスを制したのはジェンティルドンナ、アパパネ、ブエナビスタの3頭。ジェンティルドンナ・アパパネの2頭は秋華賞も制し3冠馬になっている。今年の桜花賞馬アーモンドアイはアパパネを育てた国枝厩舎だが、先輩に続き3冠馬になれるのか?

過去10年、人気別の成績では、1人気[4.2.1.3]、2人気[1.3.2.4]、3人気[2.0.1.7]と上位人気馬が安定した成績を残しているが、13年メイショウマンボ(9人気1着)、11年エリンコート(7人気1着)などの伏兵が優勝し波乱となっている。平均配当では、馬連8790円、3連複1万5270円、3連単12万7570円。3連単では10万馬券以上が3度、最高配当では11年の54万馬券が出ている。

今年は桜花賞の連対馬アーモンドアイ、ラッキーライラックが人気を集めるだろうが、別路線組みではフローラS優勝馬サトノワルキューレがM.デムーロとのコンビで2強に挑む。その他ではフラワーC優勝馬カンタービレ、忘れな草賞優勝馬オールフォーラヴなどが虎視眈々と1冠獲りを狙っている。

競馬セブンでは桜花賞も◎アーモンドアイから的中。オークスも4年連続的中のドル箱GI。今年のオークスも裏づけが取れた確信情報を公開。お見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オークス・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約